ツリガネズイセンとハナニラかなぁ

一面に生えたスギナの中で精一杯背伸びをして咲いています。

外に出かけた帰り、田んぼからちょっと上がったところで紫と白い花を見かけました。

以前も見たことがありますが、ハナニラかなぁ・・・
以前も見たことがありますが、ハナニラかなぁ・・・
フキの日傘で直射日光を避けています。
フキの日傘で直射日光を避けています。
4月 ハナニラの花
以前見たハナニラと判断した花はこのようにシャープな感じでしたが、今回見たものは花びらが膨らんだ感じで、腰がなくクタクタです。

ただ、調べてもハナニラ以上に見た目の近い花がなく、とりあえず「生活態度が悪く、だらしのないハナニラ」ということにしておきます。

ハナニラはウィキペディアによると

ハナニラ(花韮、学名:Ipheion uniflorum (Lindl.) Raf.)は、APG植物分類体系第3版でヒガンバナ科(APG植物分類体系第2版ではネギ科、古い分類のクロンキスト体系ではユリ科)に属するハナニラ属の多年草。イフェイオン、ベツレヘムの星とも呼ばれる。原産地はアルゼンチン。

特徴
日本では、明治時代に園芸植物(観賞用)に導入され、逸出し帰化している。
葉にはニラやネギのような匂いがあり、このことからハナニラの名がある。野菜のニラ(学名Allium tuberosum)とは同じ科の植物であるが、属が違うのであまり近縁とは言えない。
球根植物であるが、繁殖が旺盛で植えたままでも広がる。鱗茎から10-25cmのニラに似た葉を数枚出し、さらに数本の花茎を出す。開花期は春で、花径約3cmの白から淡紫色の6弁の花を花茎の頂上に1つ付ける。地上部が見られるのは開花期を含め春だけである。

とあります。

背が高くこちらのほうが先に目に飛び込んできたのでした。調べてみるとツリガネズイセンとか球根ツリガネソウなどと呼ばれている花じゃないかと思います。
話は変わって紫の花。背が高く、こちらのほうが先に目に飛び込んできたのでした。調べてみるとツリガネズイセンとか球根ツリガネソウなどと呼ばれている花じゃないかと思います。
一面に生えたスギナの中で精一杯背伸びをして咲いています。
一面に生えたスギナの中で精一杯背伸びをして咲いています。

きっと夏だって秋だって花は咲いているでしょう。でも、色の少ない冬に目が慣れているせいか、春先に花を見つけるとちょっとワクっとします。

今日も早めに上がります。それではまた明日!

 

これをホントはアヤメって言うのか。湿ったところに生えるわけじゃないんだな。「5月の花」

近くに寄るとこんな花です。調べてみると、アヤメでいいのでした。
今日はいつもと趣向が違います。 キャンプに行った山の林道で見慣れた(と、感じた)花を見つけました。茨城県に住んでいるとこの花を見て真っ先に思い浮かぶのは水郷潮来です。ここには水郷潮来あやめ園というのがあって水郷潮来あやめまつりというお祭りまであるんです。もう、あやめ=水郷=湿ってる・・・というのが僕の中の常識でした。
今日はいつもと趣向が違います。
キャンプに行った山の林道で見慣れた(と、感じた)花を見つけました。茨城県に住んでいると、この花を見て真っ先に思い浮かぶのは水郷潮来です。ここには水郷潮来あやめ園というのがあり、水郷潮来あやめまつりというお祭りまであるんです。(行ったことはないですけど、県域TVで良く見ます)もう、あやめ=水郷=湿ってる・・・というのが僕の中の常識でした。

 

イメージはこんな感じです。(写真はWikipediaより。)実際に見たわけじゃないですけど、水芭蕉とかマコモみたいに水の中に生えているんだろうなぁ・・・的イメージを持っていました。
イメージはこんな感じです。(写真はWikipediaより。)実際に見たわけじゃないですけど、水芭蕉とかマコモみたいに水の中に生えているんだろうなぁ・・・的イメージを持っていたんです。

 

しかし、僕の見たこのアヤメ風(と現時点では言っておきます)の花は、埃っぽく乾いた場所に咲いていました。
しかし、僕の見たこのアヤメ風(と現時点では言っておきます)の花は、埃っぽく乾いた場所に咲いていました。山で見る花の紫率、結構高いです。

 

近くに寄るとこんな花です。調べてみると、アヤメでいいのでした。
近くに寄るとこんな花です。調べてみると、アヤメでいいのでした。

 

咲いていた場所が僕の中のイメージと少し離れているのですが、Wikipediaにこんな記述がありました。

 

アヤメの多くが山野の草地に自生しており、他のアヤメ属の種であるノハナショウブカキツバタのように湿地に生えることは、まれである。

 

古くは「あやめ」の名はサトイモ科ショウブ(アヤメグサ)を指した語で、現在のアヤメは「はなあやめ」と呼ばれた。アヤメ類の総称として、厳密なアヤメ以外の種別にあたる、ハナショウブやカキツバタを、アヤメと呼称する習慣が一般的に広まっている(施設名、創作物など)。

 

う〜ん・・・僕の思っていたアヤメは湿地に生えるハナショウブやカキツバタで、アヤメじゃなかったんです。その上、今アヤメだとされているものは「はなあやめ」で、昔はアヤメではなかった・・・ややこしいなあ。

 

つまり、多くの人にその名前を勘違いされている花・・・ということになります。

 

Wikipediaにアヤメとされる花の写真が載っています。(湿地に生えてないヤツ)僕の見たものと同じです。名前って、そのものを特定する、名で縛るという行為ですから、みんなが間違っちゃったらそっちへ流れるものなんですね。
Wikipediaにアヤメとされる花の写真が載っています。(湿地に生えてないヤツ)僕の見たものと同じです。名前って、そのものを特定する、名で縛るという行為ですから、みんなが間違っちゃったらそっちへ流れ、皆が考えるほうが正解になるものなんですね。

 

今日はこんなところです。また明日!