1 2 3 4 5 6 15

7月2010

ヰセキトラクター/コンバイン ダイナミックフェア(第36回農機・生産資材大展示会)

おはようございます。今日は前回の記事「ヤンマー/三菱トラクター ダイナミックフェア(第36回農機・生産資材大展示会)」の続きで、井関農機のトラクター/コンバインを紹介します。同じく、1970〜1980年代のヰセキのトラクターを並べてみます。

井関農機トラクター

↑ クリックで拡大します 1978〜1981年 2気筒ディーゼルエンジン15馬力〜17馬力 日本でもそうかもしれませんが、海外ではパーツもまだまだあるようです 英語ですが、オーナーズマニュアルもダウンロードできます

↑ クリックで拡大します 1978〜1981年 2気筒ディーゼルエンジン15馬力〜17馬力 日本でもそうかもしれませんが、海外ではパーツもまだまだあるようです 英語ですが、オーナーズマニュアルもダウンロードできます

↑ クリックで拡大します 2010年このように進化しました TH265値段はよく読めません

↑ クリックで拡大します 2010年このように進化しました TH265値段はよく読めません

↑ クリックで拡大します T.Japanと銘打った(トラクタージャパン?)107馬力のTJW107WXH ¥8,967,000なり

↑ クリックで拡大します T.Japanと銘打った(トラクタージャパン?)107馬力のTJW107WXH ¥8,967,000なり 

↑ クリックで拡大します 最近はCDやエアコンが付いているのですねえ 快適そうです

↑ クリックで拡大します 最近はCDやエアコンが付いているのですねえ 快適そうです

↑ クリックで拡大します このちょっとおもちゃっぽい内装はどうかと思いますが、いったい何をするものなのか、まるで航空機のようにスイッチやレバーが並んでいます

↑ クリックで拡大します 内部のようす このちょっとおもちゃっぽい内装はどうかと思いますが、いったい何をするものなのか、まるで航空機のようにスイッチやレバーが並んでいます

↑ クリックで拡大します 運転席からの眺め 高いです

↑ クリックで拡大します 運転席からの眺め 高いです

井関コンバイン

↑ クリックで拡大します コンバイン6条刈りというのでしょうか?HJ6120GZCAPLW ¥1,4700,000なり まるで戦車です 脇にちらっと見える田植機は、23馬力ディーゼルエンジン搭載のPZ80HDLF ¥3,919,650なりです

↑ クリックで拡大します コンバイン6条刈りというのでしょうか?HJ6120GZCAPLW ¥1,4700,000なり まるで戦車です

↑ クリックで拡大します でっかい胴体はこのように開きますHJ6120GZCAPLW 最近はメンテナンスも考えられて整備性も良くなってきているそうです

↑ クリックで拡大します でっかい胴体はこのように開きますHJ6120GZCAPLW 最近はメンテナンスも考えられて整備性も良くなってきているそうです

↑ クリックで拡大します ライトがやたら付いてます 夜も働けってことでしょうか?HJ6120GZCAPLW 

↑ クリックで拡大します ライトがやたら付いてます 夜も働けってことでしょうか?HJ6120GZCAPLW 

↑ クリックで拡大します JAPANのエンブレム 日本を背負って立つ感じです HJ6120GZCAPLW 

↑ クリックで拡大します JAPANのエンブレム 日本を背負って立つ感じです HJ6120GZCAPLW 

↑ クリックで拡大します こちらはフロンティアファイターのエンブレム 熱いです

↑ クリックで拡大します こちらはフロンティアファイターのエンブレム 熱いです

↑ クリックで拡大します コックピットの操作レバーなど・・・・航空機はジャンボジェットなどの頃に比べて格段にスイッチや操作レバーが減ったそうですが、こちらは逆に増えているのではないでしょうか?だんだん航空機に近づいている感じですHJ6120GZCAPLW 

↑ クリックで拡大します コックピットの操作レバーなど・・・・航空機はジャンボジェットなどの頃に比べて格段にスイッチや操作レバーが減ったそうですが、こちらは逆に増えているのではないでしょうか?だんだん航空機に近づいている感じですHJ6120GZCAPLW 

