「田植機考古学」クボタの田植機樹形図は思ったよりずっと複雑だった。ブルトラアタッチメントSPR600「昔のカタログ」

怒濤の灼熱展示会巡りの週末が終わりました。MさんNさんありがとうございます。

といっても今日は展示会のおはなしではなく、北海道の中古ヤード。andoさんやhokkaidoujinさんと見た、初めは田植機アタッチメント付きだと思ったクボタトラクターブルトラB5000の「撮りトラ」です。

先日の『田植機と思ったけど、よく見たら違った。クボタブルトラB5000+アタッチメント@「撮りトラ」』の記事で新たな事実が判明してしまいました。

クボタブルトラB5000はtractordata.comによると1973年1977年。クボタ500cc2気筒ディーゼル9馬力。
クボタブルトラB5000はtractordata.comによると1973年1977年。クボタ500cc2気筒ディーゼル9馬力。

ブルトラについてはブルトラのタグばかりをソートしたリンク『クボタブルトラB5000+田植機アタッチメントの一部・・・「撮りトラ」』に詳しいのでそちらを見てくださいね。

ブルトラ田植機アタッチメントにはSPR600とSPR6000があった!

保全会フェイスブックのほうの投稿になんとブルトラ田植機アタッチメントのカタログの写真を寄せてくれた方がいたんです!

というわけ「田植機考古学」+「昔のカタログ」シリーズ、行ってみます!

ブルトラの頃のカタログと同じ体裁でクボタ乗用田植機、乗用6条植 SPR600とあります。
ブルトラの頃のカタログと同じ体裁でクボタ乗用田植機、乗用6条植 SPR600とあります。

カタログにはこうあります

●初めて出現!乗る田植機

冷たい泥水ともこれでお別れ。
乗ったままのすばらしい快適作業を
おお届けする、乗用田植機の出現です。
その作業スピードは歩行タイプのなんと2倍以上!
そのほか数々の驚くべき機能を満載して、
クボタからわが国初のデビューです。

この型番に注目です。SPR600です。以前ヤフオクで見た田植機アタッチメントはこれと少し違い、そのために北海道で見た冒頭の写真のブルトラは田植機ではないと思っていたのでした。

僕が北海道で見たブルトラにそっくりです。これはSPR600だったんだなあ・・・
僕が北海道で見たブルトラにそっくりです。これはSPR600だったんだなあ・・・
残念ながら田植機部分が欠品で、そのために色々遠回りしたわけです。
残念ながら田植機部分が欠品で、そのために色々遠回りしたわけです。

改めてヤフオク板ブルトラ+田植機アタッチメントを確認してみましょう

カタログの写真と明らかに違うタイプです。前輪が太くなっているし、トレッドも少し狭いように見え、小回りもこちらのほうができそうです。

最後の写真、後ろの苗のスライダ部分、拡大してみます

不鮮明ですが、他の写真から6条植は間違いなく、SPR6までは間違いないと思います。でそのあとは・・・どう見ても4桁。つまりSPR6000と読めるではないですか!
不鮮明ですが、他の写真から6条植は間違いなく、SPR6までは間違いないと思います。でそのあとは・・・どう見ても4桁。つまりSPR6000と読めるではないですか!

つまり、ブルトラ田植機アタッチメントには
「SPR600とSPR6000が存在した」のではないでしょうか?

農研機構の安全鑑定データベースにはSPR600は載っていませんが、1977年にSPR6000(前述の写真のアタッチメントですね)、さらに1979年にはSPR8000という8条植のブルトラアタッチメントとおぼしき登録があります。
農研機構の安全鑑定データベースにはSPR600は載っていませんが、1977年にSPR6000(前述の写真のアタッチメントですね)、さらに1979年にはSPR8000という8条植のブルトラアタッチメントとおぼしき登録があります。

このSPR600は年代的には歩行田植機のS300と同じころでしょうけど若干古いはずで、ブルトラの生まれた1973年からS300の登録された1976年より前に生まれたと考えられます。

そしてこれが今日見つけた農研機構に登録されている最古のクボタ田植機、S300。1輪タイプのようです。これも「春風」なのかなあ・・・農研機構の登録は1976年となっています。なんと40年前!
これが今日見つけた農研機構に登録されている最古のクボタ田植機S300。1輪タイプのようです。これも「春風」なのかなあ・・・農研機構の登録は1976年となっています。なんと40年前!

これより前ということは画期的だったでしょうね!

ブルトラの頃のカタログと同じ体裁でクボタ乗用田植機、乗用6条植 SPR600とあります。
カタログ表紙に再度登場していただきます。イメージキャラクターは林寛子さん。1973年デビューだそうです。ブルトラと同じ!

同じような時代の田植機の広告を見てみると・・・

“「田植機考古学」クボタの田植機樹形図は思ったよりずっと複雑だった。ブルトラアタッチメントSPR600「昔のカタログ」” の続きを読む