飼料稲の選別作業

集落センターの屋根瓦は結構落ちてしまいました。
集落センターの屋根瓦は結構落ちてしまいました。
道路と敷地は地割れで縁が切れちゃってます。
道路と敷地は地割れで縁が切れちゃってます。

まだ地震の跡も残っている集落センターで、飼料稲の選別作業が行われました。あの、蕎麦の選別も行った78歳の唐箕(とうみ)がここでも普通に働いています。食用のほうの米は種籾を買うのだそうですが、飼料稲のほうはタネを取って再生産しているのだそうです。

選別のあとは温湯消毒(60℃の温湯に10分間浸漬することで、種子伝染する病気を防ぐ)という行程に回されます。

トラックに乗せた種籾を唐箕(とうみ)に入れるもの。唐箕(とうみ)を回すもの。量って袋詰めするもの。こんな感じで分担して作業をします。
トラックに乗せた種籾を唐箕(とうみ)に入れるもの。唐箕(とうみ)を回すもの。量って袋詰めするもの。こんな感じで分担して作業をします。

足と手を器用に使って唐箕(とうみ)の操作

最近買ったi-padで見られないのは寂しいので、YOUTUBEの映像を貼り直しました。

↑ 動画(52秒)画面クリックでも再生します。i-phoneでは見られません。ごめんなさい!

動画が見られない方はこちら。両手両足をうまく使っています。
動画が見られない方はこちら。両手両足をうまく使っています。

ネズミも帰ってきてました

地震のあと、戻ってきた「きょどめ」?
地震のあと、戻ってきた「きょどめ」?

おじさん達がかわいいネズミを追いかけます

最近買ったi-padで見られないのは寂しいので、YOUTUBEの映像を貼り直しました。

↑ 動画(22秒)画面クリックでも再生します。i-phoneでは見られません。ごめんなさい!

地震でどこかへ逃げていたネズミ(ビデオの中では「キョドメ」と呼ばれています)も帰ってきました。季節は待ってくれないので、普段通りやることはやって行かなくてはなりません。

選別して、袋に詰めて、余ってしまった分は、飼料稲なので誰も食べないし、外にあけてしまいました。今頃キョドメが喜んで食べているかもしれません。
選別して、袋に詰めて、余ってしまった分は、飼料稲なので誰も食べないし、外にあけてしまいました。今頃キョドメが喜んで食べているかもしれません。

農地水の書類提出が終わったぁ

あちこちまだ通行止めがあったり、地割れ、液状化、電柱が低くなっていたり・・・
あちこちまだ通行止めがあったり、地割れ、液状化、電柱が低くなっていたり・・・

燃料の心配が減ってきたので、出歩くようになると(仕事でですが)「やっぱり普通じゃないなあ」と感じます。あちこちの橋がまだ通れないし、地割れや液状化の跡もまだ生々しく、余裕は見ていても、思ったより移動に時間がかかります。

水戸市大場町・島地区農地・水・環境保全会は、省略して農地水などと呼ばれている、農林水産省を初めとした「農地・水・環境保全向上対策」事業なので、報告書を上げなくてはならないのです。水戸市役所も被災しているので「地震があったからやらなくていいかな?」などと思っていたら、農政課は市場に引っ越していて、やっぱり提出しなければならないのでした。

あわててまとめて、何とか年度中には(いくつか忘れてしまい、行ったり来たりさせてしまいましたが)提出することができました。

今年は体制整備構想(案)という、現状を把握した上で未来の展望をまとめなくてはならないので、ちょっと大変です。その中で
「当地における農地・水・環境が有する社会共通資本としての役割」なんてちょっと難しいことを書かなければならないのです。

「めずらしい貴重な生物や植物が見つかったので保護しましょう」などと書くと格好がつくみたいなのですが、いまのところ特にそんなものは見つかっていません。

しかし、貴重なものというのは、以前普通だったものが普通じゃなくなったということ。ということは、普通においしい米がとれて、特にめずらしくもない鳥がいて魚がいて植物があるフツーの大場町島地区。それは、フツーであるが故に、保護だの何だので膨大なコストがかからない。それだけで財産なのだと書いておきました。

屁理屈とは思いましたけど、こんな地震が来ることもあるのですから、あんまり外れてはいないかもしれませんね。

「よく見る地震のメカニズム図」みたいな感じ
「よく見る地震のメカニズム図」みたいな感じ

水戸市大場町・島地区農地・水・環境保全会活動のレポートへ
保全会活動のレポート