顔の裏側!!クボタSL450「撮りトラ」その2@クボタサマーフェア2019

今日は先日Nさんに誘われて行った、クボタ筑波工場で行われた、関東甲信越クボタグループの「クボタサマーフェア2019」で見た新型スラッガークボタSL450「撮りトラ」その2です。

 

新型スラッガーSL450です。 大注目の新商品と書いてあります。この写真と似たようなポジションの旧型写真を探してきて比べてみましょう。

新型スラッガーSL450です。
価格などは表示されていず、フロントガラスに貼ってあるのは消費税関係のチラシ・・・消費税8%の適用は2019年9月30日納品分までです。ご契約だけでは適用されません。とあります。さらに700万円クラスの商品は、9/30を境に消費税2%アップ分が約14万円となることが書かれています。

 

消費税に合わせ、型番も10倍値上げで3ケタに・・・

消費税に合わせ、型番も10倍値上げで3ケタに・・・

 

クボタSL450 三菱と同じように印象を大きく変えることに成功しています。

クボタSL450
三菱と同じように印象を大きく変えることに成功しています。

 

クボタSL450 カッコイイヘッドランプが付いて少し値段も上がるのでしょうか・・・クボタのバッジ、凹面のボウル状になっているように見えます。そう言えばM7シリーズのバッジは裏が抜けてグリルのアミアミが見えてましたし、同じように見えても大きさや形が少しずつ違うのですね。

クボタSL450
カッコイイヘッドランプが付いて少し値段も上がるのでしょうか・・・クボタのバッジ、凹面のボウル状になっているように見えます。そう言えばM7シリーズのバッジは裏が抜けてグリルのアミアミが見えてましたし、同じように見えても大きさや形が少しずつ違うのですね。

 

クボタSL450 ただのメッシュをプレスしたわけではなく、目のまわりを器用に避けた非常に繊細なグリルでした。

クボタSL450
ただのメッシュをプレスしたわけではなく、目のまわりを器用に避けた非常に繊細なグリルでした。パンチングの穴も奥へ向かって小さくなり、透け過ぎず、のっぺりし過ぎずの微妙な塩梅になっています。

 

クボタSL450 裾の広がった鼻筋が上へ行くほど狭まり、眉間のから逆に狭まったあたりで交差。さらに目頭の切れ目とも交わって、見る人の視線がちょうどクボタのバッジのあたりに集中します。旧型に比べると目があちこちフラフラしない顔になっています。

クボタSL450
裾の広がった鼻筋が上へ行くほど狭まり、眉間のから逆に狭まったあたりで交差。さらに目頭の切れ目とも交わって、見る人の視線がちょうどクボタのバッジのあたりに集中します。旧型に比べると目があちこちフラフラしない顔になっています。

 

クボタトラクター「スラッガー」SL54HCQMANP 価格¥6,422,760 ★54馬力 ★特殊自動車3次排ガス規制に適合する最新ディーゼルエンジン ★高い伝導効率とスムーズな無段変速、デュアルドライブトランスミッション(C仕様) ★クボタスマートアグリシステム(KASAS)標準装備 ★ドロつき防止タイヤ

SL54と比べると一目瞭然ですね!グリルがのっぺりしているんで、視線が右の目と左の目を行ったり来たりしちゃいます。

 

クボタSL450 で、注目の顔を持ち上げます。すごく鼻が高くなったと見えましたが、実際はこんな感じ。ほんのちょっとだけ鼻を持ち上げて、ほんのちょっとだけ目をくぼませた・・・その差で高い鼻をつくり出していたのですねえ・・・お見事!

クボタSL450
で、注目の顔を持ち上げます。
すごく鼻が高くなったと見えましたが、実際はこんな感じ。ほんのちょっとだけ鼻を持ち上げて、ほんのちょっとだけ目をくぼませた・・・その差で高い鼻をつくり出していたのですねえ・・・お見事!

