乗用最小構成のチェリートラクタは、きっとこっちがオリジナルだっ・・・「撮りトラ」

今日は「撮りトラ」。スガノ農機「土の館」で見た、青森県弘前市の神農工社というところで作っていた、チェリートラクタ(2台目)です。

1台目を見て気がつかなかったことが、二台並べて(実際には並んでいないのですが)見るとわかることがあります。

この前紹介したチェリートラクタ

乗用最小構成! 三輪のチェリートラクタ
かっくんと折れ曲がったステアリングポストが特徴的! ハンドトラクターの前に操舵輪を付けて、座席をなんとか適当なところに配置した形。

見ていてまったく気がつかなかったのですが、キャプションに7馬力と書いてあるのに、載っているエンジンは最大でも3.4馬力・・・違いがあるんです。

2台目のチェリートラクタ

チェリートラクタ  1954年(昭和29) 神農工社製 (日本) CT-52型 7馬力 三輪タイプ
チェリートラクタ 1954年(昭和29) 神農工社製 (日本) CT-52型 7馬力 三輪タイプ  1台目に比べてギュッと詰まってスペースのない感じ。エンジンも重厚な感じだし、こっちが本当なのではないでしょうか? 比べてみると1台目のエンジン、借り物感があります。
チェリートラクタ  1954年(昭和29) 神農工社製 (日本) CT-52型 7馬力 三輪タイプ
キャプションを見てみましょう。

“乗用最小構成のチェリートラクタは、きっとこっちがオリジナルだっ・・・「撮りトラ」” の続きを読む