日本の国鳥だなんて知らなかった・・・キジ

去年も6月の終わりころ庭で見かけたので、何だかそういう巡りなのだと思います。キジのオスが庭で砂浴びをしていました。

このときはオスしか見当たりませんでしたが、そのあと道路を夫婦で歩いているのを見かけたので、近くにいたのだと思います。

↑20秒ちょっと・・・動画。「バサバサばふっ」ってやってます。

 

こくちょー? ウソー知らなかった。

ウィキペディアによると

キジ(雉子、雉、学名:Phasianus versicolor)は、キジ目キジ科キジ属の鳥の一種。日本の国鳥。また国内の多くの自治体で「市町村の鳥」に指定されている。

とあります。

確かに、きれいな鳥だし聞いてみれば納得ですが、今まで知りませんでした。この後の記述に

日本のキジは毎年、愛鳥週間や狩猟期間前などの時期に大量に放鳥される。2004年(平成16年)度には全国で約10万羽が放鳥され、約半数が鳥獣保護区・休猟区へ、残る半数が可猟区域に放たれている。

これもまったく知りませんでした。国鳥だからそんなに放鳥しているのでしょうね・・・ということは、庭で見るのもどこかで放されたものかもしれません。それにしても知らないトコロで色々な活動が、思いもかけない形で動いているものです。

もちろん、モノを知らないオトコ、僕にいちいち断る必要もないんですけどね。

水戸市大場町のキジ
キジがバサバサ砂浴びをしています。5〜6分ほどでしょうか・・・カラスの行水とは風呂に入る時間が短いことですが、キジの行水は念入りです。
水戸市大場町のキジ
入浴が終わるとゆっくりと歩き出して、羽根をバサバサっとやります。ホコリがもわっと、立ちのぼっているのがわかるでしょうか?
水戸市大場町のキジ
かわいらしい耳のようなものが見えます。クマの耳みたいだなあ・・・もちろん耳じゃないでしょうけど・・・
よく見るとキジのオスはクマモンみたいに耳がある! それと、黄色い目を取り囲むように燃えているフレイムスというかファイヤーパターンがすばらしいデザインです。
よく見るとキジのオスはクマモンみたいに耳がある! それと、黄色い目を取り囲むように燃えているフレイムスというかファイヤーパターンがすばらしいデザインです。

“日本の国鳥だなんて知らなかった・・・キジ” の続きを読む

ソフトボール大会じゃなくて審判大会だった

よくよく聞いたわけではないですが、どうして2回ソフトボール大会があるのか何となく理解しました。

前回は大場ブロックの大会で、その優勝、準優勝チームが、より大きな範囲の今回の常澄ブロックの大会に進出する・・・ということのようです。先週の大会では2チームしか参加していないので、当然今回出場する権利? があるわけです。

まあ、他の地域の人にはまったく関係ない極超ローカルなお話ですけどね・・・

環境保全会も町内会もその他の行事もメンバーがいっしょなので、時々何をやってるのか、母体がどこなのかわからなくなります。

大抵こういう時の来賓の方の挨拶は「お天気が心配な中、皆さんの日頃の行いが良かった所為でお天気に・・・」って感じになるんです。もちろんそのときは苦笑いの混じったビミョーな空気が流れるんですけどね。 まあ、とにかくいい天気になってしまいました。なってしまったものは仕方がありませんから、やるしかないですね。レンズのフードがずれて黒く写っているのはご愛嬌です。
大抵こういう時の来賓の方の挨拶は「お天気が心配な中、皆さんの日頃の行いが良かった所為でお天気に・・・」って感じになるんです。もちろんそのときは苦笑いの混じったビミョーな空気が流れるんですけどね。 まあ、とにかくいい天気になってしまいました。なってしまったものは仕方がありませんから、やるしかないですね。レンズのフードがずれて黒く写っているのはご愛嬌です。
おとうさんソフトボール
何だかすごくいっぱい人がいる! 見慣れない風景です。

去年優勝、今年1回戦コールド

島地区の体育委員さんがトロフィーを持っているので訳を聞くと、「去年優勝した」というではありませんか・・・そんなの聞いてねーゾ?!?!
島地区の体育委員さんがトロフィーを持っているので訳を聞くと、「去年優勝した」というではありませんか・・・そんなの聞いてねーゾ?!?!

去年は雨で大会が中止になり、なんとジャンケンで優勝、準優勝、3位を決めたのですが、その時に優勝してしまったのだそうです。ジャンケン強え〜

これは先攻後攻を決めているところですけどね
これは先攻後攻を決めているところですけどね
ドローに「大場島」と、書いているところです。ちなみに島の名前みたいですが「おおばとう」と読むのではなく、「おおば・しま」と読むのです。ついでにですが、イントネーションは普通は「しま→」とフラットかやや語尾を強調する感じになりますが、逆に下げる感じで「しま↘」と呼んでいます。
ドローに「大場島」と、書いているところです。ちなみに島の名前みたいですが「おおばとう」と読むのではなく、「おおば・しま」と読むのです。ついでにですが、イントネーションは普通は「しま→」とフラットかやや語尾を強調する感じになりますが、逆に下げる感じで「しま↘」と呼んでいます。
始めたらあっという間の5回コールド。30分もかからなかったのではないでしょうか・・・今回は前回で慣れたのもあり、筋肉痛になる暇もありませんでした。
始めたらあっという間の5回コールド。30分もかからなかったのではないでしょうか・・・今回は前回で慣れたのもあり、筋肉痛になる暇もありませんでした。
ソフトボール30分、負けたチームが審判を出すのでそのあと2時間以上審判・・・ソフトボール大会じゃなくて審判大会だった・・・
ソフトボール30分、負けたチームが審判を出すのでそのあと2時間以上審判・・・ソフトボール大会じゃなくて審判大会だった・・・