ピボットフェンダーはLODIちゃんじゃなかった。New Holland T8.435「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」

しかし今回はいつも見るLODIちゃんとは違い、大きく、少し無骨な形状です。

今日はhokkaidoujinさんにお招きいただき行ってきた、第34回国際農業機械展in帯広で見た、ニューホランドのT8シリーズ、巨大なハーフクローラトラクター(ハーフという言葉が似つかわしくないですが)T8.435「撮りトラ」続きです。

 

写真、まだあるので続きます。
New Holland T8.435は、6気筒8.7リッターFPT(フィアット・パワートレイン・テクノロジーズ) Cursor 9エンジン、最大435馬力/定格380馬力、重量は11トンを越えるバケモノです。そして、今日注目するのはこの写真でもわかるように、ハンドルを切ってもフェンダーがボディに当たらない、ピボットフェンダーです。

 

New Holland T8.435です。比較対象物がないと大きさが全くわからないと思いますが、これだけでも「カタマリ感」はわかってもらえると思います。何もかもが太ク大きい・・・
このショットでもそうですが、前輪の先端はこちらを向こうとしているのに、フェンダーの先端はそれほどでもありません。前輪の向きと同じにフェンダーが追従してしまうと、フェンダーの後ろ側がボディに当たってしまうため、避けているのです。

 

その極々狭いピボットフェンダー界を席巻しているのがLODI

 

やっぱりLODIでした。ロゴも全然違います。見つからないわけです。
JDやNH、CLAAS、クボタM7シリーズ・・・etcに採用されているLODIちゃん!寡占状態じゃないですか!!

 

ロディという1958年創業のイタリアはファッブリコというところにあるmechanical carpentryの会社でした。このmechanical carpentryというのを翻訳サイトで翻訳すると、「機械的な木工」と出てきちゃうんですが、想像するに、木工ではなく、形になった製品というより、機械の骨格的なものを作るというイメージなんじゃないかな・・・と思います。
ロディは、1958年創業のイタリアはファッブリコというところにある、mechanical carpentryの会社でした。このmechanical carpentryを翻訳サイトで翻訳すると、「機械的な木工」と出てきちゃいます。想像するに形になった製品ではなく、機械の骨格的なものを作るというイメージなんじゃないかな(もちろん木工などではなく)・・・と思います。

 

ロディちゃん!これも確かイタリア生まれちゃなかったかな?
なぜこれを僕がロディちゃんと呼んでいるかというと、このイタリア製のオモチャ、RODYを僕が元々「ロディちゃん」と呼んでいたからなんです。(超個人的な理由。しかも綴りが違うし。)

 

ものすごく丈夫なゴムっぽいプラスチックのオモチャ。そういえばイタリアってプラスチック製品に強いですよね。なにかそのような素地があったのでしょうか?

でも、今回はどうやらLODIではなさそうです。

 

しかし今回はいつも見るLODIちゃんとは違い、大きく、少し無骨な形状です。
しかし今回はいつも見るLODIちゃんとは違い、大きく、少し無骨な形状です。

 

鋳物の皿の上に径の大きなバネがあって、それにフェンダーのベースが止められた形。
鋳物の皿の上に径の大きなバネがあって、それにフェンダーのベースが止められた形。

 

ビンゴ!同じマークです!クボタ、JD、NH・・・みんな同じピボットフェンダーシステムを採用しています!
New HollandT6.160についていたLODIのピボットフェンダー。New Holland T8.435のようにむき出しではなく、ピボット部の径は小さいですが、鋳物のケースで洗練されている感じです。

 

マニュアルフォーカスでもう一枚。
こちらはランボルギーニSPARK165VRTについていたLODIちゃん。

 

ピボットフェンダーはJDやNH、クボタM7シリーズ・・・etcに採用されているLODIちゃん!
CLAAS ARION 650にもLODIちゃん!

 

T8.435のピボットフェンダーに戻ります。形は悪けど、すごくシンプルです。
T8.435のピボットフェンダーに戻ります。形は悪いけど、すごくシンプルです。

 

自前で作られちゃったのかなあ・・・もしそうだとしたら下請け部品メーカーはは辛いです。
自前で作られちゃったのかなあ・・・もしそうだとしたら下請け部品メーカーはは辛いです。

 

その他、気になった部品

 

まずは工具箱。金属製の丈夫そうなもの。「足を掛けるな」との注意書きですが、これ、絶対足を掛けます。多分、足を掛けても大丈夫なようになっていると思います。工具箱が潰れちゃうだけで・・・
まずは工具箱。金属製の丈夫そうなもの。「足を掛けるな」との注意書きですが、これ、僕だったら絶対足を掛けます。多分、足を掛けても大丈夫なようになっていると思います。工具箱が潰れちゃうだけで・・・

 

頭の四角いピン。こういう細かいところ、いい感じです。
頭の四角いピン。こういう細かいところ、いい感じです。

 

燃料タンクキャップ。鍵がかかるようになっていますが、燃料タンクがポリタンクになってからは魅力的な形のものがなくなりました。
燃料タンクキャップ。鍵がかかるようになっていますが、燃料タンクがポリタンクになってからは魅力的な形のものがなくなりました。

 

エアスクープ。メッシュが大きく、中が透けて見えていい感じです。
エアスクープ。かなり上のほうにあるので詰まることを考えなくてよいせいなのか、メッシュが大きく、中が透けて見えていい感じです。

 

前輪の内側あたりにTRACT airのロゴの入った何かの部品が・・・
前輪の内側あたりにTRACT airのロゴの入った何かの部品が・・・

 

調べてみるとエアブレーキシステムの会社でした。
調べてみるとエアブレーキシステムの会社でした。

 

TractAirはイギリスに本拠を置く、1985年創立のグローバル市場向け、特殊用途のエアブレーキシステムの会社。
TractAirはイギリスに本拠を置く、1985年創立のグローバル市場向け、特殊用途のエアブレーキシステムの会社でした。

 

ニューホランドT8.435、ざっとこんなところです。
ニューホランドT8.435、ざっとこんなところです。

 

えっ!????今日はもう大晦日??? 何か間違っている・・・・それではまた明日・・・・といったらもう来年ですね!

