ドイツD40Lのマーク、ウルム大聖堂なのね!・・・「撮りトラ@土の館」

今日は、北海道上富良野町にあるスガノ農機の『「土の館」 土と犂の博物館』で見た、ドイツトラクタ D40L 「撮り虎」です。

何といっても超インパクトのあるお顔で、「土の館」では僕のイチオシなんです。

機種名:フンボルトドイツトラクタ 形式・仕様:D-40L 45馬力 製造社・国:フンボルトドイツ社 ドイツ 製造年度:1959(昭和34)年 使用経過:1959(昭和34)年頃から輸入され、道内の導入がはじまる。 空冷エンジンで、厳冬期でも調子がよく使えた。 酪農家に多く入り、40年を過ぎた今も各地で多く使われている。 販売は、共立(株)が一手に行い、一般の呼び名は、共立ドイツトラクタと言われていた。
ねっ?かわいいでしょ?
機種名:フンボルトドイツトラクタ 形式・仕様:D-40L 45馬力 製造社・国:フンボルトドイツ社 ドイツ 製造年度:1959(昭和34)年 使用経過:1959(昭和34)年頃から輸入され、道内の導入がはじまる。 空冷エンジンで、厳冬期でも調子がよく使えた。 酪農家に多く入り、40年を過ぎた今も各地で多く使われている。 販売は、共立(株)が一手に行い、一般の呼び名は、共立ドイツトラクタと言われていた。
こども農業雑誌「のらのら」の、機械コーナーでも一番に取りあげましたが、こんな魅力的なトラクタ、どこを探してもないです。
機種名:フンボルトドイツトラクタ 形式・仕様:D-40L 45馬力 製造社・国:フンボルトドイツ社 ドイツ 製造年度:1959(昭和34)年 使用経過:1959(昭和34)年頃から輸入され、道内の導入がはじまる。 空冷エンジンで、厳冬期でも調子がよく使えた。 酪農家に多く入り、40年を過ぎた今も各地で多く使われている。 販売は、共立(株)が一手に行い、一般の呼び名は、共立ドイツトラクタと言われていた。
つぶらな瞳はウルウルと、何かを訴えかけているようでもあります。

でも、こんな姿は他では見つかりません

機種名:フンボルトドイツトラクタ 形式・仕様:D-40L 45馬力 製造社・国:フンボルトドイツ社 ドイツ 製造年度:1959(昭和34)年 使用経過:1959(昭和34)年頃から輸入され、道内の導入がはじまる。 空冷エンジンで、厳冬期でも調子がよく使えた。 酪農家に多く入り、40年を過ぎた今も各地で多く使われている。 販売は、共立(株)が一手に行い、一般の呼び名は、共立ドイツトラクタと言われていた。
ただ、ネットで検索するとこんな姿のD40Lは見つかりません。みんなこの写真のようにオメメは両サイドにあるんです。確かに空気取り入れ口にこんなに大きなライトがはまってたら、冷却に悪そうですよねえ・・・それにしても美しい形!

ローダーなどを付ける必要があったのと、オーナーのちょっとした遊び心でこうなったのではないか? と、僕は想像しています。奇跡の一台ですね!

ドイツのマークはウルム大聖堂だった!

このD40Lくんのお鼻でもある、おなじみのこのマーク・・・
このD40Lくんのお鼻でもある、おなじみのこのマーク・・・

調べているついでで、ドイツのバーデン=ヴュルテンベルク州ウルムにある大聖堂を模している・・・ということがわかりました。

そういえば、ランツ社やその後のジョンディアも、ドイツ、バーデン、ヴュルテンベルク州マンハイムに工場がありましたよね? なにかこのヴュルテンベルク州というのはそういう地域なのでしょうか。僕がもし、ドイツの小学生だったら学校で、「京葉工業地帯」みたいに「ヴュルテンベルク州」=自動車工業 って学校で習うのでしょう。

これがウルム大聖堂。確かにマークに似てますよね。
これがウルム大聖堂。確かにマークに似てますよね。

ウルム大聖堂は、1890年に完成したゴシック様式で建てられた聖堂で、高さは162メートルもあり、教会堂としては世界一だそうです。ルター派ということなので、プロテスタントですね。

