新型M7シリーズ?末尾1と末尾2の間違い探し比較クボタM7-172 premium KVT 「撮りトラ@クボタサマーフェア2019」

今日は先日Nさんに誘われて行った、クボタ筑波工場で行われた、関東甲信越クボタグループの「クボタサマーフェア2019」で見た、M7001シリーズの新型なのでしょうか?末尾が2になっているクボタM7-172 premium KVTとM7001シリーズ比較「撮りトラ」です。

 

左:クボタM7-172 premium KVT 右:クボタM7-151premium KVT 全体としてはあまり変わっていないように見えます。ただ、ヘッドライト回りの色味が変わっているそうです。露出や撮影時期で感じが変わってしまうので何とも言えませんが、色味にも注意して見てくださいね!

左:クボタM7-172 premium KVT(末尾2)
右:クボタM7-151premium KVT(末尾1)
全体としてはあまり変わっていないように見えます。ただ、ヘッドライト回りの色味が変わっているそうです。露出や撮影時期で感じが変わってしまうので何とも言えませんが、色味にも注意して見てくださいね!M7-172のほうはMY農機というシステムが付いているので、屋根にアンテナが乗っています。

 

上:クボタM7-172 premium KVT(末尾2) 下:クボタM7-151premium KVT(末尾1) エンブレムの位置や表記の仕方は変わらず。ただ末尾がひっそりと2になっているだけです。

上:クボタM7-172 premium KVT(末尾2)
下:クボタM7-151premium KVT(末尾1)
エンブレムの位置や表記の仕方は変わらず。ただ末尾がひっそりと2になっているだけです。

 

上:クボタM7-172 premium KVT(末尾2) 下:クボタM7-151premium KVT(末尾1) 銘板は大きさが変わっていますね。また末尾2のほうは型式名がM7=で始まっているのに対して、末尾1の型式はM7001で販売型式名のほうでM7151と馬力まで示しています。

上:クボタM7-172 premium KVT(末尾2)
下:クボタM7-151premium KVT(末尾1)
銘板は大きさが変わっていますね。末尾2のほうは型式名がM7=172で始まって、既に馬力まで表しているのに対して、末尾1では型式はM7001となっていて、販売型式名のほうでM7151と馬力を示しています。

 

左:クボタM7-172 premium KVT 右:クボタM7-151(premium KVTかどうかわからず) フロントリンケージ比較です。また、ヘッドライト回りの部品の色、下のライト回りの色が末尾2のほうが黒っぽい感じです。

左:クボタM7-172 premium KVT(末尾2)
右:クボタM7-151(末尾1 premium KVTかどうかわからず)
フロントリンケージ比較です。また、ヘッドライト回りの部品の色、下のライト回りの色が、若干色が転んでいるのを差し引いても末尾2のほうが黒っぽい感じです。

 

上:クボタM7-172 premium KVT(末尾2) 下:クボタM7-151premium KVT(末尾1) そのフロントリンケージの銘板です。上、2019年モデル。下、2016年モデルと違いが見られます。

上:クボタM7-172 premium KVT(末尾2)
下:クボタM7-151premium KVT(末尾1)
そのフロントリンケージの銘板です。上、2019年モデル。下、2016年モデルと違いが見られます。

 

左:クボタM7-172 premium KVT 右:クボタM7-151premium KVT 作業灯関係。一番下の作業灯がLED化されています。右のM7-151の作業灯は曇ってきていますね。

左:クボタM7-172 premium KVT(末尾2)
右:クボタM7-151premium KVT(末尾1)
作業灯関係。一番下の作業灯がLED化されています。右のM7-151の作業灯は曇ってきていますね。

 

左:クボタM7-172 premium KVT(末尾2) 右:クボタM7-151premium KVT(末尾1) ミラーはどちらも昨日の『新型M7シリーズ?末尾が2になってる!クボタM7-172 premium KVT 「撮りトラ@クボタサマーフェア2019」』で紹介した、SMART NORDの製品ですが、よりゴージャスになっています。

左:クボタM7-172 premium KVT(末尾2)
右:クボタM7-151premium KVT(末尾1)
ミラーはどちらも昨日の『新型M7シリーズ?末尾が2になってる!クボタM7-172 premium KVT 「撮りトラ@クボタサマーフェア2019」』で紹介した、SMART NORDの製品ですが、よりゴージャスになっています。

 

上:クボタM7-172 premium KVT(末尾2) 下:クボタM7-151premium KVT(末尾1) フェンダーについている操作スイッチ。どこがどう違っているのか僕にはわかりませんが、レイアウトと個数が変わっています。

上:クボタM7-172 premium KVT(末尾2)
下:クボタM7-151premium KVT(末尾1)
フェンダーについている操作スイッチ。どこがどう違っているのか僕にはわかりませんが、レイアウトと個数が変わっています。

 

上:クボタM7-172 premium KVT(末尾2) 下:クボタM7-151premium KVT(末尾1) この順番で良いか自信がありません。ステップの後ろに見えているごちゃごちゃしたもの・・・変更になっています。新型のほうはどこかへ移動したのでしょうか?

