「昔のカタログ」富士小松ロビンインターナショナル・・・長いな

何となく気持がそっちへ向くと続いちゃいます。今日も昔のカタログシリーズ

昭和42年12月、このインターナショナルを販売するため、「富士小松ロビン株式会社」ができ、そのわずか2年と半月後、昭和45年6月にはなくなってしまったという、小松ロビン株式会社のコマツインターナショナル総合?カタログです。

マコーミックインターナショナル インターナショナル624(62PS)とライスコンバイン105(55PS)
マコーミックインターナショナル インターナショナル624(62PS)とライスコンバイン105(55PS)

実写ないかなあ・・・探してみた

過去の投稿から・・・IH624です。カタログには、●4気筒62馬力 ●これからの大型農業経営のエース!! と書いてあります。
過去の投稿から・・・IH624です。カタログには、●4気筒62馬力 ●これからの大型農業経営のエース!! と書いてあります。
こちらも過去の投稿から・・・インターナショナル105コンバインです。もちろん稲刈り仕様。
こちらも過去の投稿から・・・インターナショナル105コンバインです。もちろん稲刈り仕様。

●抜群の機能プラス使いやすさ ●高い作業性能を約束する合理的設計 と書いてあります。

単体、インターナショナル105のカタログはこちらのリンクから。

international105 combine 886 インターナショナル105コンバイン
フロート付きですが、湿田の前には役に立たなかったようです。

 
インターナショナル434(43.5PS) インターナショナル276(37.5PS)とあります。これは過去の記事にないなあ・・・
インターナショナル434(43.5PS) インターナショナル276(37.5PS)とあります。これは過去の記事にないなあ・・・

“「昔のカタログ」富士小松ロビンインターナショナル・・・長いな” の続きを読む