こちらもたくさんいるからって油断できないDavid Brown Selctamatic770・・・「撮りトラ@土の館」

先日のFordson Super Dextaもそうですが、今日はこれもたくさん見る機体、スガノ農機「土の館」にあったデビットブラウン・セレクタマチック770です。

デビットブラウン・セレクタマチック770。なかなかきれいな機体です。tractordata.comによればDavid Brown Selctamatic770は1965年〜1970年まで製造され、エンジンは3気筒2.4Lディーゼル35馬力となっています。
デビットブラウン・セレクタマチック770。なかなかきれいな機体です。tractordata.comによればDavid Brown Selctamatic770は1965年〜1970年まで製造され、エンジンは3気筒2.4Lディーゼル35馬力となっています。

以前も

『デビッドブラウンdavid brown 770 selectamatic 「撮りトラ」その1』
『トラクターに部品あり、部品に歴史あり・・・デビッドブラウンdavid brown 770 selectamatic 「撮りトラ」その2』
『「看トラ」の白いトラクター デビッドブラウン Selectamatic DB770・・・「撮りトラ」』

それから

『佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログ』なんかでカタログも紹介しました。

たくさん残っていても新しく増えることはない昔のトラクターですから大事にしたいですね。

デビットブラウン・セレクタマチック770。なかなかきれいな機体です。tractordata.comによればDavid Brown Selctamatic770は1965年〜1970年まで製造され、エンジンは3気筒2.4Lディーゼル35馬力となっています。
サイドのマーキングはステッカーなんですよね。1965年〜1970年・・・このころ金属のプレートからステッカーに変わってきたのでしょうか・・・
tractordata.comによればDavid Brown Selctamatic770は1965年〜1970年まで製造され、エンジンは3気筒2.4Lディーゼル35馬力となっています。
このころはあまり重要でないと思われるものはステッカーに置き換わっています。内容も変更しやすいし、便利だったんでしょうね。ワーニングランプはなぜか全部壊れています。
tractordata.comによればDavid Brown Selctamatic770は1965年〜1970年まで製造され、エンジンは3気筒2.4Lディーゼル35馬力となっています。
ただ、消えちゃ困るものについては以前と同じように金属プレート、もしくは鋳物の浮き出し文字です。
tractordata.comによればDavid Brown Selctamatic770は1965年〜1970年まで製造され、エンジンは3気筒2.4Lディーゼル35馬力となっています。
ねっ?拡大してみると「This Lever must be in neutral before starting engine」
tractordata.comによればDavid Brown Selctamatic770は1965年〜1970年まで製造され、エンジンは3気筒2.4Lディーゼル35馬力となっています。
このキャップにも何か書いてあるのだけど読めない・・・残念!

“こちらもたくさんいるからって油断できないDavid Brown Selctamatic770・・・「撮りトラ@土の館」” の続きを読む