ネコ、ヘコ、トコ、モコ

いつも寝てるから「ネコ」って言うんだってのも聞いたことあるなあ・・・

いつも寝てるから「ネコ」って言うんだってのも聞いたことあります

米作り農家にとってネズミは大敵。そのネズミをとってくれるのがネコです。

このネコ、本を読んでいたらウソかまことかネズミを捕るのが「ネ」ズミをとるからネコ「ト」リをとるんだったらトコ「ヘ」ビをとるんだったらへコと言うんだ・・・なんて書いてありました。

そうなると、うちでたむろしているのは「モ」グラをとるのでモコですね!モグラを捕っている映像はこちら(動画もあります)

コイツはモコ

コイツはモコ

おまけにトリもとります・・・するとトコでもある。

こいつはトコ

こいつはトコ

そしてヘビもとります(その映像はこちら)・・・ヘコでもありますね。

これはヘコ。

これはヘコ。

画像はありませんがネズミもとるのでコイツはもしかしたらネコじゃなくて別の生物かもしれません。それともネヘトモコかな?

すごく小さなネズミがいます。それをよく捕まえています。

すごく小さなネズミがいます。それをよく捕まえています。これがネコ。

考えてみたら、バッタやセミ、トンボ、蝉の幼虫までもとっていました。う〜〜〜〜ん・・・何でも捕って、しかも食べているのですが、名前を付けるならやはり主業務。つまり期待している役割名で呼ぶでしょう。

そうなると、米農家だったら米を喰う「ネズミ」を捕ってもらいたいということで「ネコ」と呼ぶのが妥当です。ネズミを捕ってしかもいつも寝ているのでやっぱりネコは「ネコ」です。

コイツの名前はトラです。

島地区の生き物の記事へ
島地区の生き物の記事へ

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2011/01/22/cat/trackback/