オリジナルエンジン(多分)の神農工社チェリートラクタ「撮りトラ」とユニバーサルジョイント

チェリートラクタCT52型です。側に立つオーナーと比べてみるとわかりますが、非常にコンパクト。一説によると1956(昭和31)年ころの、四輪乗用トラクターが出回り出した頃のもので、高価だった外国製大型トラクターに対し、国内に向け特化して費用をおさえた工夫の跡が見られます。

今日は某所で見た、三輪、最小構成のチェリートラクタCT52「撮りトラ」です。

 

僕の想像でしかありませんが、地方都市弘前の農機メーカーが付けた「チェリー」の名はこのクラスのトラクターの名前として浸透してしまったのでしょうか? なぜかビクターオート、ヰセキと受け継がれたのでした。

 

チェリートラクタCT52型です。側に立つオーナーと比べてみるとわかりますが、非常にコンパクト。一説によると1956(昭和31)年ころの、四輪乗用トラクターが出回り出した頃のもので、高価だった外国製大型トラクターに対し、国内に向け特化して費用をおさえた工夫の跡が見られます。
チェリートラクタCT52型です。側に立つオーナーと比べてみるとわかりますが、非常にコンパクト。一説によると1956(昭和31)年ころの、四輪乗用トラクターが出回り出した頃のもので、高価だった外国製大型トラクターに対し、国内に向け特化し、部品点数も少なく、費用をおさえた工夫の跡が見られます。

 

「神農工社」と、僕は続けて書いてしまいましたが、銘板を見ると、「神 農工社」と、神と農の間にスペースがあります。実は「神」農工社だったのですね。
「神農工社」と、僕は続けて書いてしまいましたが、銘板を見ると、「神 農工社」と、神と農の間にスペースがあります。実は「神」農工社だったのですね。

 

エンジンはシバウラ製。かろうじて「シバウラ石油機関」という文字が見えます。全体の古くさい形からオリジナルのエンジンではないかと推測されます。
エンジンはシバウラ製。かろうじて「シバウラ石油機関」という文字が見えます。全体の古くさい形からオリジナルのエンジンではないかと推測されます。

 

乗用最小構成! 三輪のチェリートラクタ
なぜそんなことに注目するかと言うと、以前見たチェリートラクタと違うエンジンが載っているからです。これは以前土の館で見たチェリートラクタCT52型です。

 

機種名: チェリートラクタ 形式・仕様:CT-52 7馬力 製造社・国:神農工社 日本 導入年度:1956年(昭和31)年
これのエンジンはヤンマー製のものが載っていました。しかし、ちょっとエンジンだけあか抜けた感じがしますし、全体に小さく、オリジナルではなさそうな感じです。

 

チェリートラクタCT52型です。側に立つオーナーと比べてみるとわかりますが、非常にコンパクト。一説によると1956(昭和31)年ころの、四輪乗用トラクターが出回り出した頃のもので、高価だった外国製大型トラクターに対し、国内に向け特化して費用をおさえた工夫の跡が見られます。
それからするとこのエンジンの大きさはしっくり来ます。ステアリングシャフトもそのエンジンを避ける感じでちょうどいいですよね? いろいろ書きましたが、今回注目しているのはちょうどオーナーが指差しているユニバーサルジョイントなのでした。ステアリングシャフトを90度近く曲げ、高価なギアボックスを使えないとなると、こうなりそうです。

 

エンジンはシバウラ製。かろうじて「シバウラ石油機関」という文字が見えます。全体の古くさい形からオリジナルのエンジンではないかと推測されます。
そこでもう一度この写真に戻ります。ユニバーサルジョイントは3コマです。アウターチューブ付でジョイント部分は鋳物部品でしっかりホールドしています。操作感はどうなのでしょう。すごく気になります。

 

なぜそんなに気になるのかと言うと、同じく費用を抑えたかったボックスカートレースのおむすびころりん号、同じような構造なんです。しかし、操作感はガクガクしていてイマイチでした。
なぜそんなに気になるのかと言うと、同じく費用を抑えたかった「お米たべてー!」TEAMのレッドブルボックスカートレースのおむすびころりん号、同じような構造なんです。しかし、操作感はガクガクしていてイマイチでした。

 

ユニバーサルジョイントはラチェットのコマを使用。ガス管をガイドにステアリングシャフトを手元に持っていきます。
ステアリングシャフトがチェリートラクタと同じく曲げの角度がきつかったので、ユニバーサルジョイントを使っています。ビンボー人なのでそれも比較的安いラチェットのコマを使用。ガス管をガイドにステアリングシャフトを手元に持ってきています。

 

これに3Dプリンターで作ったガイドをはめて・・・
しかも、万が一必要になったときのために取り外せるよう、オス/メスの受けでつないでいるんです。

 

