わずかな引っかかりを求めて。今日も超小ネタ。どれがホントのチェリー?

昨今の諸事情によりネタ切れのため、わずかな引っかかりを探して超小ネタシリーズが続きます。毎日のことなのでこれが普通になりつつあるというか、これが「新しい日常」なのかもしれません。

今日の引っかかりは昨日のチェリー。それも神農工社製三輪トラクターのほうのチェリーです。

https://oba-shima.mito-city.com/2015/06/09/cherry_tractor2/
神農工社製の三輪トラクター、チェリートラクターです。(これは3台目)トラクター自体については以前の記事を見てもらうとして、今回気になったのはロゴです。これ以前見たものとかなり違います。
これが以前見た1台目もの。ウエイトにあたる部分に「CHERRY」と、トラクター名が書いてあるのですが、かなり3台目と違います。こちらはウエイト塗装後にカッティングシートかなにかで作ったものでしょうか?
これが以前見た1台目もの。ウエイトにあたる部分に「CHERRY」と、トラクター名が書いてあるのですが、かなり3台目と違います。こちらはウエイト塗装後にカッティングシートかなにかで作ったものでしょうか?
こちらは3台目。ステンシルのスプレー塗装で、色はゴールドのようです。1台目も3台目もレストア後に取付けられたもののようでどちらがオリジナルかはわかりません。(そもそもオリジナルには存在しないものである可能性すらあります)
こちらは3台目。ステンシルのスプレー塗装で、色はゴールドのようです。1台目も3台目もレストア後に取付けられたもののようでどちらがオリジナルかはわかりません。(そもそもオリジナルには存在しないものである可能性すらあります)

工業製品として生まれてきたトラクター。新車時はどのトラクターも全く同じで、1000台作られたとして、そのうち1台見れば残りの999台を見なくたってどうってことはありません。

しかし、ひとたび人の手に渡れば、2台見れば2台とも違う・・・1台目の白いロゴのほうが僕は好きですけど、2台目のステンシルのほうが古っぽくてトラクターとしてはいい感じです。

ロゴだらけでちょっとうるさい気もしますが、「せっかく切り抜いたステンシルを正面だけに使うのは惜しくて、横にも入れちゃったんだろうな」などと想像してしまいます。

これらはレストアした人か、持ち主の趣味もしくは解釈・・・人の手に渡った瞬間にこのように工業製品は別々の人生(人じゃないですね・・・)を歩み始めるというのが興味深いです。とはいえ、元々のオリジナルはどんなだったろう・・・とは気になります。

「オリジナルはどんなだろう?」といえば先月『素人が絵画を修復しようとして大失敗する事態がまたもや発生』などというニュースが流れていました。トラクターは元が工業製品で働くクルマですから、当然使用者が自分の使いやすいようにオリジナルを改良して使ってあたりまえ。しかし、後世に伝え残さなくてはならない美術・芸術作品の場合、オリジナルが想像できない状態になってしまうのが問題になってしまうのはわかります。
「オリジナルはどんなだろう?」といえば先月『素人が絵画を修復しようとして大失敗する事態がまたもや発生』などというニュースが流れていました。トラクターは元が工業製品で働くクルマですから、当然使用者が自分の使いやすいようにオリジナルを改良して使ってあたりまえ。しかし、後世に伝え残さなくてはならない美術・芸術作品の場合、オリジナルが想像できない状態になってしまうのが問題になってしまうのはわかります。
この世界?でもっとも有名なのは上の列に見えるイエスのフレスコ画ですよね?ちらっとWEB上の記事を見ると、破壊的な復元の試みとか散々なことを書かれています。うろ覚えですが、近所の絵が得意なおばちゃんが直しちゃったとか?「善意の破壊者」といったところです。これによって僕のような者にも知られ、世界的に有名になったとも言えます。もはや伝説です。
この世界?でもっとも有名なのは上の列に見えるイエスのフレスコ画ですよね?ちらっとWEB上の記事を見ると、破壊的な復元の試みとか散々なことを書かれています。うろ覚えですが、近所の絵が得意なおばちゃんが直しちゃったとか?「善意の破壊者」といったところです。これによって僕のような者にも知られ、世界的に有名になったとも言えます。もはや伝説です。
そのことを調べていたらこんな写真に突き当たりました。ハロウィーンの仮装だそうですが、おもしろいことを考えるものですね!僕はその中でも一番左のアイディアが一番いいと思います。
そのことを調べていたらこんな写真に突き当たりました。ハロウィーンの仮装だそうですが、おもしろいことを考えるものですね!僕はその中でも一番左のアイディアが一番いいと思います。
日本でもちょっと前に日光東照宮の三猿の彫刻の修復でちょっと話題になりました。僕も「ええっ?全然違うじゃん」と思ったものです。ただ、一代前とは違うけれど、どれがオリジナルか?といえばほぼ誰もわからないそうです。わかるのは修復の度に担当者が全力で後世に残そうとしたのであろう・・・ということだけ。
日本でもちょっと前に日光東照宮の三猿の彫刻の修復でちょっと話題になりました。僕も「ええっ?全然違うじゃん」と思ったものです。ただ、一代前とは違うけれど、どれがオリジナルか?といえばほぼ誰もわからないそうです。わかるのは修復の度に担当者が全力で後世に残そうとしたのであろう・・・ということだけ。

工芸品や美術品を当時のまま残すというのは、それが生まれた背景やその瞬間を後々知ることができるという意味で大変大事なことです。

こんなことを書くと美術関係者に怒られてしまいそうですが、こうなってしまった以上、歴史というかストーリーが加わったということ。それはそれで「点ではなく線や面でモノを遺す」という意味でアリじゃないかな・・・などと思ってしまいます。

おまつりやしきたりなど、ホントにこれがオリジナルだったのかな? などと考えることがあります。

でも、生まれた時から関わってきた多くの人たちの思いや考えが現在につながっているとすると、「ま、オリジナルにこだわることもないか」って・・・

忘れてください忘れてください。今日はこんなところです。また明日!

