幕末の工作機械の寿命にびっくり!@国立科学博物館

金属製の巨大な工作機械。フライス盤のようなボール盤のような・・・古く見えますがまさか江戸時代のものとは・・・幕末に輸入された工作機械、堅削盤(たてけずりばん)です。

見に来るお客さんが少ない休みの日はテキトーな話題でお茶を濁します。(寝坊しちゃったし)

今日は国立科学博物館で開催されていた、明治150年記念、日本を変えた千の技術博という特別展で見たものいろいろ・・・その番外編。特別展以外の通常展示で見た、幕末〜明治の工作機械いろいろです。

 

金属製の巨大な工作機械。フライス盤のようなボール盤のような・・・古く見えますがまさか江戸時代のものとは・・・幕末に輸入された工作機械、堅削盤(たてけずりばん)です。
金属製の巨大な工作機械。フライス盤のようなボール盤のような・・・古く見えますがまさか江戸時代のものとは・・・幕末に輸入された工作機械、堅削盤(たてけずりばん)です。

 

幕末に輸入された工作機械 堅削盤(たてけずりばん) 1863年 NSBM(オランダ蒸気船会社)製 上下動する刃物で工作物に溝を切る機械。1863(文久3)年、幕府の注文によりオランダで製作され、長崎製鉄所に納められた。その後集成館、深川造船所、若松車輛会社で使用され、1998(平成10)年までの130年以上の間現役で稼働し続けた。 とあります。明治時代の工作機械というのでもビックリですが、その後平成まで使われていたことにもビックリです。
幕末に輸入された工作機械
堅削盤(たてけずりばん)
1863年 NSBM(オランダ蒸気船会社)製
上下動する刃物で工作物に溝を切る機械。1863(文久3)年、幕府の注文によりオランダで製作され、長崎製鉄所に納められた。その後集成館、深川造船所、若松車輛会社で使用され、1998(平成10)年までの130年以上の間現役で稼働し続けた。

とあります。明治時代の工作機械というのでもビックリですが、その後平成まで使われていたことにもビックリです。

 

教科書には江戸と明治、ちゃんと章立てされて分けられているので、なんとなく実際の生活や文化もキッチリ違うような気がしていて、江戸は木造、明治は鉄・・・などと勝手に頭の中で整理してしまっていました。

 

でも、考えてみたら江戸の人が全部死んで明治になったわけでもないし、江戸の製品が明治になったら全部捨てられたわけでもありません。

 

生活する上では昨日の次に今日が来てちゃんと繋がっているんです。(もうめちゃくちゃあたりまえなんですが、なかなか実感し辛いところがありました)江戸の人達も今の僕たちと変わらない人間。その江戸の機械が現在まで使われていることは当然考えられるんですよね。それにしても驚いたーー

 

江戸時代のものではないですがこちらも工作機械。明治22年の旋盤です。
江戸時代のものではないですがこちらも工作機械。明治22年の旋盤です。

 

池貝鉄工所製第一号旋盤 旋盤 1889(明治22)年に池貝庄太郎・喜四郎によって造られた。現存する国産工作機械ではもっとも古いもののひとつである。当時、工作機械の多くは官営の機械工場などで試作される以外はほとんど輸入に頼っていた。民製の工作機械は珍しく、当時の一般の工学技術レベルを知る貴重な資料である。
池貝鉄工所製第一号旋盤
旋盤
1889(明治22)年に池貝庄太郎・喜四郎によって造られた。現存する国産工作機械ではもっとも古いもののひとつである。当時、工作機械の多くは官営の機械工場などで試作される以外はほとんど輸入に頼っていた。民製の工作機械は珍しく、当時の一般の工学技術レベルを知る貴重な資料である。

 

この旋盤、輸出していたのか英語のカタログがありました。
この旋盤、輸出していたのか英語のカタログがありました。

 

輸入機械のカタログです。内容が興味深いのですが、難解です。振ってあるルビがおもしろいので少し引用します。 スロッチングマシーン(ステッキ盤) 本機ハ急速(クイック)二戻ル(レターン)装置(モーション)ヲ有シ平衡重量(バランスラム)ハ上下動ノ摩擦ヲ減シ「ストローク」ヲ均一ニスルノ装置ニシテ上下動ハ零ヨリ最大即チ下ノテーブル面迄ハ自由ニ加減スルヲ得ベシ ルビをカタカナ英語にしてるってどうなんでしょう?理解できるのかな?
輸入機械のカタログです。内容が興味深いのですが、難解です。振ってあるルビがおもしろいので少し引用します。
スロッチングマシーン(ステッキ盤)
本機ハ急速(クイック)二戻ル(レターン)装置(モーション)ヲ有シ平衡重量(バランスラム)ハ上下動ノ摩擦ヲ減シ「ストローク」ヲ均一ニスルノ装置ニシテ上下動ハ零ヨリ最大即チ下ノテーブル面迄ハ自由ニ加減スルヲ得ベシ
ルビをカタカナ英語にしてるってどうなんでしょう?理解できるのかな?

