1 2

水戸市大場町・島地区農地・水・環境保全会について

体制整備構想(案)を作らなきゃならない

水戸市大場町島地区の環境保全会は、「農地・水・環境保全向上対策」(なんだか漢字ばっかりでスミマセン)という国や県や市の施策の補助を受けて行っています。これは(大場町島地区は変則的に3年ですが)、5年間という期限を切って行われていて、ちゃんとその中でロードマップが決まっています。

ロードマップ図

メンドウを見ている間に、体制を整えて自立しなさいということでしょうか。

この「農地・水・環境保全向上対策」は5年の間に、地域の自然や環境や農業について現状を把握し、ボランティア精神や農業のはたしてきた役割を再発見して、将来につながる持続可能な体制なり目標なりを作り上げる事を要求しています。これが体制整備構想(案)です。(もし勘違いしていたら指摘してください)

手引きの写真

しかし、手引きや資料などの書類がこんなに・・・・全貌を理解する頃にはこの取り組み、期限が切れて終わってしまいそうです。

後光の図

我を導きたまえ

僕はこの保全会の書記なので、体制整備構想(案)のさらに案、議論のたたき台を作らなければならないのです。これだけだとどこから手をつけてよいのかボーゼンとしてしまいますが、そこは日本のお役所は優秀です。よくできた作成の手引きなるものがあって、フォーマットに合った書き方がちゃんと書いてあるんです。入れ込むべきその内容はこうなっています。

1共同活動の現状
2将来の体制の見通し
3共同活動の将来像
4地域農業の担い手の育成・確保
5将来展望を実現するために取り組む具体的方策

このシステム全体、誰が考えたのかは分かりませんが本当に良くできていて、確かに現在自分の住む地域にどんな生き物がいて、どんな作物を作っていて、そして里山環境というのでしょうか・・・農業を含めた自然というものを考えさせてくれます。将来どうなってしまうのかな〜ということにも思いを巡らせたりするようにもなりました。

実際に参加していますので、1〜2まではスラスラと行きそうです。3の「共同活動の将来像」まではギリギリ何とか、でも、「4地域農業の担い手の育成・確保」「5将来展望を実現するために取り組む具体的方策」って、国、県、市、町、と下っていって、最小単位で、構成する戸数がすごく少ない地域のコミュニティが取り組むにはテーマが大きいなあ・・・

先輩から後輩へ、親から子へ、情熱の伝承という形で人の確保がなんとかクリアできても、お米が売れないことには将来の展望がひらけません。と、いうことは、みんなに喜んで地域のお米を買ってもらえるような方法を考えればすべて解決!な〜んだ簡単。って、それが一番難しいんですよねえ。

理想の図

作る人と食べる人の間が近くなって、色々と風通しよく意見や要望、提案などがキャッチボールできるようになると、色々変わって良くなるかもしれない。

世の中の人が農業に関心を持って、それでとてもお米を食べたくなって、しかもなるべく近所で買うほうがよいと考えるようになる・・・良い案があったらどなたか教えてください・・・・とりあえず、本年度中に作ればいいらしいので少し考えて見たいと思います。

水戸市大場町・島地区農地・水・環境保全会活動のレポートへ
保全会活動のレポート

水戸市大場町・島地区農地・水・環境保全会について

水戸市大場町・島地区農地・水・環境保全会は、農林水産省が主体となった、農地・水・環境保全向上対策の支援を受けて活動しています。中途ではありますが、昨年6月から参加して、やっと1年近く経ったところです。

農地・水・環境保全向上対策とは

エコ農業茨城も同じですが、農村の10年後を考えたとき今と同じようには行かないだろう・・・という、行政の大きな危機感から始まっているように思います。

島地区には今はまだ大きな問題はないように見えますが、僕が6年前に引っ越してきたように、これからは先は新しい住民が増えるでしょうし、異なる価値観を持つ新旧住民の融和が思うようにはかどらないかもしれませんし、年を取って体が動かなくなればやむを得ず耕作放棄地も増えることもあるでしょう。また、ただでさえ少ない構成人数が事情により減ることもあるかもしれません。そうなったとき、昔から農村社会にあった「結い」「手間替え」といった相互扶助、恊働組織や冠婚葬祭、食事、祭りなど、今までできていたことができなくなってくることは十分考えられます。

確かにそうなると、現在の島地区のこの姿がこのまま、これから先もあるのは難しいかもしれません。やはり、相互扶助・恊働作業は、お互いよく知り合っていて、阿吽の呼吸で足りないところを補い合うことであったり、ある程度の人数を必要としたりすることでしょうから、顔を合わせたり話したりする機会が少なく、意思の疎通がうまく取れない場合や、参加人数が減ればそれも難しくなってきます。

農地・水・環境保全向上対策は、5年間の支援の間に、僕のような農業者業者以外の者を巻込んでの地域自助機能の再構築を求めています。僕が理解するには「5年支援するよ。これをきっかけに5年の間で変化に合わせた継続可能な新たな地域のコミュニティを作ってね。そして、支援が終わってもうまくそのままやっていってね」といったところでしょうか。

水戸市大場町・島地区農地・水・環境保全会活動のレポートへ
保全会活動のレポート

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokaidoujinより[10/21]) みなさん、オハヨウご
  • 当時の熱が並んでる。昔のトラクターのカタログその2・・・「撮りカタログ@土の館」へのコメント (鈴木青龍より[10/19]) あートヨタのトラクタ
  • Special Paintのイーグルデザイン。三菱GA551(かなあ)「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (伊藤産業機械(株)より[10/19]) アメリカ国旗やカナダ
  • スライドモアの草刈りも4年目へのコメント (H2より[10/19]) スライドモアはPTO
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[10/17]) 追伸 今年時間
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[10/17]) noraさんhoka
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (かんとれより[10/16]) この青のラインは、フ
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (かんとれより[10/16]) この青のラインは、フ
  • 80年代の虹。クボタ RAINBOW S1-600SD「田植機考古学」へのコメント (noraより[10/15]) トラクター狂さん こ
  • 80年代の虹。クボタ RAINBOW S1-600SD「田植機考古学」へのコメント (トラクター狂より[10/15]) こんばんは。
  • RED BULL BOX CART RACE 「お米たべてー!」号モデルができるまでへのコメント (noraより[10/15]) ゴンザリオさん 凄い
  • RED BULL BOX CART RACE 「お米たべてー!」号モデルができるまでへのコメント (ゴンザリオより[10/14]) 二回目の書き込みをさ
  • 馬力によってはそんなに変わらないが、年代によってずいぶん変わる。それはヘッドランプ!へのコメント (CRAFTS DESIGNより[10/14]) ミニマリストランプ
  • フィンランド生まれのヴァルトラ、N134Dスマートタッチ続き「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) hyoukou240
  • ISHIKAWAの謎、ついに解明かっ!クボタL240「撮りトラ」へのコメント (noraより[10/11]) おじまさん こんにち
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) H2さん こんにちは
  • FORD6600「撮りトラ」へのコメント (noraより[10/11]) 浜田さんでしょうか、
  • 今度はクボタの希望。レクシアNew Shining Hope HOPE97 「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) H2さん こんにちは
  • フィンランド生まれのヴァルトラ、N134Dスマートタッチ続き「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (hyoukou240mより[10/11]) おはようございます。
  • ISHIKAWAの謎、ついに解明かっ!クボタL240「撮りトラ」へのコメント (おじまより[10/10]) おめでとうございます
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械