トンビは彫りが深い

飛んでる姿はすばらしく整っていますが、止まっている姿はボサボサです。小鳥みたいにぴしっとはしていないのですね。
飛んでる姿はすばらしく整っていますが、止まっている姿はボサボサです。小鳥みたいにぴしっとはしていないのですね。

この季節、毎日見かけるのでどうしてもこのヒトになってしまいます。でも、この日は初めて止まっている姿を見ることができました。大場町島地区は遮るもののない田んぼが広がる平らな土地ですから、トンビにとってはえさ場であり、仕事場で休息の場所ではないのでしょう。止まっている姿はなかなか見ることができないのです。

見ているあいだに何かを見つけたのか、飛び立ちました。大きいなあ。視線はしっかり前を見据えています。
見ているあいだに何かを見つけたのか、飛び立ちました。大きいなあ。視線はしっかり前を見据えています。
止まって休んでいるところを見たことがなかったので、初めて背中側を見ました。背中には紋付の紋はないのですね。
止まって休んでいるところを見たことがなかったので、初めて背中側を見ました。背中には紋付の紋はないのですね。

トンビは彫りが深い

トンビは彫りが深いので眉のあたりが影を落としてちょうどモアイのように見えていましたが、写真を拡大してみると、つぶらな瞳でけっこうかわいい目をしています。
トンビは彫りが深いので眉のあたりが影を落としてちょうどモアイのように見えていましたが、写真を拡大してみると、つぶらな瞳でけっこうかわいい目をしています。
この日は3羽くらいのトビ柱があちこちにできていました。
この日は3羽くらいのトビ柱があちこちにできていました。
飛びながらも下をキョロキョロと見て獲物(なんだかエサではなくて「獲物」と言うのがぴったりですよね?)を探しています。食事をしている姿も捉えてみたいです。
飛びながらも下をキョロキョロと見て獲物(なんだかエサではなくて「獲物」と言うのがぴったりですよね?)を探しています。食事をしている姿も捉えてみたいです。

前回のトンビの記事へ

島地区の生き物の記事へ
島地区の生き物の記事へ

あの人は今・・・(ジュズダマ)

何となく追っかけていて、11月30日まで一応の緑を保っていたジュズダマ。さすがに死んだかな?あの人は今・・・見てきました。

まあ、当然です。しかしなんと息の長いことでしょう。これで一体いつまた芽を出すのでしょうか?
まあ、当然です。しかしなんと息の長いことでしょう。これで一体いつまた芽を出すのでしょうか?
まだ青々としていた運動会の頃のジュズダマ。時のうつろいを感じます。瑞々しい感じですね。
まだ青々としていた運動会の頃のジュズダマ。時のうつろいを感じます。瑞々しい感じですね。
おばあさん(おじいさん?)になって枯れてしまうなんて想像もつかないです。
おばあさん(おじいさん?)になって枯れてしまうなんて想像もつかないです。
さんざんタネを残していたので枯れても本望だと思います。
さんざんタネを残していたので枯れても本望だと思います。11月30日
忙しくしているうちに「ハッ」と気がつくと、いつの間にか枯れてなくなっている。じっと注視してると変化に気がつきにくいが、目を切るとあっという間に通り過ぎていく・・・そんな感じです。何事にも通じそうですね。しかし、長生きをしてさんざんタネも残しているはずなのに、ボーボーになっていないのはなぜでしょう?セイタカアワダチソウや月見草・・・とにかくそんな人たちはあっという間にボーボなのに・・・
忙しくしているうちに「ハッ」と気がつくと、いつの間にか枯れてなくなっている。じっと注視してると変化に気がつきにくいが、目を切るとあっという間に通り過ぎていく・・・そんな感じです。何事にも通じそうですね。しかし、長生きをしてさんざんタネも残しているはずなのに、ボーボーになっていないのはなぜでしょう?セイタカアワダチソウや月見草・・・とにかくそんな人たちはあっという間にボーボなのに・・・

島地区の植物の記事へ
島地区の植物の記事へ