二週連続の保全会活動、終りました。

スケジュールの都合上二週連続になってしまった保全会活動の草刈りが昨日行われました。

暑い中子供会の応援も得てパタパタと進んだため、お茶の用意などが間に合わない感じ。みんなを追いかけて走り回ってしまいました。

こういったいつものメンバーに加え・・・
こういったいつものメンバーに加え・・・
子供達やそのお母さんも含めた大所帯。
子供達やそのお母さんも含めた大所帯。
男の人たちは主に水路の草刈り。
男の人たちは主に水路の草刈り。
Mさんがカニを見つけたようです。「昔はこんなのがいっぱい居たんだよ」僕も知ってます! そんなに昔ってわけではないですよ。護岸工事をやる前ですもん。
Mさんがカニを見つけたようです。「昔はこんなのがいっぱい居たんだよ」僕も知ってます! そんなに昔ってわけではないですよ。護岸工事をやる前ですもん。
子供達にはヒガンバナのお世話をしてもらいました。
子供達とおかあさんにはヒガンバナのお世話、その他軽作業をしてもらいました。
しばらくやると飽きちゃったみたいです。
しばらくやると飽きちゃったみたいです。
一つの事をずっとやっても飽きてしまいますから、農用地回りのゴミ拾いもしてもらいました。相変わらずゴミは多いです。
一つの事をずっとやっても飽きてしまいますから、農用地回りのゴミ拾いもしてもらいました。相変わらずゴミは多いです。
やはり草が生えてくる・・・というのが大きいのだと思います。コンクリートで全て覆われていれば、ゴミはずっとそこにあって目に付きますけど、草で覆われてしまば「無いこと」になってしまいますからね・・・
やはり草が生えてくる・・・というのが大きいのだと思います。コンクリートで全て覆われていれば、ゴミはずっとそこにあって目に付きますけど、草で覆われてしまば「無いこと」になってしまいますからね・・・
お楽しみの「おやつ?」の時間。暑くて買ってくる間にアイスも溶けちゃったなあ・・・
お楽しみの「おやつ?」の時間。暑くて買ってくる間にアイスも溶けちゃったなあ・・・
一応喜んでくれたみたいですけど、色々好みがあるらしくアイスだったら何でもいいってわけじゃないみたい。
一応喜んでくれたみたいですけど、色々好みがあるらしくアイスだったら何でもいいってわけじゃないみたい。
いろいろあって銘柄指定はできないのだ。許せ!
いろいろあって銘柄指定はできないのだ。許せ!
おじさんたちは別になんでも構わないようです。
おじさんたちは別になんでも構わないようです。
縁石に腰掛けて休んでいる姿・・・遠くから見ると少し異様ですね!
縁石に腰掛けて休んでいる姿・・・遠くから見ると少し異様ですね!

今日はここまで。参加された皆さん、暑い中お疲れさまでした!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

“二週連続の保全会活動、終りました。” への5件の返信

  1. 稲作をやっていると「その金でコメを買ったら一生じゃ食い切れない。」っていう自虐ネタに事欠かないんですけど、それでも不思議と稲作をヤメる気にはならないんです。

    外部に払う人件費を必要としない範囲でやっていることもあって、赤字になっても主業の給与所得と損益通算すると許容の範囲収まってしまうので余計にヤメられません。

    これを「道楽」って言うんでしょうね(笑)

    1. 愛読者さん こんにちは

      確定申告をすれば税金が戻ってくることもあるでしょうし
      草刈りの道具を買ったり、ある程度運動になったり
      それから作る喜びがあったりが加わっての「道楽認定」でお米づくりを続ける・・・

      う〜ん・・・と思いましたが
      よく考えてみるとあまり僕の仕事と変わらないことに気がつきました

  2. 中山間地で法面や石垣の多い圃場を沢山耕作していると、どうしても草刈がメンドウになったり、手が回らなくなって、畦草ボウボウになりがちです。

    草刈歴35年を越え、そろろろ技の向上にも体力にも限界が見えてきたので、スパイダーモアと通常より30cm長いシャフトにループハンドルを付けた草刈機を導入し、なるべく斜面を歩かなくて済むようにしたら、随分楽になりました。

    メインの草刈機も15cm長いシャフトにU字ハンドルを付けた排気量大きめのヤツに更新し、スパイダーモアと2本の草刈機を積んだ重装備の軽トラックで草刈りに出動している訳ですが、装備品が諭吉さん約40人相当!! 機械貧乏しています(笑)

  3. >男の人たちは主に水路の草刈り。

    刈った草を水路に落とさないよう、法面を下から上に向けて刈るのって、疲れるんですよね。

    オツカレサマデシタ。

    1. 愛読者さん おはようございます

      法面は足元も悪いし機械を持上げるような動作をしなくてはならないから疲れますよね
      それだけに、ベテランの技を見ると見とれてしまいます
      昨日も住宅街の畑で地下足袋のおじさんが見事に刈った草を
      同じ位置に揃えていくのに見とれ、クラクションを鳴らされてしまいました
      (そういう農地は手入れが良く、そもそもそんなに草が伸びていないんですが・・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。