超腰高の電話ボックス。眉間にTのクボタグレイツ乗用管理機GT21「撮りトラ@スプリングフェア2018」

この展示会で一番気に入ったのはこれです。クボタグレイツ乗用管理機GT21QB(キュービックボックス)&HW(ハイクリアランスワイド)

今日はOさんとMさんに誘われて行った春の農業機械&生産資材展示会「スプリングフェア2018」で見た超腰高+電話ボックスのクボタトラクター、GT21「撮りトラ」です。

 

この展示会で一番気に入ったのはこれです。クボタグレイツ乗用管理機GT21QB(キュービックボックス)&HW(ハイクリアランスワイド)
この展示会で一番気に入ったのはこれです。クボタグレイツ乗用管理機GT21QB(キュービックボックス)&HW(ハイクリアランスワイド)ううむ。これには惹かれる。

 

屋根の切り替えといい、窓のモールといい、電話ボックスをモチーフにしたとしか思えないです。
屋根の切り替えといい、窓のモールといい、電話ボックスをモチーフにしたとしか思えないです。

 

QBはQUBIC BOXの略
QBはQUBIC BOXの略

 

HWはHIGH CLEARANCE WIDE
HWはHIGH CLEARANCE WIDE

 

電話ボックス・・・ワイパー付
電話ボックス・・・ワイパー付

 

ちょっとわかりにくいですが、銘板にはクボタ乗用管理機と書いてあるんです。
ちょっとわかりにくいですが、銘板にはクボタ乗用管理機と書いてあるんです。

 

中古機で売っていたのでした。クボタ GT21ZQ3BSMP 中古現状価格 ¥1,000,000 使用時間 1216時間 現状品
中古機で売っていたのでした。クボタ GT21ZQ3BSMP 中古現状価格 ¥1,000,000 使用時間 1216時間 現状品

 

このタイヤは、以前『GREATS(グレイツ?略してGT)なんてあったんだ! クボタトラクターGT-5「撮りトラ」』で見たGT-5についていましたね!

 

農研機構の登録ではクボタGT-5は1992年の登録。クボタ取説サイトで調べると、エンジンは水冷4サイクル4気筒ディーゼル(New TVCS)23馬力/2600rpmとなっています。車名からは馬力がわからないシンプルなネーミングになっています。
こちらはクボタGT-5です。農研機構の登録ではクボタGT-5は1992年の登録。クボタ取説サイトで調べると、エンジンは水冷4サイクル4気筒ディーゼル(New TVCS)23馬力/2600rpmとなっています。車名からは馬力がわからないシンプルなネーミングになっています。きっとこのタイプは乗用管理機と呼ばれているのでしょう。

 

ここでちょっと一休み。小さい全部付ということでは、以前これを紹介しました。クボタGT23。名前といいギュッと詰まった感といいなかなかいいです。
それから電話ボックスといえば2011年のダイナミックフェアで見た。クボタGT23。これもQB(キュービックボックス)だったんですね。腰高管理機もいいけど、この四角いパワクロもいいです。

 

クボタグレイツGT21乗用管理機に戻ります

 

 

クボタグレイツGT21乗用管理機 トラクターとはまた別の乗り物ですね。
クボタグレイツGT21乗用管理機 トラクターとはまた別の乗り物ですね。

 

背が高いだけあって、縦位置の写真が多く場所ばかりとってごめんなさい。この展示会で一番気に入ったトラクターだったので、写真もものすごく多いです。
背が高いだけあって、縦位置の写真が多く場所ばかりとってごめんなさい。この展示会で一番気に入ったトラクターだったので、写真もものすごく多いです。

 

リヤのランプを見ています。
リヤのランプを見ています。

 

珍しくCATEYE社製のリフレクターとストップランプ。
珍しくCATEYE社製のリフレクターとストップランプ。

 

“超腰高の電話ボックス。眉間にTのクボタグレイツ乗用管理機GT21「撮りトラ@スプリングフェア2018」” の続きを読む