クボタMX5000「撮りトラ」

Nさんに連れて行ってもらった、クボタ筑波工場で行われた、関東甲信越クボタグループの「元氣農業応援フェア」その9です。

先日輸出仕様のクボタトラクターL4310を紹介しましたが、工場の片隅で見つけた、同じく輸出仕様と思われるMX5000「撮りトラ」です。

クボタトラクターMX5000です。もうすっかり「輸出仕様はカッコいい」という考えを刷り込まれてしまっているので、これもそう見えて仕方がありません。
クボタトラクターMX5000です。もうすっかり「輸出仕様はカッコいい」という考えを刷り込まれてしまっているので、これもそう見えて仕方がありません。
輸出仕様のクボタトラクターMXシリーズ MX5000(2002年 - 2008年) 50馬力です。
単に露出をミスっただけですが、色のイメージはこっちのほうが近いかな・・・すごくオレンジの色の濃い印象でした。それは心の色で、実際とは違うのかもしれませんけど。
輸出仕様のクボタトラクターMXシリーズ MX5000(2002年 - 2008年) 50馬力です。
何だかいつも水平線が傾いている・・・左が下がってしまっているんだな・・・気にしているのにどうしてそうなってしまうのだろう・・・

見たことある顔だよなあ・・・クボタGMシリーズ? クボタGLシリーズ? クボタKLシリーズ?・・・ところが実はどれとも同じではないのでした。強いていえば、GMシリーズとKLシリーズを足して2で割って、クボタ『K』のエンブレムをつけた感じです。

戚や兄弟なのは間違いないけど、これらのどれとも同じではありません。MXシリーズは独自の顔を持っていたのでした。
親戚や兄弟なのは間違いないけど、これらのどれとも同じではありません。MXシリーズは独自の顔を持っていたのでした。
輸出仕様のクボタトラクターMXシリーズ MX5000(2002年 - 2008年) 50馬力です。
目と目の間にちょっと小さめの『K』バッジ。やっぱり写真、左が下がってる・・・

“クボタMX5000「撮りトラ」” の続きを読む