↑ クリックで拡大します 運転席からの眺め相当高いです

↑ クリックで拡大します 運転席からの眺め相当高いです

ヤンマーコンバイン

↑ クリックで拡大します 全体の写真はないのですが同じく6条刈りだと思います ヤンマー丸ハンドルコンバイン 98馬力GC698,CJU ¥13,345,500なり 

↑ クリックで拡大します 全体の写真はないのですが同じく6条刈りだと思います ヤンマー丸ハンドルコンバイン 98馬力GC698,CJU ¥13,345,500なり 

↑ クリックで拡大します こっちも戦車ですね ヤンマー丸ハンドルコンバイン 98馬力GC698,CJU ¥13,345,500なり 

↑ クリックで拡大します こっちも戦車ですね ヤンマー丸ハンドルコンバイン 98馬力GC698,CJU ¥13,345,500なり 

これでひとまずダイナミックフェア(第36回農機・生産資材大展示会)の紹介は終わりです。やってるうちに古い外国のトラクターの写真を集めてしまったので、また次の機会に紹介します。お付き合いいただいた方、ありがとうございました。

暑いさなか、島地区の昆虫、動物(ノラアヒル)

おはようございます。水戸は雨もそこそこになりそうです。トラクターを喰い飽きたかもしれないので、少し中断して、今日は水戸市大場町島地区の昆虫や動物や野鳥のことをアップしておきます。意識を持って見てみると当たり前なのですが、稲には稲の種類があり、セミはセミでなく、ちゃんと固有の名前があり、鳥も鳥でなく、たくさんの種類があって、固有の名前があって、(もしかしたら個人?個鳥?の呼び名があるかもしれません)そしてそれらが毎日ものすごい変化をしていることに気がつきます。

ニイニイゼミの抜け殻

↑クリックで拡大します 今年初めてのセミの抜け殻 なんとか今年は動いているのものの写真を撮りたいです

↑クリックで拡大します 今年初めてのセミの抜け殻 なんとか今年は動いているのものの写真を撮りたいです この抜け殻はあきらかにアブラゼミではないですが、調べてみたところニイニイゼミの抜け殻でした

図書館で色々な図鑑を借りてきました パラパラとめくれるのは図鑑の良いところです そしてネットで補強

図書館で色々な図鑑を借りてきました パラパラとめくれるのは図鑑の良いところです そしてネットで補強

ニイニイゼミの成虫

↑クリックで拡大します 3センチに満たない小さなセミ グリーンと赤がいます どの抜け殻から出て来たのか突き止めたいです

↑クリックで拡大します 3センチに満たない小さなニイニイゼミ グリーンの苔色ときれいな朱色のニイニイゼミがいます 緑のはうまく撮影できませんでした

↑ クリックで拡大します こちらも朱色のニイニイゼミです

↑ クリックで拡大します こちらも朱色のニイニイゼミです

白鷺

↑ クリックで拡大します いつも貯水池のフェンスにずらりと並んでとまっています。近くに寄って写真を撮りたいのですが、なかなかうまく行きません。

↑ クリックで拡大します いつも貯水池のフェンスに並んでとまっています。近くに寄って写真を撮りたいのですが、なかなかうまく行きません。

↑ クリックで拡大します 30Mくらい近づくとバサバサっと飛んでいってしまいます 望遠レンズが必要ですね

↑ クリックで拡大します 30Mくらい近づくとバサバサっと飛んでいってしまいます 望遠レンズが必要ですね

そして突然ノラアヒル

↑ クリックで拡大します ポンプ場にいました 初めは二羽いたそうですが、いつの間にか一羽になってしまったそうです

↑ クリックで拡大します ポンプ場にいました 初めは二羽いたそうですが、天敵にやられたのか、いつの間にか一羽になってしまったそうです

コウモリ

↑ クリックで拡大します 二階の軒先のクモの巣に引っかかっていました クモの糸から逃れられないのですから、コウモリってよっぽど軽いんです 初めはこの色と丸い形で、てっきりカブトムシのメスだと思いました 大きさもちょうどそのくらいだったからです