 

クボタSL450 注目の裏側はこうなっています。わりとスッキリしてますね。ただの穴開きに見えるグリルですが、裏から見ると格子状にラインが見えます。補強的役割なのでしょうか・・・前からは全くわかりませんでした。

クボタSL450
注目の裏側はこうなっています。わりとスッキリしてますね。ただの穴開きに見えるグリルですが、裏から見ると格子状にラインが見えます。補強的役割なのでしょうか・・・前からは全くわかりませんでした。

 

クボタSL450 残りは単発的な写真

クボタSL450
残りは単発的な写真

 

こんなの今まで貼ってなかったような気がする・・・ この機械は通信機器が搭載されています。 機械の位置・稼働情報をクボタ取扱店とクボタグループで共同利用していることをご承知おきください。ご不明な点がございましたら、下記までお電話ください。 とあります。おー!コマツの建機とかレクサスみたいですね。こういった情報が次のビジネスに繋がるのでしょう。

こんなの今まで貼ってなかったような気がする・・・

この機械は通信機器が搭載されています。
機械の位置・稼働情報をクボタ取扱店とクボタグループで共同利用していることをご承知おきください。ご不明な点がございましたら、下記までお電話ください。

とあります。おー!コマツの建機とかレクサスみたいですね。こういった情報が次のビジネスに繋がるのでしょう。

 

(さらに…)

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/09]) それと、今月末に英国
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/09]) noraさんando
  • 1965〜1967年(多分)FORD4000メジャー「撮りトラ」へのコメント (象印より[12/08]) 3気筒ディーゼルです
  • 当時の感覚で1200万円!37馬力のナフィールドユニバーサル3・・・「撮りトラ」へのコメント (森本隆志より[12/06]) 懐かしいですね、日本
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[12/03]) ご無沙汰しています。
  • 2002年生まれ。ポット乗用6条田植機、みのるRXC-6へのコメント (houkou240mより[12/03]) おはようございます
  • 光や音で伝える、コミュニケーションを変える技術その3「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (hyoukou240mより[11/17]) おはようございます。
  • 光や音で伝える、コミュニケーションを変える技術その3「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (山葵より[11/16]) 左の木箱が誘導コイル
  • プロトタイプは韓国製!クボタ・コンバインDIONITH DR6130S(2019年新春、プルモデルチェンジ予定!)@ダイナミックフェア2018へのコメント (匿名より[11/03]) 訂正はしていますがこ
  • ほぼ半世紀前!三菱耕耘機カタログ「昔のカタログシリーズ」へのコメント (カントリーボーイより[10/29]) クボタの耕運機でコメ
  • ミニチュアはベター、フルサイズはベスト。1977(昭和52)年生まれ(多分)日の本ベストE28「撮りトラ」へのコメント (伊藤産業機械(株)より[10/24]) 日の本のMB型は、何
  • 四角いのはいいぞ!クボタトラクタM1-65・・・「撮りトラ」へのコメント (能宗 勇治より[10/22]) トラクターのヒッチの
  • L35R、でもL35としか書いていない。昭和42年(1967年)生まれクボタL35R「撮りトラ」へのコメント (ビリーより[10/19]) こんにちは、左のヤン
  • クルマじゃなくてトラクターそのもの「ウィリス・ジープ追加撮りトラ@土の館」へのコメント (匿名より[10/12]) これのエンジンは、ガ
  • 「お米たべてー!」TEAMはゼッケン8。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (H2より[10/10]) 今回は出走順を見つけ
  • 世界最速の『おにぎり』(多分)#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) 好きな具は昆布さん 
  • 「お米たべてー!」TEAMはゼッケン8。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) H2さん こんにちは
  • さあ、仕上げよう!「お米たべてー!」TEAM、ボックスカートのつくりかた。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) ゴンザリオさん こん
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[10/09]) hokaidouji
  • 世界最速の『おにぎり』(多分)#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (好きな具は昆布より[10/08]) ファステストおめでと
  • タグクラウド

    クボタトラクター テーマからかなりはずれてるかも トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 農業機械