 

それではよいお年を!!!

 

 

 

 

 

 

フェントFENDT 828 Vario(ペダルカー)with ラインハルト・ソニックセンサー「撮りトラ?@第34回国際農業機械展in帯広」

う〜〜〜ん いかにも走りそう

今日はhokkaidoujinさんにお招きいただき行ってきた、第34回国際農業機械展in帯広で見た、フェントFENDT 828 Vario(ペダルカー)にラインハルトのソニックセンサーが付いたもの「撮りトラ?」です。

 

これを見たときは近所に説明はなく「なんだ?なんだ?」という感じ。初めのうちはドローン的に無人で何か作業をするものだと思ってみたりもしたのですが、今調べてみると、どうも説明用の模型のように思えます。これ、走らせるとしたら足で漕がなくちゃならないですもん・・・
これを見たときは近所に説明はなく「なんだ?なんだ?」という感じ。当初はドローン的に無人で何か作業をするものだと思ってみたりもしたのですが、今調べてみると、どうも説明用の模型のように思えます。これ、走らせるとしたら足で漕がなくちゃならないですもん・・・

 

僕がいいかげんに理解しているかもしれませんが、ラインハルトという会社による超音波センサー単体、もしくは超音波センサーとGPSを組み合せによる自動運転(畦や作物に沿ってトラクターを走らせる)のデモ機のようです。
僕がいいかげんに理解しているかもしれませんが、ラインハルトという会社による超音波センサー単体、もしくは超音波センサーとGPSを組み合せによる自動運転(畦や作物に沿ってトラクターを走らせる)のデモ機のようです。

 

ペダルカーの作りとしては、ギリギリ大人も我慢できる感じ。絶妙なさじ加減で、これならきっと子供もダマされてくれます。
ペダルカーの作りとしては、ギリギリ大人も我慢できる感じ。絶妙なさじ加減で、これならきっと子供もダマされてくれます。いろいろと補機が付いているのでソニックセンサー自体は動くのかなあ・・・

 

写真の機種と若干違うこともあるのかもしれませんが、農研機構の登録によると 年度 2011 安全鑑定番号 36126 型式名 F828VARIOS3B 販売名 依頼者 エム・エス・ケー農業機械株式会社 主な仕様 4輪駆動 機関207kW{282PS}/1800rpm 6.056L 希望小売価格:24900 (千円) 鑑定の対象に含めたアタッチメント等 装着キャブ・フレーム (合格番号) FENDT 835.810(211026) となっています。282馬力のモンスターなんですね!
こちらは僕が同じく、第34回国際農業機械展in帯広で見た、フェントFENDT 828 Vario 特長を良くペダルカーに映していますよね!

 

動かないだろう・・・と思いつつも、それにしてはいろいろと付いているものは「本気」を醸し出しています。背中に背負っている銀色の箱はなんでしょうか? 動かなくていいならこんなものつけなくたって良さそうなものですけど・・・バッテリーかなあ。
動かないだろう・・・と思いつつも、それにしてはいろいろと付いているものは「本気」を醸し出しています。背中に背負っている銀色の箱はなんでしょうか? 動かなくていいならこんなものつけなくたって良さそうなものですけど・・・バッテリーかなあ。

 

ハンドル左側のウレタンのホイールが気になります。なんだろう・・・これとハンドルの間に腕をはさんで強制自動運転とか・・・
ハンドル左側のウレタンのホイールが気になります。なんだろう・・・これとハンドルの間に腕をはさんで強制自動運転とか・・・!?

 

センサー自体はこのようなものです。ハードディスクみたいですが、それよりは3まわり程大きい。
センサー自体はこのようなものです。ハードディスクみたいですが、それよりは3まわり程大きい。

 

う〜〜〜ん いかにも走りそう
う〜〜〜ん
いかにも走りそう

 

実際にはこのように使うようです。この作物と作物の間に車輪を通すわけですね!なかなか繊細な作業です。これは確かに自動運転したいです。
実際にはこのように使うようです。この作物と作物の間に車輪を通すわけですね!なかなか繊細な作業です。これは確かに自動運転したいです。

 

たとえ葉っぱがこちらに傾いていて、センサーに触れてもこのように真ん中を通せるのですか・・・
たとえ葉っぱがこちらに傾いていて、センサーに触れてもこのように真ん中を通せるのですか・・・

 

色々動画も上がっていました

 

↑枯れた作物が畦に覆い被さっていてもちゃんと畦を認識するんですねえ・・・

 

このようにマーカーを読んで自動運転できるってことですよね?もし、これが田んぼで使えたら田植えも楽になるよなあ・・・
このようにマーカーを読んで自動運転できるってことですよね?もし、これが田んぼで使えたら田植えも楽になるよなあ・・・

 

今日はこんなところです。また明日!