オートバイも新しさにつれて聞き分けなさそうな顔になってきますねえ・・・

土曜、日曜と浅間火山レース跡地で開かれたホンダの新しいオートバイ、CRF1000Lアフリカツインのファンのつどい&試乗会?「ライドアフリカツイン」のお手伝いに行ってきました。

普段イスに座ってばかりいるので野外での立ち仕事はすっかり体にこたえてしまい、今日は短めにさらっと・・・それにしても、草刈りだっていつもキツいんで、野外作業が向いていないのかも・・・

と、いいつつ、新しい単車の写真はほとんどナシ。というか2枚だけでした。後はみんな展示されていた古い単車のものばかり。
と、いいつつ、新しい単車の写真はほとんどナシ。というか2枚だけでした。後はみんな展示されていた古い単車のものばかり。

とにかく並べてみましょう。

1986年のダカールマシンNXR750。ま、普通に会話ができそうです。
1986年のダカールマシンNXR750。ま、普通に会話ができそうです。
こちらは1989年のダカールマシン。NXR750の最終型。かなり突っ込んだ話ができそうなタイプ。
こちらは1989年のダカールマシン。NXR750の最終型。かなり突っ込んだ話ができそうなタイプ。
現在のダカールマシン。CRF450RALLY。どこ見て話したらいいのか・・・融通がすごく利かなそう・・・
現在のダカールマシン。CRF450RALLY。どこ見て話したらいいのか・・・融通がすごく利かなそう・・・
あっ、そうそう!忘れてました。アフリカツインの顔はこれです。キカンボウそうだなあ。
あっ、そうそう!忘れてました。アフリカツインの顔はこれです。キカンボウそうだなあ。
オマケ。1959年にまさにこの浅間山麓で行われた、第3回全日本オートバイ耐久ロードレースの250ccクラスで優勝したRC160の顔。なんだか無生物というか、顔がありません。
オマケ。1959年にまさにこの浅間山麓で行われた、第3回全日本オートバイ耐久ロードレースの250ccクラスで優勝したRC160の顔。なんだか無生物というか、顔がありません。

“オートバイも新しさにつれて聞き分けなさそうな顔になってきますねえ・・・” の続きを読む