工夫のカタマリ・クボタM108W・・・「撮りトラ」

昨日のクボタM108W「撮りトラ」の続きです。DEUTZロールベーラーのほうもそうでしたが、トラクターのほうも「本人仕様」工夫が随所に見られて、農家だったらきっとすごく共感できるんじゃないかな・・・なんて思います。(僕は実際の作業のことを知らないのでよくわかりませんが)

Grandom(グランダム) ワールド M108W

↑動画。ガロガロガロ・・・というエンジン音が印象的

プレスリリースが2011年に出てますから、2011年発売でしょうかね・・・形式名、M108W エンジンはクボタV3800 4気筒3.8リッター  出力108馬力 希望小売価格¥6,594,000〜だそうです。
プレスリリースが2011年に出てますから、2011年発売でしょうかね・・・形式名、M108W エンジンはクボタV3800 4気筒3.8リッター  出力108馬力 希望小売価格¥6,594,000〜だそうです。

そのプレスリリースによれば

国内農業は米をはじめとする作物価格の下落、燃油や肥料の高騰などにより生産コストの低減が求められており、農業機械に対する低価格ニーズが強くなっています。
農家の生産コストの低減に貢献するために、世界で培われた技術を駆使し、高い基本性能と耐久性を装備しながら、必要な機能に絞り込んだ、現行国内モデルよりも低価格の機種を投入します。

確かにこれくらい大きいと900万〜1000万なイメージです。それからすると安く思えちゃいますね。(買えないけど)

プレスリリースが2011年に出てますから、2011年発売でしょうかね・・・形式名、M108W エンジンはクボタV3800 4気筒3.8リッター  出力108馬力 希望小売価格¥6,594,000〜だそうです。
ホイールも同色の輸出仕様。なかなか精悍です。
ロールベーラーとの連結部分は複雑な様相を呈しています。マイカ線でしたっけ? 初めはどこからどう見ても「工業製品」なトラクターが、人が使う事によってこういう有機的な感じになって行くのが好きです。
ロールベーラーとの連結部分は複雑な様相を呈しています。マイカ線でしたっけ? 初めはどこからどう見ても「工業製品」なトラクターが、人が使う事によってこういう有機的な感じになって行くのが好きです。
プレスリリースが2011年に出てますから、2011年発売でしょうかね・・・形式名、M108W エンジンはクボタV3800 4気筒3.8リッター  出力108馬力 希望小売価格¥6,594,000〜だそうです。
本人、もしくは持ち主と同じ思考回路の持ち主のみがわかる感じ。複雑に神経が絡み合っているみたいな配線の束。

プロの人は「同じ色で全部の配線すんじゃねえ」とか「ちゃんと用途ごとにまとめてサポートやインシュロックで留めて」とか「名前を書いて」とか怒りますが、やっぱりシロウトはたくさんの色の電線を買うのは大変ですし、行き当たりばったりでやるんで結構こうなっちゃいますよね。

このようすを見ると、結構配線してから時間が経ってそうです。意外と完全で、しかも耐久性もあったんじゃないでしょうか? 僕だったらどこかで間違って燃しちゃいそうです。

“工夫のカタマリ・クボタM108W・・・「撮りトラ」” の続きを読む