今日も超小ネタ。チェリーが多いのはどうして?

昨今の諸事情によりネタ切れのため、わずかな引っかかりを探して超小ネタシリーズが続きます。今日はチェリー!

昨日はミシンでした。その中で見つけた見慣れた文字、それは「CHERRY」。これ、トラクターでおなじみですよね。

神農工社 チェリートラクター

機種名: チェリートラクタ 形式・仕様:CT-52 7馬力 製造社・国:神農工社 日本 導入年度:1956年(昭和31)年
なぜかメーカーを横断して綿々と続くチェリーの血統。チェリーミシンを見てすぐに思い出しました。
機種名: チェリートラクタ 形式・仕様:CT-52 7馬力 製造社・国:神農工社 日本 導入年度:1956年(昭和31)年
これは「土の館」で見たものですが、そのキャプションによれば
 
チェリートラクタ
1954年(昭和29) 神農工社製 (日本)
CT-52型 7馬力 三輪タイプ
1955年(昭和30) 国産トラクタの発売でいち早く庄司は導入、60万円の投資をする。住宅一軒が建つ値段だったという。
1953年(昭和28)弘前市の神農工社がトラクタの開発に入り、三輪タイプを商品化している。
チェリートラクタ  1954年(昭和29) 神農工社製 (日本) CT-52型 7馬力 三輪タイプ
チェリートラクタ 1954年(昭和29) 神農工社製 (日本) CT-52型
チェリートラクタ  1954年(昭和29) 神農工社製 (日本) CT-52型 7馬力 三輪タイプ
チェリートラクタ

ビクターオート チェリートラクター

チェリートラクタ  1956年(昭和31) ビクターオート㈱製 (日本) CT-101型 10馬力  1957年(昭和32) 常呂町 長谷川が導入。 9年使用したものを今橋が譲り受け長く使用した。  1953年(昭和28)弘前市の神農工社がトラクタの開発に入り、三輪タイプを商品化している。  同型は4年間に道内に136台導入された。
そしてこちらはメーカー変わってビクターオートのチェリートラクタ。同じく「土の館」で見たもので、キャプションによれば・・・

チェリートラクタ
1956年(昭和31) ビクターオート㈱製 (日本)
CT-101型 10馬力
1957年(昭和32) 常呂町 長谷川が導入。
9年使用したものを今橋が譲り受け長く使用した。
1953年(昭和28)弘前市の神農工社がトラクタの開発に入り、三輪タイプを商品化している。
同型は4年間に道内に136台導入された。

とあります。
チェリートラクタ  1956年(昭和31) ビクターオート㈱製 (日本) CT-101型 10馬力  1957年(昭和32) 常呂町 長谷川が導入。 9年使用したものを今橋が譲り受け長く使用した。  1953年(昭和28)弘前市の神農工社がトラクタの開発に入り、三輪タイプを商品化している。  同型は4年間に道内に136台導入された。
CHERRY TRACTOR
チェリートラクタ  1956年(昭和31) ビクターオート㈱製 (日本) CT-101型 10馬力  1957年(昭和32) 常呂町 長谷川が導入。 9年使用したものを今橋が譲り受け長く使用した。  1953年(昭和28)弘前市の神農工社がトラクタの開発に入り、三輪タイプを商品化している。  同型は4年間に道内に136台導入された。
チェリートラクター ビクターオート株式会社

井関農機 ニューチェリー

イセキトラクター TC-10
「土の館」のキャプションによれば

井セキ トラクター 1960年(昭和35) 井関農機㈱製 (日本)
TC-10型 10馬力 496cc 機番0133
1960年(昭和35) 清里町 中農場で導入。
馬に変わる農作業の動力では、10馬力の威力は驚くほど能率が上がった。
 
ヰセキトラクター ニューチェリー TC-10 10馬力小型乗用トラクター
以前紹介したイセキTC-10のカタログです。なんとこれにはニューチェリーと書かれています。正式なチェリートラクターの後継者というわけですね。型番もCHERRY TRACTORのCTをひっくり返してTCとなっています。

チェリーまだまだある!

調べてみたらチェリーまだ結構ありました。これは日産のクルマ、チェリー(写真はWikipediaより)で、1970年初頭のクルマみたいです。僕、一回運転したことがあります。どんなだったか忘れてしまったけれど・・・

ミシンのチェリー、トラクターのチェリー、その他いろいろ・・・関係があるとは思えません。なぜこんなにチェリーなのでしょう・・・いつものようにこじつけ的に考えてみました。

なんとタバコのチェリーの両切タバコの初代は1904年誕生だそうです。1904年といえば明治37年!思ったよりも遥か昔から使われていた商品名だったのです。

また、調べている過程で日本最初の列車の愛称が昭和4年の「冨士」と「櫻」であるという記述を見つけました。

なるほど!確かに他に何もない状態で「日本の多くの人たちに親しまれているもの」というお題を与えられたら一番最初に出てくる単語は「冨士」と「櫻」です。

新しい商品、トラクターの普及版、タバコの普及版、ミシンの普及版、商品を多くの人に普及させたい・・・などと思うとき、最初に上がる愛称は「冨士」と「櫻」。中でも日本中どこにでもあり、身近に感じている「桜」ではないでしょうか?

CHERRYがこんなにも多いこと、これで少し納得してしまうのでした。今日はこんなところです。また明日!