しばらく農地水はお休みです

_1.JPG _2.JPG

すみません。
島地区の皆さん。これからしばらく農地水はお休みで、いつもよりさらに農地水と関係ない北海道シリーズです。
北海道の皆さん。しばらくお世話になります。
たかりに行っているような気もしないではないすが、よろしくお願いいたします‼iPhoneから送信

ポルシェ ディーゼル・スタンダードスター329・・・「撮りトラ@土の館」

「もうすぐだなあ・・・」と思っていたのですが、いつの間にか2000投稿を超えています。ほとんどが下らない事柄や文章だったとしても、よく書いたもんだと我ながら思います。

・・・・・・・

感慨に浸りつつ、今日は北海道上富良野町にあるスガノ農機の『「土の館」 土と犂の博物館』で見た、ポルシェトラクター、スタンダードスター329「撮り虎」です。

機種名:ポルシェトラクタ 形式・仕様:329型 32馬力 製造社・国:ポルシェ社 ドイツ 導入年度:1963(昭和38)年  使用経過:大型トラクタの空冷エンジンで、冬期間の仕様では大変便利であった。当時からフロントローダが付いていて、仕事に便利であった。 動力の取り出しは、前部、後部、腹部の3カ所にある。
ポルシェトラクターは特徴的な形をしていますが、中身は色々違うみたいです。

キャプションには、

機種名:ポルシェトラクタ
形式・仕様:329型 32馬力
製造社・国:ポルシェ社 ドイツ
導入年度:1963(昭和38)年

使用経過:大型トラクタの空冷エンジンで、冬期間の仕様では大変便利であった。当時からフロントローダが付いていて、仕事に便利であった。
動力の取り出しは、前部、後部、腹部の3カ所にある。

とあります。なんと50年以上前の機体なんだなあ・・・古さを感じさせません。動力の取り出しが3カ所とは知りませんでした。

2気筒で32馬力もあるなんて・・・スタンダードはせいぜい25馬力くらいなので、この32馬力というのはSUPERクラスです。相当音がうるさいんだろうな。

ネットで検索しても329型はあまり出てこないので、ちょっと珍しいものなのかもしれません。

porshe diesel standard star 329  機種名:ポルシェトラクタ 形式・仕様:329型 32馬力 製造社・国:ポルシェ社 ドイツ 導入年度:1963(昭和38)年  使用経過:大型トラクタの空冷エンジンで、冬期間の仕様では大変便利であった。当時からフロントローダが付いていて、仕事に便利であった。 動力の取り出しは、前部、後部、腹部の3カ所にある。
いい形だなあ・・・エンジン部分、カバーがかかっているのかみっちり詰まっているような感じです。ホーンも分厚くていい音がしそうです。
ポルシェトラクターのペーパーモデルを作るのだ!(Paper model of the Porsche tractor)
これはジュニアのつもりだけど、ペーパートラクタ!

『「おとんアート」ペーパートラクタ(ポルシェトラクター)試作品のできあがり!』←過去記事も見てやってください

porshe diesel standard star 329  機種名:ポルシェトラクタ 形式・仕様:329型 32馬力 製造社・国:ポルシェ社 ドイツ 導入年度:1963(昭和38)年  使用経過:大型トラクタの空冷エンジンで、冬期間の仕様では大変便利であった。当時からフロントローダが付いていて、仕事に便利であった。 動力の取り出しは、前部、後部、腹部の3カ所にある。
再塗装されたもののようですね。
porshe diesel standard star 329  機種名:ポルシェトラクタ 形式・仕様:329型 32馬力 製造社・国:ポルシェ社 ドイツ 導入年度:1963(昭和38)年  使用経過:大型トラクタの空冷エンジンで、冬期間の仕様では大変便利であった。当時からフロントローダが付いていて、仕事に便利であった。 動力の取り出しは、前部、後部、腹部の3カ所にある。
巨大でつるっとしたオイルパンが見えます。マフラーは下に回して後ろ向きに・・・バイクのマフラーみたいです。

よく見ると、車名や会社名のバッジは独特の解釈の文字でレタリングされています。なかなかいい味出してます。

porshe diesel standard star 329  機種名:ポルシェトラクタ 形式・仕様:329型 32馬力 製造社・国:ポルシェ社 ドイツ 導入年度:1963(昭和38)年  使用経過:大型トラクタの空冷エンジンで、冬期間の仕様では大変便利であった。当時からフロントローダが付いていて、仕事に便利であった。 動力の取り出しは、前部、後部、腹部の3カ所にある。
独自解釈のレタリング。

“ポルシェ ディーゼル・スタンダードスター329・・・「撮りトラ@土の館」” の続きを読む