↑ クリックで拡大します 二階の軒先のクモの巣に引っかかっていました クモの糸から逃れられないのですから、コウモリってよっぽど軽いんです 初めはこの色と丸い形で、てっきりカブトムシのメスだと思いました 大きさもちょうどそのくらいだったからです ちょうどおへその辺りにクモの糸が引っ付いてつり下げられています

↑ クリックで拡大します しかし、どう考えてもカブトムシがクモの巣に引っかかって、逃げられないはずはないと思い、よくよく見たらバタバタ羽根を広げているのが見えてコウモリだとわかりました

↑ クリックで拡大します しかし、どう考えてもカブトムシがクモの巣に引っかかって、逃げられないはずはないと思い、よくよく見たらバタバタ羽根を広げているのが見えてコウモリだとわかりました

↑ クリックで拡大します もちろん写真を撮ったら逃がしてやりました 夏の炎天下、ずーっと逆さ吊りですから相当応えたでしょう でもなんとかセーフだったみたいです

↑ クリックで拡大します もちろん写真を撮ったら逃がしてやりました 夏の炎天下、ずーっと逆さ吊りですから相当応えたでしょう でもなんとかセーフだったみたいです

出勤する鳥

↑ クリックで拡大します 7/29日早朝の朝焼け 出勤する鳥が急いでいます 朝からの天気の崩れを表しているのか、きれいな色に染まっています

↑ クリックで拡大します 7/29日早朝の朝焼け 出勤する鳥が急いでいます 朝からの天気の崩れを表しているのか、きれいな色に染まっています

↑ クリックで拡大します 7/29日早朝、南西の方向にはまだ月が出ています

↑ クリックで拡大します 7/29日早朝、南西の方向にはまだ月が出ています

1 2 3 4 5 6 15

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • もう稲わらの顔を見なくていい毎日へのコメント (hyoukou240mより[01/13]) はようございます
  • 管理人よりへのコメント (noraより[01/04]) 六郎田一馬さん 明け
  • 管理人よりへのコメント (六郎田一馬より[01/04]) こんにちは。明けまし
  • 「ラク」「カンタン」はこの頃から・・・クボタサンシャイン「昔のカタログ」へのコメント (作業所ひなの農作業用トラクター! | 作業所ひなのブログより[01/01]) […]
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/28]) noraさんando
  • 1965〜1967年(多分)FORD4000メジャー「撮りトラ」へのコメント (象印より[12/19]) 実家に帰った時に写真
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/19]) 「フランスとドイツで
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/19]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[12/18]) noraさんhoka
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/18]) FOWERD CON
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/18]) noraさん おはよ
  • 管理人よりへのコメント (noraより[12/17]) 六郎田一馬さん こん
  • 超腰高の電話ボックス。眉間にTのクボタグレイツ乗用管理機GT21「撮りトラ@スプリングフェア2018」へのコメント (noraより[12/17]) ぽんこつさん こんば
  • バラバラだった意匠を角ダルマ顔に統一。その余波でSU1301とSU1341が生まれた。シバウラ名の法則私案+シバウラSL1543「撮りトラ」へのコメント (noraより[12/17]) 匿名さん こんばんは
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[12/17]) hokkaidouj
  • 1965〜1967年(多分)FORD4000メジャー「撮りトラ」へのコメント (noraより[12/17]) 象印さん こんばんは
  • 当時の感覚で1200万円!37馬力のナフィールドユニバーサル3・・・「撮りトラ」へのコメント (noraより[12/17]) 森本隆志さん こんば
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[12/17]) ANDOさん  こん
  • 2002年生まれ。ポット乗用6条田植機、みのるRXC-6へのコメント (noraより[12/17]) houkou240m
  • 光や音で伝える、コミュニケーションを変える技術その3「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (noraより[12/17]) hyoukou240
  • タグクラウド

    クボタトラクター テーマからかなりはずれてるかも トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 農業機械