何がどうなっているかわからないんですけど、この形は好きです。STIHL DIESEL

ブログにコメントをいただいた佐藤さんに、スチール2ストロークディーゼルエンジンの写真を送っていただきました。

どちらかといえば単車のエンジンでなじみのある、単気筒の2ストロークなんですけど、ディーゼルです。どこがどうなっているのかわかりません。

ただ、どこから見ても目に付く、ジェットエンジンのような空気取り入れ口がモーレツにカッコいいんですよねえ・・・

語る言葉を持ち合わせていないのが残念ですけど、写真を並べてみます。

STIHL DIESEL engine
これですね。やっぱり。ただ、正面に見えるファンは固定されていて、その奥に隠れたファンが回るようなんです。
こちらがホンモノ。何のエンジンかわかりませんけど。
こちらがホンモノ。何のエンジンかわかりませんけど。
STIHL DIESEL engine
こっちのほうが真ん中のポコッとしたところが大きくて、ホンモノよりホンモノっぽい!
STIHL DIESEL engine
全体の姿はこう。右下にぽこっと飛び出しているパイプにクランクを刺して、始動するみたいなんです。
STIHL DIESEL engine
中央下のパイプですね。
STIHL DIESEL engine
ネット上の記載では、このクランクを奥まで差し込むとデコンプが働き、抜くとデコンプも抜けるので、奥まで差し込んでグルグル回して、勢いがついたところで抜けばエンジンがかかるという仕組みみたいです。なるほどー・・・
STIHL DIESEL engine
燃料タンクです。軽油のキャップとともにオイルのキャップが・・・これが2ストロークディーゼルの証明なんですね。2ストオイルじゃなく、普通のエンジンオイルを入れるのか・・・初めて見た!
STIHL DIESEL engine
タンクもそうですが、もう一つ気になるものが・・・シリンダのてっぺんに出ている、6角形の棒です。

佐藤さんによれば、ここから、オイルを入れるようなのですが、佐藤さんも始動したことはなく、よくわからないそうです。燃料をシリンダ内に入れて、動きをスムーズにするなどと、コメントなのか、ネットで読んだのか、聞いたことがありますけど、どうなのでしょう・・・

“何がどうなっているかわからないんですけど、この形は好きです。STIHL DIESEL” の続きを読む