ツリガネズイセンとハナニラかなぁ

一面に生えたスギナの中で精一杯背伸びをして咲いています。

外に出かけた帰り、田んぼからちょっと上がったところで紫と白い花を見かけました。

以前も見たことがありますが、ハナニラかなぁ・・・
以前も見たことがありますが、ハナニラかなぁ・・・
フキの日傘で直射日光を避けています。
フキの日傘で直射日光を避けています。
4月 ハナニラの花
以前見たハナニラと判断した花はこのようにシャープな感じでしたが、今回見たものは花びらが膨らんだ感じで、腰がなくクタクタです。

ただ、調べてもハナニラ以上に見た目の近い花がなく、とりあえず「生活態度が悪く、だらしのないハナニラ」ということにしておきます。

ハナニラはウィキペディアによると

ハナニラ(花韮、学名:Ipheion uniflorum (Lindl.) Raf.)は、APG植物分類体系第3版でヒガンバナ科(APG植物分類体系第2版ではネギ科、古い分類のクロンキスト体系ではユリ科)に属するハナニラ属の多年草。イフェイオン、ベツレヘムの星とも呼ばれる。原産地はアルゼンチン。

特徴
日本では、明治時代に園芸植物(観賞用)に導入され、逸出し帰化している。
葉にはニラやネギのような匂いがあり、このことからハナニラの名がある。野菜のニラ(学名Allium tuberosum)とは同じ科の植物であるが、属が違うのであまり近縁とは言えない。
球根植物であるが、繁殖が旺盛で植えたままでも広がる。鱗茎から10-25cmのニラに似た葉を数枚出し、さらに数本の花茎を出す。開花期は春で、花径約3cmの白から淡紫色の6弁の花を花茎の頂上に1つ付ける。地上部が見られるのは開花期を含め春だけである。

とあります。

背が高くこちらのほうが先に目に飛び込んできたのでした。調べてみるとツリガネズイセンとか球根ツリガネソウなどと呼ばれている花じゃないかと思います。
話は変わって紫の花。背が高く、こちらのほうが先に目に飛び込んできたのでした。調べてみるとツリガネズイセンとか球根ツリガネソウなどと呼ばれている花じゃないかと思います。
一面に生えたスギナの中で精一杯背伸びをして咲いています。
一面に生えたスギナの中で精一杯背伸びをして咲いています。

きっと夏だって秋だって花は咲いているでしょう。でも、色の少ない冬に目が慣れているせいか、春先に花を見つけるとちょっとワクっとします。

今日も早めに上がります。それではまた明日!

 

第一回のマニュアル草刈に向けてお膳立て中

滑走路みたいです。田んぼが水に覆われていつもより広く見え、最高の季節です。でも田植えの頃はなぜか寒くなることが多く、陽気までは足並みを揃えてはくれないようです。

ブログに掛けられる時間は決まっているのに、ここのところ超過することが多いので今日はササッと行きます。

スライドモアの草刈りが始まったことは既にお伝えしました。島地区は活動範囲としては茨城県で最小じゃないかと思っていますが(事例発表などを見ても、中山間部を除きほとんどは倍以上・・・島地区より小さな活動体は見たことがありません)、それでも範囲をみな刈るのに3日ほどかかります。
スライドモアの草刈りが始まったことは既にお伝えしました。島地区は活動範囲としては茨城県で最小クラスじゃないかと思っていますが(事例発表などを見ても、中山間部を除きほとんどは倍以上・・・島地区より小さな活動体は見たことがありません)、それでも範囲をみな刈るのに3日ほどかかります。
数年前からスライドモア担当のHさんはきっちりした性格。刈り方が決まっているのでだんだん法面の角が立ってきました。
数年前からスライドモア担当のHさんはきっちりした性格。刈り方が決まっているのでだんだん法面の面が出てその面も通ってきました。
大変きれいになりました。と、いっても刈る前の写真がないのでわかりませんね。今年一発目なので相当伸びていたと想像してください。
大変きれいになりました。と、いっても刈る前の写真がないのでわかりませんね。今年一発目なので相当伸びていたと想像してください。

こうやって機械で刈り、お膳立てを整えて皆でやる刈払機を使っての草刈りに備えているというわけです。もちろん、わざわざ刈り残しを作るわけではなく、機械の届かないところを人間が刈るのですけどね。

滑走路みたいです。田んぼが水に覆われていつもより広く見え、最高の季節です。でも田植えの頃はなぜか寒くなることが多く、陽気までは足並みを揃えてはくれないようです。
滑走路みたいです。田んぼが水に覆われていつもより広く見え、最高の季節です。でも田植えの頃はなぜか寒くなることが多く、陽気までは足並みを揃えてはくれないようです。

昼間もいいですが、夜はもっといいです。植物の生育がバラつくということで田んぼによくない街灯がほとんどないため真っ暗です。

でも時々水面が月明かりでキラキラ光り、遠くに大洗港のナトリウムランプが見え・・・まるでフロリダの空港みたい・・・外からクルマで帰ってきて真っ暗な田んぼ道に曲がると、「ランディングアプローチに入った感」がすごくするんです。

となると大場小学校の坂を降りる時は着陸態勢にはいるために高度を下げる感じでしょうか・・・ローカルな話ですみません。

今日は時間通りに終った感じ・・・働き方改革成功です。それではまた明日!