でも、なんでDEUTZなのに『M』のマークなんだろう・・・と思っていたら、こちらのマークはどうも、当時ドイツ社傘下の自動車メーカーMAGIRUS社のMから来ているみたいです。

きっと、かっこいいから使っているんだろうな。同じヴュルテンベルク州の大聖堂だし・・・

話が脱線しちゃった・・・

機種名:フンボルトドイツトラクタ 形式・仕様:D-40L 45馬力 製造社・国:フンボルトドイツ社 ドイツ 製造年度:1959(昭和34)年 使用経過:1959(昭和34)年頃から輸入され、道内の導入がはじまる。 空冷エンジンで、厳冬期でも調子がよく使えた。 酪農家に多く入り、40年を過ぎた今も各地で多く使われている。 販売は、共立(株)が一手に行い、一般の呼び名は、共立ドイツトラクタと言われていた。
大聖堂かあ・・・僕はロケットだと思ってました、サンダーバード1号に似てますよね。
機種名:フンボルトドイツトラクタ 形式・仕様:D-40L 45馬力 製造社・国:フンボルトドイツ社 ドイツ 製造年度:1959(昭和34)年 使用経過:1959(昭和34)年頃から輸入され、道内の導入がはじまる。 空冷エンジンで、厳冬期でも調子がよく使えた。 酪農家に多く入り、40年を過ぎた今も各地で多く使われている。 販売は、共立(株)が一手に行い、一般の呼び名は、共立ドイツトラクタと言われていた。
ランプは小糸製作所・・・こういうところもやっぱり日本のユーザーが作った感じを補強しています。
機種名:フンボルトドイツトラクタ 形式・仕様:D-40L 45馬力 製造社・国:フンボルトドイツ社 ドイツ 製造年度:1959(昭和34)年 使用経過:1959(昭和34)年頃から輸入され、道内の導入がはじまる。 空冷エンジンで、厳冬期でも調子がよく使えた。 酪農家に多く入り、40年を過ぎた今も各地で多く使われている。 販売は、共立(株)が一手に行い、一般の呼び名は、共立ドイツトラクタと言われていた。
顔もかわいらしいけど、横から見てもメチャメチャ美しい!
機種名:フンボルトドイツトラクタ 形式・仕様:D-40L 45馬力 製造社・国:フンボルトドイツ社 ドイツ 製造年度:1959(昭和34)年 使用経過:1959(昭和34)年頃から輸入され、道内の導入がはじまる。 空冷エンジンで、厳冬期でも調子がよく使えた。 酪農家に多く入り、40年を過ぎた今も各地で多く使われている。 販売は、共立(株)が一手に行い、一般の呼び名は、共立ドイツトラクタと言われていた。
キャプションを読んでみましょう。

機種名:フンボルトドイツトラクタ
形式・仕様:D-40L 45馬力
製造社・国:フンボルトドイツ社 ドイツ
製造年度:1959(昭和34)年
使用経過:1959(昭和34)年頃から輸入され、道内の導入がはじまる。
空冷エンジンで、厳冬期でも調子がよく使えた。
酪農家に多く入り、40年を過ぎた今も各地で多く使われている。
販売は、共立(株)が一手に行い、一般の呼び名は、共立ドイツトラクタと言われていた。

キャプションに40年を過ぎたとあるけれど、1959年というと、今から56年前ですから、この展示自体が15〜6年前にされたということなんでしょうねえ・・・

フンボルトドイツ?

