佐原の流しびな

連休なのをいいことにあまり頭を使わずにすむような内容になっています。今日は先日行った千葉県の佐原で行われた流しびな。(正確にはさわら雛舟春まつりというらしいです)

僕は世の中の流れに無頓着なので、まったく知らない行事。家のものに誘われたのでなんとなく行ってみたんです。

まったくの想像で裏付けがあるわけでもないのですが、船を使った交易の街だったのでしょう。旧市街は川を中心としたコンパクトシティ。
まったくの想像で裏付けがあるわけでもないのですが、船を使った交易の街だったのでしょう。旧市街は川を中心としたコンパクトシティ。
立派なお宅(多分商家だと思います)が並んでいます。
立派なお宅(多分商家だと思います)が並んでいます。
川岸にはおひな様が箱に入って飾られています。
川岸にはおひな様が箱に入って飾られています。
人を集めるために知恵をだしてこういうイベントを作ったのかなあ・・・
人を集めるために知恵をだしてこういうイベントを作ったのかなあ・・・
立派なお宅は細かいディテールにこだわります。雨どいと瓦はちゃんとお揃い!
立派なお宅は細かいディテールにこだわります。雨どいと瓦はちゃんとお揃い!
古い町並みの中にイカすビルが・・・と、思ったら廃墟。崩れ落ちそうになっていて頭上注意のバリケードが取り囲んでいました。そのまわりをカメラを下げたおじさんたちが、大量にウロウロしているのがおもしろい。
古い町並みの中にイカすビルが・・・と、思ったら廃墟。崩れ落ちそうになっていて頭上注意のバリケードが取り囲んでいました。廃墟のカメラ屋さんビル。そのまわりをカメラを下げたおじさんたちが、大量にウロウロしているのがおもしろい。
昔からここで生活していて、ある意味最近「観光地」になったわけですよね?この地は・・・全員に観光客がやってくる・・・という認識がないときっと辛いでしょうねえ・・・こんなお祭りの日には知らない人がズカズカやってきてパシャパシャ写真を撮るんですもんねえ・・・
昔からここで生活していて、ある意味最近「観光地」になったわけですよね?この地は・・・全員に「観光客がやってくる」という認識がないときっと辛いでしょうねえ・・・こんなお祭りの日には知らない人がズカズカやってきてパシャパシャ写真を撮るんですもんねえ・・・

「家の中には入れたくないグッズだけど捨てられない」といったところでしょうか。まるっきし外というわけでもなく外に出され、色あせたビミョウなキャラクターたち。「カワイイ」だけでは生きていけない厳しいキャラクターの世界。妙に「飛騨」のグッズが気になります。ヘンな顔。

ミソとチャーシューメン。こういう感覚、いいですね! チャーシューメンは安定が悪いようで、大きな石が乗ってます。
ミソとチャーシューメン。こういう感覚、いいですね! チャーシューメンは安定が悪いようで、大きな石が乗ってます。
こういうのを作るのはおじいさんかなあ・・・プラモではなくソリッドモデル。風が当たるとプロペラがいい感じで回ります。
こういうのを作るのはおじいさんかなあ・・・プラモではなくソリッドモデル。風が当たるとプロペラがいい感じで回ります。

“佐原の流しびな” の続きを読む