ポルシェイセキTB-20(写真を見せていただきました)

イセキTB-20
のりしおさんに大好きなイセキポルシェの写真を見せていただきました

塗装のツヤものこっていて、40年以上前の機体であることを考えると、新古車か?と、思えるような程度の良さです。大事にされている様子が良くわかります。かわいいし、かっこいいなあ。

仕事をする・・・そのために頑丈に作られているから長持ちするのでしょうか? それとも高価だから大事にされている? トラクターは長生きな感じです。

井関農機株式会社のヰセキトラクタの進化・私とヰセキトラクタの記事から、少し引用させていただくと

イセキTB-20の富士山登頂写真

■初の自社製トラクタTC10そして名機TB20の誕生へ

 ヰセキトラクタの誕生は昭和34年。“チェリートラクタ”と呼ばれたTC10・15型です。ビクターオート社の空冷2サイクルディーゼルは、最新鋭のエンジンでした。  昭和39年、TC型のロータリ作業における弱点を克服したTB15が、翌40年にはTB20が発売されます。川崎航空機工業製の空冷4サイクルディーゼルエンジンは夏冬を通して安定していました。小型・軽量で始動性や走行性能、ロータリ性能に優れ、日本の水田作業への高い適性に注目が集まりました。  昭和41年、秋田県八郎潟でのトラクタ性能テストでは、外国製の大型トラクタが次々に湿田に沈んでいく中で、他を圧倒する性能の高さを実証しました。  翌42年には、京都大学農学部トラクタ研究会がTB20を駆って富士山登頂を敢行。見事に成功を収めた様子が全国に放映され、同機の高い性能が社会に認知されました。

うわ〜!TB-20、名機だったんですね!。そして、興味深い記述が並んでいます。なにより、「外国製の大型トラクタが次々に湿田に沈んでいく」沈んでいくって? 沈んでいくって? 沈んでいくって? 白黒写真がブツブツでよくわからないのが残念!

TB-20はとっても軽そうなところを見ると、馬力があって重い外国製トラクターは、日本の湿田には合っていなかったのかもしれません。それにしても、次々に湿田に沈んでいく・・・見てみたいです。

そして、環境保護が言われる今では考えられない富士山登頂! ブルドーザー道から上がったのでしょうが、日本初でしょうから、おもしろかったでしょうね。これもやってみたいなあ。

TC-10?

その記事の中に、TC-10ってのがあるんですけど、写真が小さくて良くわからない。想像して書いてみました。それからすると、ポルシェディーゼルジュニアみたいなもの?機種名からすると10馬力かなあ。エンジンにカバーをかけて人が乗る感じ。コンパクトで軽そうです。
その記事の中に、TC-10ってのがあるんですけど、写真が小さくて良くわからない。想像して書いてみました。それからすると、ポルシェディーゼルジュニアみたいなもの?機種名からすると10馬力かなあ。エンジンにカバーをかけて人が乗る感じ。コンパクトで軽そうです。

再びTB-20に戻る

エンジンは川崎航空機製 1055ccと書いてあるので、TB-23と排気量は同じですね。馬力は製品名から想像するに、TB-23が23馬力、TB-20が20馬力なのでしょう。空冷ディーゼルなんですね。
エンジンは川崎航空機製 1055ccと書いてあるので、TB-23と排気量は同じですね。馬力は製品名から想像するに、TB-23が23馬力、TB-20が20馬力なのでしょう。空冷ディーゼルなんですね。
TB-20
正面の特徴的なグリルからエアを取り入れてエンジンを冷やすのでしょう
このカタツムリみたいなブロワーで空気を強制的にエンジンに送るんだな・・・きっと
このカタツムリみたいなブロワーで空気を強制的にエンジンに送るんだな・・・きっと
イセキTB-20
オリジナルなのかな?ロゴマークまで残っています。

のりしおさん!ありがとうございました。

モデルがあるっていうのだけれど・・・

ポルシェトラクターのモデル
いいなあこれ
ポルシェトラクターのモデル
これ欲しいなあ プラモデルかしら

schucoのモデルだというのだけれど、WEBサイトを探しても見つかりません。いくら位するものなのでしょう?

こんなものを作っている人も・・・みんな楽しんでますねえ
こんなものを作っている人も・・・みんな楽しんでますねえ

ポルシェトラクターの記事へ
ポルシェトラクターの記事をまとめて見る

トラクターの記事へ
トラクターの記事をまとめて見る

スレートハウスで見つけたクボタL2000DT

ステアリングにある久保田鉄工のマーク・・・なんて書いてあるんだろ。もしかして鉄工(テッコウ)のテ?まわりのギザギザは歯車を表しているのかな?
ステアリングにある久保田鉄工のマーク・・・なんて書いてあるんだろ。もしかして鉄工(テッコウ)のテ?まわりのギザギザは歯車を表しているのかな?

スレート屋根のステキな作業小屋で見つけた、クボタのトラクターL2000DTです。海外のサイトではマイクロトラクターなんて紹介されているみたいですが、4WDのギョロ目ちゃん。L2000DTの「DT」は「Doble Tractor」のDTみたいで、前輪と後輪が駆動する4WDのことを言っているのではないか・・・と想像します。なんと昭和48年(1973年)あたりの年式で、御歳38歳です。

スレート屋根のステキな小屋に入っているクボタトラクターL2000DT
スレート屋根のステキな小屋に入っているクボタトラクターL2000DT

金属でできている機械は、たとえ不動でもどこか動き出しそうな気配が残っています。誰かが手を入れてエンジンに火を入れてくれるのをじっと待っているのかもしれません。

L2000DT
ギョロ目ちゃん
L2000DT
外観は埃をかぶっていても、オイルに浸かったエンジンは生きているかもしれないですもん。手を入れれば動きますよ・・・きっと。
L2000DT 整備の注意書き
初回のオイル交換時期と2回目以降のオイル交換サイクルが違います。アタリが出るまでってことでしょうけど、こういうの、最近見ないですねえ。
L2000DT
すっかり消えちゃってますけど、かろうじてDoble Tractorの文字が見えます。DTはこれの略なのでしょう。
BRIDGESTONE Farm Service LUG Special の文字が読めます。
BRIDGESTONE Farm Service LUG Special の文字が読めます。
でたっ!一度貼ったら二度と抜け出せない、必死ガムテープ! 時間が経つとねちょ〜っとベタベタがはみだして、さらに重ね貼りするはめになるんですよねっ!
でたっ!一度貼ったら二度と抜け出せない、必死ガムテープ! 時間が経つとねちょ〜っとベタベタがはみだして、さらに重ね貼りするはめになるんですよねっ!
LT2000DT
1900時間あまり。シンプルな計器類です。
L2000DT
フロントタイヤはひび割れて空気が抜けちゃってます。

LT2000DT

作業小屋、仕事小屋の記事をまとめてご覧になるにはこちら
作業小屋、仕事小屋の記事をまとめてご覧になるにはこちら

トラクターの記事へ
トラクターの記事

管理人が見たさまざまな農業機械の記事へ
農業機械の紹介記事