機種名:フンボルトドイツトラクタ 形式・仕様:D-40L 45馬力 製造社・国:フンボルトドイツ社 ドイツ 製造年度:1959(昭和34)年 使用経過:1959(昭和34)年頃から輸入され、道内の導入がはじまる。 空冷エンジンで、厳冬期でも調子がよく使えた。 酪農家に多く入り、40年を過ぎた今も各地で多く使われている。 販売は、共立(株)が一手に行い、一般の呼び名は、共立ドイツトラクタと言われていた。
フンボルトドイツ? 初めて聞いたな・・・と思ったのですが・・・
読み方はよくわかりませんが、クロークナー・フンボルト・ドゥーツ社とでも言いましょうか・・・略してKHD。←この名前は見たことがあります。
読み方はよくわかりませんが、クロークナー・フンボルト・ドゥーツ社とでも言いましょうか・・・略してKHD。←この名前は見たことがあります。
すみません。顔の写真ばかり撮っています。
すみません。顔の写真ばかり撮っています。
いやーホントにすみません。
いやーホントにすみません。
何かの注意書き(ドイツ語)
何かの注意書き(ドイツ語)
メーカーわからずのウインカー
メーカーわからずのウインカー
噴射ポンプはボッシュ製。真ん中下あたりに小さく銘板が付いています。
噴射ポンプはボッシュ製。真ん中下あたりに小さく銘板が付いています。
スターターモーターでしょうか? もちろんBOSCHの刻印があります。
スターターモーターでしょうか? もちろんBOSCHの刻印があります。
機種名:フンボルトドイツトラクタ 形式・仕様:D-40L 45馬力 製造社・国:フンボルトドイツ社 ドイツ 製造年度:1959(昭和34)年 使用経過:1959(昭和34)年頃から輸入され、道内の導入がはじまる。 空冷エンジンで、厳冬期でも調子がよく使えた。 酪農家に多く入り、40年を過ぎた今も各地で多く使われている。 販売は、共立(株)が一手に行い、一般の呼び名は、共立ドイツトラクタと言われていた。
ちょっと昔の戦闘機を思わせるようなスタイリング。ドイツ(国)のトラクターは、ポルシェにせよ下方排気が好きなんですね。
いかにも操作パネル! という感じの操作パネル。カッコいいです。何かステッカーが貼ってあります。
いかにも操作パネル! という感じの操作パネル。カッコいいです。何かステッカーが貼ってあります。
拡大するとこんなの
拡大するとこんなの
どうもニュルブルクリンクみたい。ドイツのサーキットですね!
どうもニュルブルクリンクみたい。ドイツのサーキットですね!

なかなかいいセンスしているなあ・・・ただ、せっかくのドイツトラクタなんで、同じバーデン=ヴュルテンベルク州ライン=ネッカー郡にあるサーキット、ホッケンハイムだったらもっとピッタリだったのに・・・

大きなレバーはなんだろう・・・ウインカーなのかな。
大きなレバーはなんだろう・・・ウインカーなのかな。
もちろん真ん中にはVDOのトラクターメーター。これはドイツ車ではおなじみですね!
もちろん真ん中にはVDOのトラクターメーター。これはドイツ車ではおなじみですね!

あらためて見てみると、美しさを再発見できます。もういちどゆっくり見たいな。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

“ドイツD40Lのマーク、ウルム大聖堂なのね!・・・「撮りトラ@土の館」” への8件の返信

  1. マフラーですけど、欧州のトラクタにはかなりあって、珍しいことではないんですが、普通は消音器がボンネットの中か下の方についてるんです。IH219はボンネットの中で、排気管はエンジンの下までしか無いです。ドイツはステップ下あたりに付くんですが、これはカスタマイズされているのかもしれないですね。

    1. ぶんさん コメントありがとうございます

      クルマのサイレンサーも結構錆びてダメになりがちですから
      サイレンサー、切ってストレートにしてしまったかもしれないですね

      トラクターのサイレンサーが特別丈夫とは考えにくいですし・・・

  2. ヘッドライト、これはnoraさんの想像通り、元のオーナーさんの改造でしょうね。自分には鉄人28号に見えるんですけどね。

    1. 発動機のシャチさん おはようございます

      確かに直管に見えますね
      うるさいでしょうねえ・・・オリジナルなのでしょうか?
      きっとハーレーに1気筒足したくらいの音がするんでしょう
      もっとうるさいかもしれません

  3. レバーはウインカー、
    ヘッドライトのハイ・ロー、
    クラクションを兼ねたスイッチです。

    メーターの左の銀色はグロー、
    右側の黒いつまみを一段引くと余熱、
    さらに引くとスタートです。

    1. OPさん おはようございます

      こちらではお久しぶりです!

      OPさんのドイツと同じなんですね
      あのレバー、コンビネーションスイッチなんですか

      なかなかシンプルにまとまっていてカッコイイです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。