「土の館」で見た “細ブル” ランツ・ブルドックD-2206・・・「撮りトラ」

今日は、スガノ農機「土の館」で見た、太いブルドックと細いブルドックのうち、細いほう・・・単気筒エンジンのランツブルドックトラクタD2206その2です。

ランツブルドッグトラクタ  1954年(昭和29)ランツ社製(ドイツ) D-2206型 22馬力  1955年(昭和30)本別町 井出正雄 83万円購入 地域ではトラクタが珍しい時代、賃耕に頼まれ昼夜活躍したという。 のちに柴田が入手自家保存のもの。 少数の導入で希少価値の高い一台である。
手前、細めのLanz Bulldog D2206。奥、太めのLanz Bulldog D1506。
ランツブルドッグトラクタ  1954年(昭和29)ランツ社製(ドイツ) D-2206型 22馬力  1955年(昭和30)本別町 井出正雄 83万円購入 地域ではトラクタが珍しい時代、賃耕に頼まれ昼夜活躍したという。 のちに柴田が入手自家保存のもの。 少数の導入で希少価値の高い一台である。
手前の丸い部分・・・これが始動ハンドルでしょうか・・・手を掛けるにもツルッとしていて、乾いた手のひらでは始動が難しそうです。
ランツブルドッグトラクタ  1954年(昭和29)ランツ社製(ドイツ) D-2206型 22馬力  1955年(昭和30)本別町 井出正雄 83万円購入 地域ではトラクタが珍しい時代、賃耕に頼まれ昼夜活躍したという。 のちに柴田が入手自家保存のもの。 少数の導入で希少価値の高い一台である。  同型は道内に2台導入された。  LANZ BULLSOG TRACTOR  YEAR: 1954(Showa 29)  Manufacturer: Lanz(Germany) Model: D-2206  Output: 22ps  In 1955(Showa30), Mr. Masao Ide of Honbetsu-cho purchased this tractor fo 830,000 Yen. At the time of purchase tractor were not very commonly used this area. The tractor was non-stop use for a good portion of the time  after purchasing it, loaning it out to order farmers when it wasn't being used. Eventually it came in the hand of Mr. Shibata who preserved it at home. Due to the limited quantity of this tractor in the area it is consdered a very rare treasure.  Duaring production, 2 of this model were purchased in Hokkaido.
鋳物のごついエキパイです。
ランツブルドッグトラクタ  1954年(昭和29)ランツ社製(ドイツ) D-2206型 22馬力  1955年(昭和30)本別町 井出正雄 83万円購入 地域ではトラクタが珍しい時代、賃耕に頼まれ昼夜活躍したという。 のちに柴田が入手自家保存のもの。 少数の導入で希少価値の高い一台である。  同型は道内に2台導入された。
銘板です。
ランツブルドッグトラクタ  1954年(昭和29)ランツ社製(ドイツ) D-2206型 22馬力  1955年(昭和30)本別町 井出正雄 83万円購入 地域ではトラクタが珍しい時代、賃耕に頼まれ昼夜活躍したという。 のちに柴田が入手自家保存のもの。 少数の導入で希少価値の高い一台である。  同型は道内に2台導入された。
D2206 22馬力とはっきりあります。

“「土の館」で見た “細ブル” ランツ・ブルドックD-2206・・・「撮りトラ」” の続きを読む