三菱コンバイン・・・ダイナミックフェア2014

なんだか残暑なく、そのまま秋に突入してしまったようです。朝はもう寒いくらい。

珍しく遅くまで仕事をして寝坊だったため、今日は写真も少なめ記事も少なめで・・・ダイナミックフェア2014(JAグループ茨城の第40回農機・生産資材大展示会+同時開催の第55回中古農機展示即売会)で見た三菱コンバインです。

三菱コンバイン mitsubishi combine V319GYC 3条刈り 価格¥3,283,200  水冷4サイクル3気筒ディーゼルエンジン 19馬力 G:グレンタンク400L(2段折オーガー) C:ディスクカッタ(切断長60mm) Y:幅広クローラ(400mm×1000mm) 簡単刈取りスタート ニューツインハーモニー 強制かきこみスイッチ 刈取りジャストフロート リフトシャット 上位機種と同じ機能が付いています。以上、プライスタグに書いてあります。
三菱コンバイン mitsubishi combine V319GYC 3条刈り 価格¥3,283,200 水冷4サイクル3気筒ディーゼルエンジン 19馬力 G:グレンタンク400L(2段折オーガー) C:ディスクカッタ(切断長60mm) Y:幅広クローラ(400mm×1000mm) 簡単刈取りスタート ニューツインハーモニー 強制かきこみスイッチ 刈取りジャストフロート リフトシャット 上位機種と同じ機能が付いています。以上、プライスタグに書いてあります。
三菱コンバイン mitsubishi combine VG570RSLYM 5条刈り 価格¥9,910,080 水冷4サイクル4気筒ディーゼルエンジン 3331cc 70.7馬力 S;スーパーeスレッシャー(送風量自動調整機能・撥水加工振動板) L:水平制御 Y:ハイラグクローラ(巾500mm) M:マルチカッター(切断長60/180mm) ニューツインハーモニー 増速ツインこぎ胴 強制かきこみスイッチ 倒伏刈りスイッチ 以上、プライスタグに書いてあります。クボタ製エンジンが載っているようです。
三菱コンバイン mitsubishi combine VG570RSLYM 5条刈り 価格¥9,910,080 水冷4サイクル4気筒ディーゼルエンジン 3331cc 70.7馬力 S;スーパーeスレッシャー(送風量自動調整機能・撥水加工振動板) L:水平制御 Y:ハイラグクローラ(巾500mm) M:マルチカッター(切断長60/180mm) ニューツインハーモニー 増速ツインこぎ胴 強制かきこみスイッチ 倒伏刈りスイッチ 以上、プライスタグに書いてあります。クボタ製エンジンが載っているようです。
三菱コンバイン mitsubishi combine V698M 6条刈り 価格¥13,770,000 水冷4サイクル4気筒ディーゼルターボエンジン 3769cc 98.4馬力 以上、プライスタグに書いてあります。こちらもクボタ製エンジンのようです。
三菱コンバイン mitsubishi combine V698M 6条刈り 価格¥13,770,000 水冷4サイクル4気筒ディーゼルターボエンジン 3769cc 98.4馬力 以上、プライスタグに書いてあります。こちらもクボタ製エンジンのようです。
上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

“三菱コンバイン・・・ダイナミックフェア2014” への7件の返信

  1. 某メーカー系販売店のサービスマンさんとコンバインの話をしていたら「三菱は設計が古いですからねぇ。。。」って言ってました。

    私のお世話になっている農機具屋さんは、「三菱は変なトコロが壊れないし、修理し易くてイイよ。」って。

    二人の話を総合して善意に解釈すると「三菱はシンプルでベーシックな機械づくりをする」ってコトなんだろうと思います。

    先日、その農機具屋さんから、「使ってみて、気に入ったら買ってヨ。」って、三菱の中古コンバインを借りることになって、今週から中生品種の稲刈りに使っています。

    一世代前のモデルなんですが、走る。刈る。脱穀する・・・っていう基本的な動作しかしなくて、「コレ何する装置?」っていうモノが全く無いのも私の好みに合っているので、この機に買い換えちゃおうと思っています(笑)

    1. 愛読者さん おはようございます

      農機具屋さんは愛読者さんの好みをよーく知っているようです

      設計が古い→壊れにくい

      確かにそんな気がします
      それに設計が古いだけではいいとも悪いともつかない評価ですものね
      もしかしたら設計の方向によっては 設計が新しい→壊れやすい となるかもしれないし・・・

    2. ウチは三菱の5条のVG85つかってるけど、たしかに設計が古いとかそういうのはあるかも…(汗
      電子制御関係は遅れてますね(苦笑

      コンバインはしばらく三菱しかつかってないから耐久性や整備性の比較はわからないけど、ウチは機械屋に点検整備は依頼しないし、消耗品関係は自前でやってぶっ壊れたら直せるとこは部品頼んで交換という雑な使い方してますが…いまのは8年目ですが工場行きの重整備が必要な故障はないですね。

      >規模の違いによっての差があまり感じられません

      いまだと工作技術など成熟してますからね。車にしても劇的に違うとかはないですね。
      ただ規模の大きいほうがライナップが多かったりエンジンの基幹技術もってたりとか
      三菱にしてもトラクターは小型モデルのみ自社だし、田植機も直播はまだ出していない。コンバインが辛うじてフルライナップ
      商品数に差がでますね

      1. 野良犬さん おはようございます

        三菱にしてもトラクターは小型モデルのみ自社だし、田植機も直播はまだ出していない。コンバインが辛うじてフルライナップ
        商品数に差がでますね

        確かにメーカーによっては揃っているように見えても
        OEMだったり、微妙に歯抜けだったりしています
        そういうところに規模の違いが出ちゃってるんですね

        それだけラインナップが揃っているということはお客さんを逃さないために大事なことなんでしょうねえ・・・
        「大きいトラクターはクボタで買ってください」みたいに潔くはいかないところがおもしろいです

  2. 三菱はコンバインは自社生産ですね。ただしエンジンはクボタだったかなぁ…型番がクボタのエンジンの型番だったようが気が

    トラクターは60馬力以上GVシリーズやGRシリーズはクボタのレクシアやグローブのOEMですね。
    まあ、国内第四位のメーカーといえば聞こえはいいですが井関の1/4〜1/5規模、クボタと比較すれば1/25〜1/30とかの規模ですからね。
    まあクボタはいまや農機具だけで一兆円以上の売上をだし世界第四位の農機具メジャーに駆け上っていて三位のAGCOを射程圏にとらえてます。
    ジョンディア、CNHの下、AGCOと競うあうとこまできましたからね

    三菱はせっかくマヒンドラと組んだんだからためしにマヒンドラのトラクターを格安でうってくれないからなぁ…
    とおもったけとインドだと排ガス規制緩いから無理か

    1. 野良犬さん おはようございます

      すごいですねぇ クボタ
      一兆円ですか・・・
      他の国内農機メーカーと製品に違いがあまり見られないですが
      会社の規模はずいぶんと違うんですね

      きっとどこかすごく工夫しているところがあるんでしょう

      そういえば車メーカーも同じような感じで
      規模の違いによっての差があまり感じられません

      不思議ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。