ちょっと角度がきついしハンドルにかなりガタが出てしまうけど、これも費用の面でガマン。
仕様書によればこれでほぼ使用限界の角度。ハンドルもガタが大きく、操作感がよくありません。チェリートラクタのように3コマのユニバーサルジョイントならもっと操作感が良くなるのかな? と、思った次第です。

 

色を塗って組み付けたあとの写真。
色を塗って組み付けたあとの写真。

 

拡大してみます。お気づきのかたもいるかもしれませんが、試走中にハンドルが抜けてすごくビックリしました。本番では少しでもガタを減らそうと、ここをビニールテープでぐるぐる巻きにし、ステアリングが抜けないよう、ストッパーを噛まして望みました。ここ、3コマのユニバーサルジョイントにしたら操作感が良くなるかなぁ・・・やってみようかと気持が動いています。
拡大してみます。お気づきのかたもいるかもしれませんが、試走中にハンドルが抜けてすごくビックリしました。本番では少しでもガタを減らそうと、ここをビニールテープでぐるぐる巻きにし、ステアリングが抜けないよう、ストッパーを噛まして望みました。ここ、3コマのユニバーサルジョイントにしたら操作感が良くなるかなぁ・・・やってみようかと気持が動いています。

 

チェリートラクタ 1956年(昭和31) ビクターオート㈱製 (日本) CT-101型 10馬力
チェリーの名がどう伝わったかの想像は、時間がなくなってしまったので、『チェリートラクタCT101、みんなで作ってたの?・・・「撮りトラ」』の記事を確かめてください。

 

今日はここまでです。また明日!

 

 

おにぎりの挨拶まわり#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxrace

そして、「何、あのタイヤのナニ、あのナニは・・・トーとかなんだ・・・そのナニはナニしたのけ?」何となく言いたいことはわかります。技術的な突っ込んだ問題ですね。

日曜日は環境保全会の活動ついでに「お米たべてー!」TEAMの最大のスポンサー、お米やカンパを提供してくれた町内の皆様に「おにぎり」をお披露目してきました。というわけで、今日は「お米たべてー!」TEAMのレッドブルボックスカートレースです。

 

おじさん、おばさんとで反応は違うのですが、おじさんはさすがに元子供であり、機械好きの農家です。すぐに構造や素材に興味を持つ感じです。
おじさん、おばさんとで反応は違うのですが、おじさんはさすがに元子供であり、機械好きの農家です。すぐに構造や素材に興味を持つ感じです。

 

そして、「何、あのタイヤのナニ、あのナニは・・・トーとかなんだ・・・そのナニはナニしたのけ?」何となく言いたいことはわかります。技術的な突っ込んだ問題ですね。
そして、「何、あのタイヤのナニ、あのナニは・・・トーとか・・・あっぺね?なんだ・・・その角度とか・・・そのナニはナニしたのけ?」などと聞いてきます。技術的に突っ込んだ問題ですね?何となく言いたいことはわかります。「一応こうすればこうなるだろうと予測をたててて、それらを反映して作りました」と、答えました。あとはシートポジションへの注文や今後の利用方法など、何となく具体的なものが多かったです。考えてみると、レースでの審査員の反応などより審査員っぽい・・・・
一方、おばさんは、こういうときは「へーーー自分で作ったの?器用なんだねえ」という反応。多分ですが、実際に飛ぶジェット戦闘機を持っていったとしても同じ反応だと思います。チタン材が高いことに「ネジ一個で?」と、驚愕しても、「自分で作った」という主張には疑いを持たないはず・・・「アメリカ空軍に採用されたの?頭いいんだねえ・・・」って感じで・・・器用は無敵、器用の全能感、適用範囲がおかしな感じなのが興味深かったです。

 

さらに写真を見ていて気がついたのは、見ている人が笑顔だということです。
さらに写真を見ていて気がついたのは、見ている人が笑顔だということです。Red Bull Box Cart Raceは、サブタイトルに”おバカなレースに大まじめ”を掲げていますが、まずはその「バカなこと」が「よくやるわ」と、その笑顔に関係しているんでしょうね・・・

 

というわけで、なんだかんだ4月からやってきて、長いような短いような「お米たべてー!」TEAMのレッドブルボックスカートレースでしたが、これで終わりです。それではまたお会いする日まで、さようなら!
というわけで、なんだかんだ4月からやってきて、長いような短いような「お米たべてー!」TEAMのレッドブルボックスカートレースでしたが、これで終わりです。

 

 

初めから足跡を辿ってみたい方はこちらのリンクからどうぞ→「お米たべてー!」TEAMのレッドブルボックスカートレース2019

 

それではまたお会いする日まで、さようなら!