マッセイファーガソンMF5610・・・「撮り虎」

今日も昨日の続きのもう一台、北海道の浦河国道で見たマッセイファーガソンMF5610、「撮り虎」です。

昨日のはち切れそうなマッチョのMF7615に比べるとぐっと小さくて、低く構えた感じの前下がりのボディで、ちょっと知的な感じです。

2013年からの現行モデル、マッセイファーガソンMF5610は、AGCO Powerの3.3Lターボインタークーラー付き3気筒12バルブディーゼルエンジンで100馬力だそうです。
2013年からの現行モデル、マッセイファーガソンMF5610は、AGCO Powerの3.3Lターボインタークーラー付き3気筒12バルブディーゼルエンジンで100馬力だそうです。
2013年からの現行モデル、マッセイファーガソンMF5610は、AGCO Powerの3.3Lターボインタークーラー付き3気筒12バルブディーゼルエンジンで100馬力だそうです。
この角度から見るとチョロQみたいにタイヤばかり大きく見えますね! そのサイズ感でもちゃんとカッコよく、スタイリッシュに見えます。
同じクラスのイセキはどうなのかなあ・・・と思ったらちょっと姿形が違った・・・TJWは少し馬力が大きいですから同じクラスとは言わないのかもしれませんが、歌舞伎顔でした。
同じクラスのイセキはどうなのかなあ・・・と思ったらちょっと姿形が違った・・・TJWは少し馬力が大きいですから同じクラスとは言わないのかもしれませんが、歌舞伎顔でした。

このイセキのエンジンは1204Eという4気筒エンジンらしいので、AGCO Powerの3.3L3気筒エンジンとは違います。どこのだろう・・・

調べていたら見つかりました。1204Eはパーキンスエンジンでした。
調べていたら見つかりました。1204Eはパーキンスエンジンでした。
ここに載ってます。パーキンスエンジンは世界中いろいろなメーカーの農業機械に搭載されて農家の皆さんを支えています・・・的なプロモーション冊子です。
ここに載ってます。パーキンスエンジンは世界中いろいろなメーカーの農業機械に搭載されて農家の皆さんを支えています・・・的なプロモーション冊子です。
2013年からの現行モデル、マッセイファーガソンMF5610は、AGCO Powerの3.3Lターボインタークーラー付き3気筒12バルブディーゼルエンジンで100馬力だそうです。
ちょっと脱線しちゃいました。MF5610に戻ります。MF7615を見たあとでは物足りなく思えてしまうマフラーは、やっぱりキャビンに沿って曲げられています。それにしても小顔ちゃんだなあ・・・
2013年からの現行モデル、マッセイファーガソンMF5610は、AGCO Powerの3.3Lターボインタークーラー付き3気筒12バルブディーゼルエンジンで100馬力だそうです。
黒いアミアミのグリル部分がググッと狭いです。

“マッセイファーガソンMF5610・・・「撮り虎」” の続きを読む