1952年〜1964年くらい?三菱耕うん機ポスター

この耕うん機ポスターのおねえさんはバーやハンドルをしっかりつかんでにこやかに微笑んでいます。いいですね!CT-70のおねえさんとは大違いです。

今日は「昔のカタログシリーズ」、もとい「昔のポスター」。伊藤産業機械さんのところで見た、フルカバー耕うん機が異様に熱かった1960年代初頭のモノではないか?と、僕が考えている、三菱耕うん機のポスターです。

三菱耕うん機のポスターです。こちらは最近僕が注目しているカバータイプではなく、オーソドックスなフレームにエンジンを載せたものとなっています。注目はポスター全体が色あせているにもかかわらず、エンジン部分の「赤」が強烈に残っていること。通常の写真の上に特色で赤を重ねたような感じです。そのためこの部分だけ色がハッキリ残っているのではないでしょうか?
三菱耕うん機のポスターです。こちらは最近僕が注目しているカバータイプではなく、オーソドックスなフレームにエンジンを載せたものとなっています。注目はポスター全体が色あせているにもかかわらず、エンジン部分の「赤」が強烈に残っていること。通常の写真の上に特色で赤を重ねたような感じです。そのためこの部分だけ色がハッキリ残っているのではないでしょうか?昔の写真印刷はエンピツで線を足したり、4色掛け合わせではなく特色を乗せたり、鮮明に見せるのに苦労したんですね。
いいっすね いいっすね! ポテト・プランター
東急自動車ファーガソン35のカタログです。ポテト・プランターの写真など、昔のカタログはほとんど描いてます。
今回新しく気がついたのは、「新三菱重工株式會社」となっていること。調べてみると新三菱重工株式會社は1952年に誕生し、1964年に三菱日本重工業・三菱造船(2代目)・新三菱重工業の3社が合併して(現)三菱重工業株式会社になるまでのわずかな時間しか存在していないということがわかりました。
今回新しく気がついたのは、会社名が「新三菱重工株式會社」となっていること。調べてみると新三菱重工株式會社は1952年に誕生し、1964年に三菱日本重工業・三菱造船(2代目)・新三菱重工業の3社が合併して(現)三菱重工業株式会社になるまでのわずかな時間しか存在していないということがわかりました。つまり、このポスターは1952年〜1964年のいずれかで作られたものということになります。

僕は先日紹介したCT-70形カバード耕うん機と同じ体裁なので、フルカバーの耕うん機が作られるきっかけとなったホンダF150型の1959年周辺を起点とした、6年間(1959〜1964)のいずれかじゃないかと睨んでいます。

この耕うん機ポスターのおねえさんはバーやハンドルをしっかりつかんでにこやかに微笑んでいます。いいですね!CT-70のおねえさんとは大違いです。
この耕うん機ポスターのおねえさんはバーやハンドルをしっかりつかんでにこやかに微笑んでいます。いいですね!CT-70のおねえさんとは大違いです。
しかし、意にそぐわない仕事に来てしまった感バレバレの表情です。口角は上がっていますが目が死んでいて、モーレツにつまんなそうです。
CT-70おねえさん。そうか!歯を見せていないから仏頂面に見えるのか・・・しかし、このポスターが1959〜1964だとして、この人達が二十歳としてもすでに80歳近いおばあさんになっているはずです。ううむ。

トラクターが普及する前のわずかな間(10年ないかもしれません)花開いた大型耕うん機。まだまだ続きます。

今日はこんなところです。また明日!

「田んぼの風景を共有」シリーズ2(PCが塞がっているため)

冬、雨上がりの田んぼです。夕方の景色が多いのは変化があるから。家の中にいて外の変化に気がつくのはどうしても日の登るときと日の沈む時になってしまいます。

耕運機のポスターを続けようと思ったら、朝PCが働いていて塞がっているので写真にアクセスできません。よってスマホの写真しか見ることができず、「田んぼの風景を共有」シリーズです。

スマホに入っているので古目なのは去年の台風の写真。まさに水害時のバッファという感じです。この時は普段土の中にいるありとあらゆる生き物、ダンゴムシやモグラやクモなどが水に濡れない高いところに這い出してひしめき合っていました。
スマホに入っているので古目なのは去年の台風の写真。まさに水害時のバッファという感じです。この時は普段土の中にいるありとあらゆる生き物、ダンゴムシやモグラやクモなどが、水に濡れない高いところに這い出してひしめき合っていました。
冬、雨上がりの田んぼです。夕方の景色が多いのは変化があるから。家の中にいて外の変化に気がつくのはどうしても日の登るときと日の沈む時になってしまいます。
冬、雨上がりの田んぼです。夕方の景色が多いのは変化があるから。家の中にいて外の変化に気がつくのはどうしても日の登るときと日の沈む時になってしまいます。
代掻き前の田んぼです。ここから田んぼは日に日に変化して行くことになります。
代掻き前の田んぼです。ここから田んぼは日に日に変化して行くことになります。
4月下旬から5月上旬にかけて水が湛えられていつの間にか周りは湖に・・・
4月下旬から5月上旬にかけて水が湛えられていつの間にか周りは湖に・・・稲が植えられたところもちらほらと。
一番近くの田んぼもいつの間にか田植えが終わってもうすでにかなり大きくなっています。
一番近くの田んぼもいつの間にか田植えが終わってもうすでにかなり大きくなっています。
田鏡はすっかり小さくなってしまい、稲と稲の隙間にわずかにあって、ほんのちょっと空を映しているだけです。雨模様の日が多いけど、たまに松の空が顔を出します。
田鏡はすっかり小さくなってしまい、稲と稲の隙間にわずかにあって、ほんのちょっと空を映しているだけです。
今のところ正しい夏に向かって梅雨の時期を正常に歩んでいる感じ。毎日ぐずぐず、たまにお日様が顔を出します。
今のところ正しい夏に向かって梅雨の時期を正常に歩んでいる感じ。毎日ぐずぐず、たまにお日様が顔を出します。
そして今朝。風が若干強いです。朝早い時間には雨が降っていましたが、いまはやんでいます。稲もずいぶん大きくなって、一筋水面が見えるだけとなっています。
そして今朝。風が若干強いです。朝早い時間には雨が降っていましたが、いまはやんでいます。稲もずいぶん大きくなって、一筋水面が見えるだけとなっています。

いつにもまして内容がなくすみません。またあした!