あの人は今・・・(ジュズダマ)

何となく追っかけていて、11月30日まで一応の緑を保っていたジュズダマ。さすがに死んだかな?あの人は今・・・見てきました。

まあ、当然です。しかしなんと息の長いことでしょう。これで一体いつまた芽を出すのでしょうか?

まあ、当然です。しかしなんと息の長いことでしょう。これで一体いつまた芽を出すのでしょうか?

まだ青々としていた運動会の頃のジュズダマ。時のうつろいを感じます。瑞々しい感じですね。

まだ青々としていた運動会の頃のジュズダマ。時のうつろいを感じます。瑞々しい感じですね。

おばあさん(おじいさん?)になって枯れてしまうなんて想像もつかないです。

おばあさん(おじいさん?)になって枯れてしまうなんて想像もつかないです。

さんざんタネを残していたので枯れても本望だと思います。

さんざんタネを残していたので枯れても本望だと思います。11月30日

忙しくしているうちに「ハッ」と気がつくと、いつの間にか枯れてなくなっている。じっと注視してると変化に気がつきにくいが、目を切るとあっという間に通り過ぎていく・・・そんな感じです。何事にも通じそうですね。しかし、長生きをしてさんざんタネも残しているはずなのに、ボーボーになっていないのはなぜでしょう?セイタカアワダチソウや月見草・・・とにかくそんな人たちはあっという間にボーボなのに・・・

忙しくしているうちに「ハッ」と気がつくと、いつの間にか枯れてなくなっている。じっと注視してると変化に気がつきにくいが、目を切るとあっという間に通り過ぎていく・・・そんな感じです。何事にも通じそうですね。しかし、長生きをしてさんざんタネも残しているはずなのに、ボーボーになっていないのはなぜでしょう?セイタカアワダチソウや月見草・・・とにかくそんな人たちはあっという間にボーボなのに・・・

島地区の植物の記事へ
島地区の植物の記事へ

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2011/01/30/fuyu_jyuzudama/trackback/