 

フラーター新式旋盤 米国フラーター会社製 これもカタログです。カタカナまじりの文で読み辛いです。
フラーター新式旋盤 米国フラーター会社製
これもカタログです。カタカナまじりの文で読み辛いです。

 

ドリルやドリルシャンクのカタログ。今と全く同じに見えます。すごいゾ明治!
ドリルやドリルシャンクのカタログ。今と全く同じに見えます。すごいゾ明治!

 

巨大なエンジンです。今も見かける発動機を大きくしたような形。
こちらは巨大なエンジンです。今も見かける発動機を大きくしたような形。

 

明治の時代、帝国大学工科大学で研究に使われた、オットー4サイクル内燃機関です。
明治の時代、帝国大学工科大学で研究に使われた、オットー4サイクル内燃機関です。おもしろいのはシリンダーが割れちゃったのか、溶接して埋めてあります。それでちゃんと動いたのかなぁ・・・

 

帝国大学工科大学で研究に使われた、オットー4サイクル内燃機関 クロスレー社(イギリス)製 ドイツ人オットーによって考案された初期の4サイクル内燃機関(エンジン)。1887(明治20)年ごろイギリスより輸入された。欧米でもまだ蒸気機関が主流の時代に、すでに日本で内燃機関が研究されていたことを示す貴重な資料である。 内燃機関の研究 1870年代にオットーが高効率のガスエンジンを、1880年代にダイムラーがガソリンエンジンを、1890年代にディーゼルが重油を用いることのできるディーゼルエンジンを開発した。まさに19精機末は内燃機関の夜明けだったが欧米に遅れることなく日本でも研究が進められた。研究者の講義ノートが本として出版され、現場の技術者に体系的な知識を与えた。 とあります。
帝国大学工科大学で研究に使われた、オットー4サイクル内燃機関
クロスレー社(イギリス)製
ドイツ人オットーによって考案された初期の4サイクル内燃機関(エンジン)。1887(明治20)年ごろイギリスより輸入された。欧米でもまだ蒸気機関が主流の時代に、すでに日本で内燃機関が研究されていたことを示す貴重な資料である。

内燃機関の研究
1870年代にオットーが高効率のガスエンジンを、1880年代にダイムラーがガソリンエンジンを、1890年代にディーゼルが重油を用いることのできるディーゼルエンジンを開発した。まさに19精機末は内燃機関の夜明けだったが欧米に遅れることなく日本でも研究が進められた。研究者の講義ノートが本として出版され、現場の技術者に体系的な知識を与えた。

とあります。このオットー内燃機関は石炭から作ったガスで動くエンジンだったようです。

 

優秀なものが残り、粗悪なものは淘汰されているのでそのように感じるのかもしれませんが、江戸や明治の人達って優秀で前向きだと感じます。何ができるかわからないですけど、自分も頑張らなくちゃなあ・・・と、ちょっとは思います。

 

今日はこんなところです。また明日!

クボタたまねぎピッカーHTP122@第34回国際農業機械展in帯広と玉ねぎ関係いろいろ

クボタたまねぎピッカーHTP122です。これまでの僕のイメージを覆すイマドキのデザイン。それにさすが北海道。めちゃめちゃ大きいです。

昔の写真をひっくり返していると当時は見えなかったものが見えてきて結構おもしろいです。今日はhokkaidoujinさんにお招きいただき行ってきた、第34回国際農業機械展in帯広のIHI クボタブースで見た玉ねぎピッカーとこれまで見たたまねぎ収穫機を比べてみます。

 

クボタたまねぎピッカーHTP122です。これまでの僕のイメージを覆すイマドキのデザイン。それにさすが北海道。めちゃめちゃ大きいです。
クボタたまねぎピッカーHTP122です。これまでの僕のイメージを覆すイマドキのデザイン。それにさすが北海道。めちゃめちゃ大きいです。

 

お米のコンバインの流用なのでしょうけど、ヘッドランプだってLED。
お米のコンバインの流用なのでしょうけど、ヘッドランプだってLED。

 

