当時の感覚で5千万円!のトラクター MAN Ackerdiesel AS440A・・・「撮りトラ」

北海道上富良野町にあるスガノ農機の『「土の館」 土と犂の博物館』で見た、MANトラクタ「撮り虎」続きです。

ウィキペディアより。物凄く厚みがあって短い印象のトラクターです。土の館に展示されているものは、1958年、300万円で購入(間違っているかも)という破格な価格の四輪駆動マシン。今でも相当高そうに見えます。
ウィキペディアより。物凄く厚みがあって短い印象のトラクターです。土の館に展示されているものは、1958年、300万円で購入(間違っているかも)という破格な価格の四輪駆動マシン。今でも相当高そうに見えます。

その破格のマシンに東芝

いつも確認するヘッドライト。
いつも確認するヘッドライト。
拡大してみます。キラキラ光って分かりにくいけど、かろうじて読める部分と、頭の中のイメージからするとToshibaな感じ。
拡大してみます。キラキラ光って分かりにくいけど、かろうじて読める部分と、頭の中のイメージからするとToshibaな感じ。
東芝の昔のマーク・・・これに見える。
東芝の昔のマーク・・・これに見える。
ネットでもっとはっきり東芝の文字が見えるライトを探してみる・・・これでしょう! 大変高価な60年近く前のトラクターに東芝ランプが採用されていたんです。
ネットでもっとはっきり東芝の文字が見えるライトを探してみる・・・これでしょう! 大変高価な60年近く前のトラクターに東芝ランプが採用されていたんです。

このカッコいいリフレクターはHASSIA

“当時の感覚で5千万円!のトラクター MAN Ackerdiesel AS440A・・・「撮りトラ」” の続きを読む