アゼスゲ?ヌマアゼスゲ?気持はどうせなら珍しい方のヌマアゼスゲなんですけどね

アゼスゲ?ヌマアゼスゲ?
アゼスゲ?ヌマアゼスゲ?

4月も終わり頃、水路のほとりにあまり見ない草丈40センチほどの雑草を見かけました。てっぺんの大きな穂がオレンジで、それを下で支えるように取り巻くちょっと小さめの穂は白。

「ヌマアゼスゲ」茨城県レッドデータブックに載ってる
「ヌマアゼスゲ」茨城県レッドデータブックに載ってる

初め色々調べて「ヌマアゼスゲかな?」と思ったのですが、「アゼスゲ」との違いがよくわからない。気持はどうせなら珍しい方のヌマアゼスゲなんですけどね。

「ヌマアゼスゲ」って茨城県のレッドデータブック絶滅危惧ⅠBに当たるのでした。同じラインに優良事例発表会で見たクリンソウもありました。

「クリンソウ」も茨城県レッドデータブックに載ってます
「クリンソウ」も茨城県レッドデータブックに載ってます
ヌマアゼスゲ<沼畦菅>だと カヤツリグサ科スゲ属で平地の川岸の湿地に見られる多年草。春に開花するとありました。
ヌマアゼスゲ<沼畦菅>だと カヤツリグサ科スゲ属で平地の川岸の湿地に見られる多年草。春に開花するとありました。
アゼスゲ?ヌマアゼスゲ?
この仲間はみんな同じように見えてすごく同定が難しそうです。
アゼスゲとヌマアゼスゲの違いを調べたのですがよくわかりませんでした。こりゃ永遠に謎だな
アゼスゲとヌマアゼスゲの違いを調べたのですがよくわかりませんでした。こりゃ永遠に謎だな

世界で売れたチェコ生まれ。Zetor(ゼトル)トラクタ 2011←たぶん「撮り虎」

鉃道を撮る撮り鉄があるならトラクターを撮る「撮りトラ」、永続キャンペーン中です。

Zetor(ゼトル)2011として話を進めてしまいます。Zetor(ゼトル)2011の生産は1963年から1967年まで行われ、その1.6リッター2気筒ディーゼルエンジンは25馬力を発生。前進10段後進2段のトランスミッションを持っていました。
OPさんに送っていただいた写真。見たことのないトラクターです。ちょっとFIATみたいな流麗な機体。とんがり鼻の先にあるマークも素敵です。金色の機械部分にオレンジのカバー。組み合せも色々です。

ZELT?筆記体は厄介だなあ・・・

またまたOPさんの写真シリーズです。当然ながら見たことのないトラクターです。手がかりを探していると・・・

拡大すると機種名、もしくはメーカー名らしいものが・・・
拡大すると機種名、もしくはメーカー名らしいものが・・・

あった!会社名だきっと「Zetor」

初めのうちはZELTだと思っていたのですが、出てこないので色々と打ち変えているうちにサジェスチョンで「Zetor」と出てきました。意外と有名なのかも!

このマークが書いてあるんだ!「Zetor」その後に機種名が続いているのでしょう。
このマークが書いてあるんだ!「Zetor」その後に機種名が続いているのでしょう。

Zetor(ゼトルって読んじゃいますね!読み方がわからないので)はトラクターブランド名、もしくはトラクター製造会社で、自動車メーカーである チェコのZbrojovka Brnoという会社の頭文字の「Zet」とトラクターの最後の二文字「or」を合わせた造語みたいです。(こういうネーミングはよくあります)

調べてみると先進的装備をいち早く取り入れる大きな会社みたいです

テキトーに雰囲気で訳しちゃいますね!

Zetor(ゼトル)は1946年以来、アメリカを含む世界80カ国で110万台以上のトラクターを生産しています。

“世界で売れたチェコ生まれ。Zetor(ゼトル)トラクタ 2011←たぶん「撮り虎」” の続きを読む