昔のカタログシリーズ 加藤製作所 HD-400 SE-II

Kato HD-400 se-II model
加藤製作所パワーショベル HD-400 SE-II 質実剛健な外観とスッキリしたパネルに似合わないイラストが不思議です。

以前OPさんに送っていただいた昔のカタログシリーズで、加藤製作所のバックホーです。

前にこれの小さなヤツを操作できるような講習を受けたはずなんですが、こちらもトラクターと同じくらいなじみのない機械・・・ただ、トラクターよりも乗った時の「万能感」は大きいですね。

トラクターは「万能感」というよりは、その走破性にしびれる感じでしょうか・・・

Kato HD-400 se-II model
加藤製作所パワーショベル HD-400 SE-II ネットで調べてみると大体1985年あたりの製品のようです。概ね30年選手。カクカクしているところがちょっと古さを感じさせるぐらいで、とりたてて「古いなあ」という感じはしません。

全油圧式<ショベル>? ということは、半油圧式ショベルがあるということ?

調べてみると、油圧/ワイヤー併用の半油圧式というのもあったようで、建設MiLの土木建機発達史のなかに「1951年にはビサイラス社がトラック搭載式半油圧バックホH3を開発し・・・」というくだりがあります。

H3、調べてみましたけどErie H3 hydrocraneしか見つかりませんでした。さすがにもう残っていないのかもしれません。
H3、調べてみましたけどErie H3 hydrocraneしか見つかりませんでした。さすがにもう残っていないのかもしれません。

かえって「全ワイヤー式」のほうがたくさん出てきます。おもしろいなあ

全ワイヤー式はほとんどがスチームショベル
全ワイヤー式はほとんどがスチームショベル

“昔のカタログシリーズ 加藤製作所 HD-400 SE-II” の続きを読む