全長が6320mmあるそうですけどその半分を占めていそうな玉ねぎ拾いあげ部。
全長が6320mmあるそうですけどその半分を占めていそうな玉ねぎ拾いあげ部。

 

1826cc38馬力のディーゼルエンジン搭載で、掘り取り部は1200mmあるそうです。特長に、コンテナの自動降下制御というのがあって、コンテナの玉ねぎの量に応じてコンテナが自動降下するので、選別者がいつも玉ねぎを投げ下ろす感じで作業できるみたいです。
1826cc38馬力のディーゼルエンジン搭載で、掘り取り部は1200mmあるそうです。特長に、コンテナの自動降下制御というのがあって、コンテナの玉ねぎの量に応じてコンテナが自動降下するので、選別者がいつも玉ねぎを投げ下ろす感じで作業できるみたいです。

クボタオニオンハーベスタSCH-181

 

クボタ・オニオンハーベスタSCH-181です。大きさは4条のコンバインくらいで、結構大きいです。正面のガイドに沿って玉ねぎを拾っていく感じです。
HTP122の掘り取り部は1200mmということでしたが、以前見たものはそれよりもっと広い感じでした。クボタ・オニオンハーベスタSCH-181です。型番からして最大で1800mmくらいあるのかもしれません。形はHTP122に比べると古くさい感じです。

 

おもしろいのはここから先です。この写真はクボタ・オニオンハーベスタSCH-181を横から見たところ。左が頭です。持ち上げられた玉ねぎは一旦床下を潜り、選別者の前に再び玉ねぎのカーテンとなって現れるみたいなんです。選別者のシートは進行方向に対して後ろ向きですね。
選別の終った玉ねぎは後ろへ落ちて、リフトの上のコンテナに入っていきます。(見たように書いていますが全て想像)

 

クボタたまねぎ収穫機 Onion Picker KOP-1000

 

クボタたまねぎ収穫機 Onion Picker KOP-1000。価格は消費税8%時の価格ですが、税込¥1,836,000でした。
クボタたまねぎ収穫機 Onion Picker KOP-1000。価格は消費税8%時の価格ですが、税込¥1,836,000でした。これは上の2つに比べずいぶん小さいです。玉ねぎは全国で作られていますし規模もまちまち。それに合わせ様々なサイズの収穫機が作られているようです。

 

クボタのWEBサイトによれば、作業車2名を乗せて走ることができるみたいです。
クボタのWEBサイトによれば、作業車2名を乗せて走ることができるみたいです。

 

クボタと色違いに見えるヤンマーたまねぎピッカー HP100T

 

たまねぎピッカー HP100T 価格¥1,328,400 作業能率2.5〜3.0時/10a デバイダ幅90/100cm
ヤンマーたまねぎピッカー HP100T 価格¥1,328,400 作業能率2.5〜3.0時/10a デバイダ幅90/100cm

 

たまねぎ収穫機 HT20A,LA 裸地(とあるように見えます)・低畦仕様 価格¥1,328,400 2条掘 作業能率2.0〜4.0時/10a
たまねぎ収穫機 HT20A,LA 裸地(とあるように見えます)・低畦仕様 価格¥1,328,400 2条掘 作業能率2.0〜4.0時/10a

 

なんとイセキも!イセキたまねぎピッカーVHP100T

 

今日の一番はこれですね。イセキ たまねぎピッカー VHP100T 価格 ¥1,328400
イセキたまねぎピッカーVHP100T 価格 ¥1,328400 なんとターコイズ、ワインレッド、ブルーの3色揃い踏みです。

 

同じくピッカー田中工機株式会社「アガール(Agirl)」

 

玉ねぎやジャガイモを拾って、コンテナに入れてくれるという機械だそうです。僕は収穫機というものをほとんど見たことがないので、これがどれほど画期的なものか全然わかりません。でも、農機具を扱うプロの目にとまったのですから今までにないものなのでしょう。
たまねぎやジャガイモのピッカーだと思います。長崎県大村市の田中工機株式会社の「アガール(Agirl)」

 

実はたまねぎやジャガイモなどを拾って・・・の「拾って」の部分に僕はすごく反応してしまったのです。うまく説明できないのですが、作物は販売したり食したりする目的で作られるわけで、拾ってくるわけではないのですが、実際にその作業を見ると「拾う」としか言いようがない感じで、言葉の使い方が
形としては冒頭2台の大型機と同じような形。でも大きさはそれほどでもなさそうです。調べてみると930mm。

 

クボタたまねぎ収穫機 OH-4MSR ボニータ

 

