スペリーニュー・ホランド クレイソンコンバイン8050その2

今日は、以前見たクレイソンコンバイン8050の続きです。若干出がらし気味。

New Holland 8050コンバインは1980〜1982年(約30年前ですね)製造。刈幅は396cm幅。エンジンはフォード2715、6気筒6220cc116馬力。シリーズの中にはフィアットのエンジンを積んでいたものもあるそうです。
New Holland 8050コンバインは1980〜1982年(約30年前ですね)製造。刈幅は396cm幅。エンジンはフォード2715、6気筒6220cc116馬力。シリーズの中にはフィアットのエンジンを積んでいたものもあるそうです。

よく見るとサイドに大きく「NEW HOLLAND」その上に小さく「CLAYSON」とあって、「SPERRY NEW HOLLAND」と正面に書いてありました。

New Holland 8050コンバインは1980〜1982年(約30年前ですね)製造。刈幅は396cm幅。エンジンはフォード2715、6気筒6220cc116馬力。シリーズの中にはフィアットのエンジンを積んでいたものもあるそうです。
これですね。
New Holland 8050コンバインは1980〜1982年(約30年前ですね)製造。刈幅は396cm幅。エンジンはフォード2715、6気筒6220cc116馬力。シリーズの中にはフィアットのエンジンを積んでいたものもあるそうです。
シートの背もたれに付いていたこのマークは、どうも合併したスペリー社とニューホランド社のうち、スペリー社のもののようです。
なぜならこんなマークを見つけたから。
なぜならこんなマークを見つけたから。

あまり農業と関係なさそうなスペリー社

調べてみると、

スペリー社 (1910-1986)は、アメリカの機械および電気製品の企業であり、20世紀のうち1910年から1986年の約70年間にわたって存在した。一連の合併を経て今ではユニシスの一部となっているが、かつてのスペリーの一部はハネウェルの一部となっている。

とあります。ジャイロ機器が得意のようでかなり軍事的な色合いが強い感じ。

こんなものも作っていたみたいです。ヒューイットスペリー オートマチックエアプレーン。
こんなものも作っていたみたいです。ヒューイットスペリー オートマチックエアプレーン。

“スペリーニュー・ホランド クレイソンコンバイン8050その2” の続きを読む