古くても古く見えない・・・「昔のプラウ@土の館」

今日は、北海道上富良野町にあるスガノ農機の『「土の館」 土と犂の博物館』で見た、昔のプラウです。

古いといってもトラクターと違い、あまり古く見えない・・・プラウは近所で使われているのは見たことがないし、目に触れる機会がないだけにみな同じ形に見えます。そのせいもあって現在との微妙な違いである「古さ」を感じることができないのかもしれませんね。

ウィキペディアで調べてみると、プラウは犂(すき)と呼ばれ、カラスキ(唐犂)とも呼ばれ、日本では正倉院に収蔵されている子日手辛鋤(ねのひのてからすき)は、758年正月の行事に使われたと伝えられているそうです。だとするともう1200年以上前からあるということになります。

このウィキペディアのプラウの項、読んでみるとなかなか興味深いです。

小西農機 深耕プラウ
小西農機 深耕プラウ
小西農機 深耕プラウ
品名:深耕プラウ 形式・仕様:クローラ用20×1 製造社・国:小西農機 日本 導入使用経過:1962(昭和37)年、馬耕3寸時代、深耕して増収を計るため、農協有で昼夜作業の利用が多かった。

この小西農機、前出のウィキペディアのプラウの項によると、

昭和45年、スター農機と「伊達の赤プラウ」の小西農機が合併、現在のIHIスターである。

とあり、その「伊達の赤プラウ」のことは

明治3年、仙台藩の一門である亘理の伊達邦成は、自費を使って家臣と共に北海道有珠郡(現在の北海道伊達市)に集団移住し、開拓使の指導を仰いで明治7年より西洋農具による畜力耕法を始めた。民間では最初となる西洋農具を使った開墾であり、当時、全道で保有していたプラウの約半数が伊達で使われていたことから、プラウ耕の先進地となった。[14][15]

その後伊達では、米国から輸入された物を参考に炭素焼きによる独自のプラウを製作、この技術を元に小西農機を設立し「伊達の赤プラウ」と呼ばれた。

とあります。「伊達の赤プラウ」何だかカッコイイ呼び名ですね!

深耕プラウ
深耕プラウ
深耕プラウ
品名:深耕プラウ 形式・仕様:クローラ用 14×3 製造社・国 三菱重工㈱ 日本 導入使用経過:1947(昭和22)年食料増産対策事業のために開発した。後に一般営農用トラクタに結びついていった。

もう70年近く前のものとはとても見えません。

牽引デスク
牽引デスク

“古くても古く見えない・・・「昔のプラウ@土の館」” の続きを読む