まさに付喪神! FORD4600・・・「撮りトラ」その1

近所でFORDのトラクターを見つけました。飼料稲の作付け面積が広がっているので、牛を飼っている農家が関わっているのでしょう、今まで見なかったようなトラクターを最近見かけます。今日はそういうわけで近所で見かけたFORD4600「撮りトラ」です。

tractordata.comによればFORD4600は、1975年〜1981年 3.3L3気筒ディーゼルで57馬力/2200rpm
圧倒的な存在感!! もう神様が宿っている感じです。

ものの神様、ウィキペディアで調べてみたら、付喪神、つくも神(つくもがみ)っていうんですってね。

付喪神、つくも神(つくもがみ)とは、日本に伝わる、長い年月を経た道具などに神[要出典]や精霊(霊魂)などが宿ったものである。人をたぶらかすとされた。また、『伊勢物語』の古注釈書である『伊勢物語抄』(冷泉家流伊勢抄)では、『陰陽記』にある説として百年生きた狐狸などが変化したものを「つくもがみ」としている。現代では九十九神と表記されることもある。

tractordata.comによればFORD4600は、1975年〜1981年 3.3L3気筒ディーゼルで57馬力/2200rpm
まさにつくも神です。エンジンの火が落ちているにもかかわらず、まるで生きているよう・・・前足が互い違いになっているためか、余計そう感じます。トラクターの前足、このように地面にちゃんと添うんですね・・・知らなかった。いつだって水平なのかと思った。

tractordata.comによればFORD4600は、1975年〜1981年 3.3L3気筒ディーゼルで57馬力/2200rpmだそうです。

“まさに付喪神! FORD4600・・・「撮りトラ」その1” の続きを読む