昨日のたまねぎ収穫機よりさらに小さな、クボタたまねぎ収穫機 OH-4MSR ボニータです。 価格は消費税8%の時ですが、税込¥1,508,760
これは方式が違いそう・・・クボタたまねぎ収穫機 OH-4MSR ボニータです。
価格は消費税8%の時ですが、税込¥1,508,760

 

クボタ歩行型たまねぎ収穫機 ボニータ(旧型?)OH-4

 

クボタ歩行型たまねぎ収穫機 ボニータ(露地) OH-4 タマネギのための機械、近所では見かけません。
クボタ歩行型たまねぎ収穫機 ボニータ(露地) OH-4 タマネギのための機械、近所では見かけません。こんな風にトレッドが変わるのでしょうか?

 

クボタ歩行型たまねぎ収穫機 ボニータ(露地) OH-4 タマネギのための機械、近所では見かけません。
ディッシュ型ホイールキャップが特長。タイヤ細いなあ。歯車みたい。

 

クボタ歩行型たまねぎ収穫機 ボニータ(露地) OH-4 タマネギのための機械、近所では見かけません。
ごついゴムローラーが見えます。二条刈りとか三条刈りなのかな・・・一体たまねぎはどうなるんでしょう。動いているところ見てみたいです。

 

クボタ歩行型たまねぎ収穫機 ボニータ(露地) OH-4 価格¥1,350,000 品番:11 5J133 000000 露地栽培・マルチ栽培に対応 これ一台でこれだけの作業ができる 堀取り→茎葉切断→整列
クボタ歩行型たまねぎ収穫機 ボニータ(露地) OH-4 価格¥1,350,000 品番:11 5J133 000000 露地栽培・マルチ栽培に対応 これ一台でこれだけの作業ができる 堀取り→茎葉切断→整列

 

「堀取り→茎葉切断→整列」・・・収穫したものはコンバインみたいにタンクに溜めるのではなく、その場に並べて置いていく感じなのでしょうか。ということはそのあとたまねぎピッカーで拾い上げるという感じになるのでしょうね。

 

キュウホーたまねぎディガーDEGA-1

 

キュウホー たまねぎディガー DEGA-1 価格¥869,400 作り物のたまねぎがプラスチックじゃなくてカワイイ!
キュウホー たまねぎディガー DEGA-1 価格¥869,400 これはトラクターアタッチメントタイプで、たまねぎを掘って転がしておいたり、後端の横長のコンベアに集めることができるみたいです。

 

キューホー たまねぎ収穫(掘り取り)北海道限定 と書かれています。商品説明の写真を見ると、掘ったたまねぎを両脇に転がしているように見えます。
キューホー たまねぎ収穫(掘り取り)北海道限定
と書かれています。商品説明の写真を見ると、掘ったたまねぎを両脇に転がしているように見えます。これも上のディガーと同じタイプの機械のように見えます。

 

こちらもお同じ、たまねぎ収穫機ですが北海道限定の文字がありません。少し小さいように思えます。北海道限定が取れたのはその辺りなのでしょうか・・・
こちらも同じ、たまねぎ収穫機ですが北海道限定の文字がありませんし少し小さいように思えます。北海道限定が取れたのはその辺りなのでしょうか・・・

 

オマケで移植機

 

収穫機のあとははたまねぎ移植機。 みのる たまねぎ移植機 OPK-4K
収穫機のあとははたまねぎ移植機。 みのる たまねぎ移植機 OPK-4K

 

収穫機のあとははたまねぎ移植機。 みのる たまねぎ移植機 OPK-4K
エンジンはロビンのEH12 4.0と書いてありますが、定格は2.8馬力最大3.5馬力みたいです。

 

みのる たまねぎ移植機 OPK-4K 価格¥2,575,800 ○4条ちどり方式での移植 ○マルチ・露地どちらも移植が可能!
みのる たまねぎ移植機 OPK-4K 価格¥2,575,800 ○4条ちどり方式での移植 ○マルチ・露地どちらも移植が可能!

 

ヤンマー乗用たまねぎ移植機

 

乗用たまねぎ移植機 3.2馬力 PH4R,T1A 価格¥1,425,600 同時4条植え マルチ対応 とある他は読めません。
乗用たまねぎ移植機 3.2馬力 PH4R,T1A 価格¥1,425,600 同時4条植え マルチ対応 とある他は読めません。

 

 

今日はこんなところです。食にたまねぎはかかせません。移植から収穫まで様々な大きさ、タイプの機械があっておもしろいです。それではまた明日!