上:クボタM7-172 premium KVT(末尾2)
下:クボタM7-151premium KVT(末尾1)
この順番で良いか自信がありません。ステップの後ろに見えているごちゃごちゃしたもの・・・変更になっています。新型のほうはどこかへ移動したのでしょうか?

 

 

左:クボタM7-172 premium KVT(末尾2) 右:クボタM7-151premium KVT(末尾1) この部分、どこが違うのか僕はユーザーではないのでよくわかりません。しかし、ぱっと見にはずいぶん違うように見えます。あ!後ろの作業灯、クボタM7-172のほうはLEDになっています。

左:クボタM7-172 premium KVT(末尾2)
右:クボタM7-151premium KVT(末尾1)
この部分、どこが違うのか僕はユーザーではないのでよくわかりません。しかし、ぱっと見にはずいぶん違うように見えます。あ!後ろの作業灯、クボタM7-172のほうはLEDになっています。

 

左:クボタM7-172 premium KVT(末尾2) 右:クボタM7-151premium KVT(末尾1) ここは僕の中では宇宙の世界なので、みなさん独自に間違い探ししてみてください。

左:クボタM7-172 premium KVT(末尾2)
右:クボタM7-151premium KVT(末尾1)
ここは僕の中では宇宙の世界なので、みなさん独自に間違い探ししてみてください。

 

上:クボタM7-172 premium KVT(末尾2) 下:クボタM7-151premium KVT(末尾1) タイヤはブリヂストンとミシュランの違い。

上:クボタM7-172 premium KVT(末尾2)
下:クボタM7-151premium KVT(末尾1)
タイヤはブリヂストンとミシュランの違い。

 

上:クボタM7-172 premium KVT(末尾2) 下:クボタM7-151premium KVT(末尾1) タイヤはブリヂストンとミシュランの違い。

上:クボタM7-172 premium KVT(末尾2)
下:クボタM7-151premium KVT(末尾1)
タイヤはブリヂストンとミシュランの違い。

 

上:クボタM7-172 premium KVT(末尾2) 下:クボタM7-151premium KVT(末尾1) 燃料タンク形状がM7-172 のほうはRがやさしくなって、タイヤの逃げも少なくなっているような気もするのですが、撮った角度でそう見えているだけかもしれません。

上:クボタM7-172 premium KVT(末尾2)
下:クボタM7-151premium KVT(末尾1)
燃料タンク形状がM7-172 のほうはRがやさしくなって、タイヤの逃げも少なくなっているような気もするのですが、撮った角度でそう見えているだけかもしれません。

 

左:クボタM7-172 premium KVT(末尾2) 右:クボタM7171(末尾1) 右は貴重なハイフン無しのM7171です。

左:クボタM7-172 premium KVT(末尾2)
右:クボタM7171(末尾1)
右は貴重なハイフン無しのM7171です。

 

上:クボタM7-172 premium KVT(末尾2) 下:クボタM7-171premium KVT(末尾1) 下はハイフンありのM7-171。 以上、末尾1と末尾2の間違い探し比較でした。他に違っているところに気がついたら教えてくださいね!

上:クボタM7-172 premium KVT(末尾2)
下:クボタM7-171premium KVT(末尾1)
下はハイフンありのM7-171。
以上、末尾1と末尾2の間違い探し比較でした。他に違っているところに気がついたら教えてくださいね!

 

「お米たべてー!」TEAMに1票お願いしますっ!

 

前回、「都会の人にはクラフト紙の米袋がピンとこなかった」という反省点を元に、誰もがひと目でわかる「おにぎり」「rice ball」で訴えてみようと思いました。北陸で地震がありましたけど、物資の輸送が止まっても保存の効く米は有効です。やっぱり、みんながお米を食べなくなって、田んぼがなくなってしまったら、非常時だって困ります。

前回、「都会の人にはクラフト紙の米袋がピンとこなかった」という反省点を元に、誰もがひと目でわかる「おにぎり」「rice ball」で訴えます。今回「お米たべてー!」TEAMのカート名は『おむすびころりん』。地震で物資の輸送が止まっても保存の効く米は有効です。みんながお米を食べなくなって、田んぼがなくなってしまったら、非常時だって困ります。一人一人が一日おにぎりを一つ食べるだけだってかなり違うはず。というわけで、現在受付中の人気投票で「お米たべてー!」TEAMに投票をお願いします!

 

 

 

 

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: https://oba-shima.mito-city.com/2019/08/20/kubota_m7-172_premium_kvt-2/trackback/