1人で作業もできるけど2人乗り?クボタコンバインNX1800・・・「昔のカタログ」

今日は「昔のカタログシリーズ」。トラクター狂さんに送っていただいた、昭和52年、1977年のクボタコンバインNX1800のカタログです。

今とすっかり同じ形のように見えますが、ちょっと角張っているのと、今のように煙突みたいなモミ移送パイプでモミをトラックに移すのではなく、モミがモミ専用袋に入って、袋を「よっこらせ」とトラックかなにかに人力で移すタイプのようです。

クボタディーゼルコンバイン 3条刈り NX1800のカタログ表紙。
クボタディーゼルコンバイン 3条刈り NX1800のカタログ表紙。

2人乗ってます。空中に張り出したステップでもあるのでしょうか、運転席の後の女性は稲穂の上を飛んでいるような感じで相当浮遊感が楽しめそうです。コンバインのうしろは刈り痕がはっきりしませんが、3条刈りというとこんなものなのでしょうか・・・稲を踏まないようにと考えると、足の幅は相当狭いんでしょうね・・・

低振動・低騒音の18.5馬力3気筒ディーゼル 新開発水冷3気筒18.5馬力ディーゼルをこのクラス初採用。3気筒のため振動・騒音が少なく、長時間作業も快適です。専用設計のエンジンは、刈取りに、脱穀に、湿田走行にと、ねばり強い実力を発揮。しかも低燃費-耐久性にすぐれた経済タイプです。 ●寒冷地でも、セルスターターでラクにスタートできます。
低振動・低騒音の18.5馬力3気筒ディーゼル 新開発水冷3気筒18.5馬力ディーゼルをこのクラス初採用。3気筒のため振動・騒音が少なく、長時間作業も快適です。専用設計のエンジンは、刈取りに、脱穀に、湿田走行にと、ねばり強い実力を発揮。しかも低燃費-耐久性にすぐれた経済タイプです。 ●寒冷地でも、セルスターターでラクにスタートできます。

昔のディーゼルエンジンは始動性に難があったのでしょうね。良いことを並べたあと、先回りをするように「●寒冷地でも、セルスターターでラクにスタートできます。」とあります。

一人作業に大きな余裕を生んだ(オートシャッタ付き)グレンホッパ 揉み手口は4袋自動切替え式。しかも約3袋分の大容量ホッパ付き(1800-AH)。7袋分連続作業でき、袋交換までグンとゆとりがあります。袋に一定量入ると、クボタだけの電磁弁式オートシャッタが自動的に出口を閉め、モミはスムーズに次の袋へ。それぞれの収量がほぼ一定です。4袋一杯でランプが知らせ、さらにタンクに一定量になるとブザーが通報します。袋交換の手間がごく少なく能率的です。
一人作業に大きな余裕を生んだ(オートシャッタ付き)グレンホッパ 揉み手口は4袋自動切替え式。しかも約3袋分の大容量ホッパ付き(1800-AH)。7袋分連続作業でき、袋交換までグンとゆとりがあります。袋に一定量入ると、クボタだけの電磁弁式オートシャッタが自動的に出口を閉め、モミはスムーズに次の袋へ。それぞれの収量がほぼ一定です。4袋一杯でランプが知らせ、さらにタンクに一定量になるとブザーが通報します。袋交換の手間がごく少なく能率的です。

“1人で作業もできるけど2人乗り?クボタコンバインNX1800・・・「昔のカタログ」” の続きを読む