100年前の蒸気トラクター、25馬力で自重9トン!・・・「撮りトラ@土の館」

今日は「撮りトラ」。スガノ農機「土の館」で見た100年前の巨大な蒸気トラクターです。

100年前の蒸気トラクタ 1902年(明治35)ジョージホワイト&サン社製・カナダ 25馬力 自重9トン 燃料は石炭、薪 価格:2650カナダドル・・・当時の小型飛行機が買える値段。 マクブライド農場(3,000ha)で30年間使用。のちにアーニーが観賞用に所有し、1973年ワトソン兄弟が完全復元。1996年三谷耕一牧場(北海道由仁町)取得していたものを、2001年、土の館に寄贈された。
ちょうど専有面積はキャタピラー社のチャレンジャーくらいあるでしょうか・・・ボリュームはそれほどありませんけど。エンジンにあたる部分がハシゴの上に見える筒とはずみ車ということになるでしょうか・・・
100年前の蒸気トラクタ 1902年(明治35)ジョージホワイト&サン社製・カナダ 25馬力 自重9トン 燃料は石炭、薪 価格:2650カナダドル・・・当時の小型飛行機が買える値段。 マクブライド農場(3,000ha)で30年間使用。のちにアーニーが観賞用に所有し、1973年ワトソン兄弟が完全復元。1996年三谷耕一牧場(北海道由仁町)取得していたものを、2001年、土の館に寄贈された。
パネルが置いてあります。

100年前の蒸気トラクタ
1902年(明治35)ジョージホワイト&サン社製・カナダ
25馬力 自重9トン 燃料は石炭、薪
価格:2650カナダドル・・・当時の小型飛行機が買える値段。
マクブライド農場(3,000ha)で30年間使用。のちにアーニーが観賞用に所有し、1973年ワトソン兄弟が完全復元。1996年三谷耕一牧場(北海道由仁町)取得していたものを、2001年、土の館に寄贈された。

今や114年前の蒸気トラクタですね。当時の小型飛行機が買える値段という高価なものを、30年使うというのは長いのか短いのか・・・元は取れたのでしょうか。

100年前の蒸気トラクタ 1902年(明治35)ジョージホワイト&サン社製・カナダ 25馬力 自重9トン 燃料は石炭、薪 価格:2650カナダドル・・・当時の小型飛行機が買える値段。 マクブライド農場(3,000ha)で30年間使用。のちにアーニーが観賞用に所有し、1973年ワトソン兄弟が完全復元。1996年三谷耕一牧場(北海道由仁町)取得していたものを、2001年、土の館に寄贈された。
スポークホイールということになるでしょうか。
100年前の蒸気トラクタ 1902年(明治35)ジョージホワイト&サン社製・カナダ 25馬力 自重9トン 燃料は石炭、薪 価格:2650カナダドル・・・当時の小型飛行機が買える値段。 マクブライド農場(3,000ha)で30年間使用。のちにアーニーが観賞用に所有し、1973年ワトソン兄弟が完全復元。1996年三谷耕一牧場(北海道由仁町)取得していたものを、2001年、土の館に寄贈された。
動輪はギア駆動です。
100年前の蒸気トラクタ 1902年(明治35)ジョージホワイト&サン社製・カナダ 25馬力 自重9トン 燃料は石炭、薪 価格:2650カナダドル・・・当時の小型飛行機が買える値段。 マクブライド農場(3,000ha)で30年間使用。のちにアーニーが観賞用に所有し、1973年ワトソン兄弟が完全復元。1996年三谷耕一牧場(北海道由仁町)取得していたものを、2001年、土の館に寄贈された。
タイヤはこのように靴底みたいなものをリベットで留めただけですから、少しクッション性のあるフラットバーのスポークを採用したのかもしれませんね。
100年前の蒸気トラクタ 1902年(明治35)ジョージホワイト&サン社製・カナダ 25馬力 自重9トン 燃料は石炭、薪 価格:2650カナダドル・・・当時の小型飛行機が買える値段。 マクブライド農場(3,000ha)で30年間使用。のちにアーニーが観賞用に所有し、1973年ワトソン兄弟が完全復元。1996年三谷耕一牧場(北海道由仁町)取得していたものを、2001年、土の館に寄贈された。
運転席・・・でしょうね。座るところがありません。座る所どころか足の踏み場もありません。(座ってちゃ前が見えないですけど)ハンドルは右手の赤いヤツかな?

“100年前の蒸気トラクター、25馬力で自重9トン!・・・「撮りトラ@土の館」” の続きを読む