50だけでなく30もあった!コマツWD30「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」

今日はこんなところです。また明日!

今日はhokkaidoujinさんにお招きいただき行ってきた、第34回国際農業機械展in帯広で行なわれていたオールドトラクター保存会による「クラシックトラクター展」で見た、コマツ WD30「撮りトラ」です。

 

第34回国際農業機械展in帯広では国内外農業機械メーカーの新品展示が行なわれていたわけですが、このようにオールドトラクターも展示されていたのでした。
第34回国際農業機械展in帯広では国内外農業機械メーカーの新品展示が行なわれていたわけですが、このようにオールドトラクターも展示されていたのでした。

 

ブルドーザーと同じ、黄色のコマツWD30です。とてもきれいな色に塗られ、レストア済みの機体です。
ブルドーザーと同じ、黄色のコマツWD30です。とてもきれいな色に塗られ、レストア済みの機体です。きれいすぎて形のおもしろさしかわかりません。

 

機種名:小松トラクタ 形式・仕様:WD-50 50馬力
というわけで、以前スガノ農機「土の館」で見た、小松製作所のトラクター、コマツWD50と比較しながら見ていきます。WD30単体で見るとすごくWD50に似ていると思ったのですが、こうやって直接比べると相当WD50のほうがいかついです。そこにあったキャプションによれば、

機種名:小松トラクタ
形式・仕様:WD-50 50馬力
製造社・国‥小松製作所 日本
導入年度:1961(昭和36)年
使用経過:国産大型トラクタの初期第1号機。
江別市、町村牧場で使用後、和田が永年使用していたもの。生産台数は少数であった。

 

これ以外に昭和30年代の国産大型トラクターは土の館にありませんでした。日本最初の大型トラクターがG40均土機を作っていた小松製作所だったのも納得です。

 

コマツWD30 色がキレイなので見分けはつきますね!WD50は50馬力のトラクターでしたが、このWD30は型式からもわかるように30馬力のようです。
コマツWD30 色がキレイなので見分けはつきますね!WD50は50馬力のトラクターでしたが、このWD30は型式からもわかるように30馬力のようです。

 

コマツWD30 銘板が目立つところについています。DATEは37 9とだけ・・・多分、37年9月ということでしょう。昭和37年といえば1962年ということになります。
コマツWD30 銘板が目立つところについています。DATEは37 9とだけ・・・多分、37年9月ということでしょう。昭和37年といえば1962年ということになります。

 

機種名:小松トラクタ 形式・仕様:WD-50 50馬力
コマツWD50 こちらの製造年月は1962年2月ということになっています。WD50のほうがほんのちょっとだけお兄さん。

 

コマツWD30 オイルバスフィルターの形が特徴的です。
コマツWD30 オイルバスフィルターの形が特徴的です。

 

機種名:小松トラクタ 形式・仕様:WD-50 50馬力
コマツWD50 思い出しました!これ相当デカかったです。WD30とは社書くが全く違いました。WD30はエンジン、ミッションがフレームの役目をしている、わりと先進的な構造なのに対し、WD50はフレームにエンジンが載っています。たった数ヶ月しか違わないはずなのに、ずいぶんこちらは古くさい感じです。

 

コマツWD30 リヤリンケージです。
コマツWD30 リヤリンケージです。

 

機種名:小松トラクタ 形式・仕様:WD-50 50馬力
コマツWD50 さすがにゴツいです。全然違うんですねえ・・・

 

“50だけでなく30もあった!コマツWD30「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」” の続きを読む