黒いのはヘッドライトSW!ケース・デヴィッドブラウン1212「撮り虎」その2

今日は「撮り虎」、北海道でインターナショナルB-450と一緒に見た、CASE DAVID BROWN 1212その2です。

david-brown-1212
恐竜ですね・・・年式がB450より新しいのもあるでしょうが、丸みを帯びて赤いB450に比べて、スクエアで白くちょいとモダンな感じもします。併せて力強さも・・・
david-brown-1212
シンプルなメーターまわり。表示が日本語です。照明とか、カッコいいなあ。ピカピカのシフトノブも素敵! 赤とも茶色とも付かない微妙な色です。ドーモ君が大きく口を開けてるくらいボンネットが高いので、ハンドルのここまでインパネがかぶってきています。

「日本語表記!」個性的な白いトラクター、デビッドブラウントラクターは、今の三菱農機株式会社の前身、 佐藤造機株式会社で販売されていたみたいです。

ウィキペディアに年表が載っていました。

略歴

現社名となったのは比較的新しいが、農業機械の製造販売の歴史は案外古く、創業は1914年(大正3年)に遡る。それまでは「サトー」ブランドとして親しまれてきた。以下、その略歴を記す。
1914年(大正3年)6月 – 佐藤忠次郎(さとう ちゅうじろう)がサトー式稲扱機で創業
1945年(昭和20年)2月 – 佐藤造機株式会社に社名変更
1971年(昭和46年)3月 – 経営に行き詰まり会社更生法を申請。早川種三を管財人に迎えて経営再建を図る
1980年(昭和55年)2月 – 三菱機器販売株式会社と合併し、社名を三菱農機株式会社へ変更
2007年(平成19年)1月 – 国内の広域販売会社8社を2社に、部品センター6箇所を2箇所にそれぞれ統合
2011年(平成23年)12月 – 三菱重工業の完全子会社となる

三菱のトラクター、今では「赤」ですが、昔は「白」だったんですね。

david-brown-1212
B450にもあったけど、ここにも黒く大きいスイッチついてます。

黒いスイッチはヘッドライトスイッチ

“黒いのはヘッドライトSW!ケース・デヴィッドブラウン1212「撮り虎」その2” の続きを読む

見えなかったものが見えた!「ヤマコウバシ」

この寒いときだけ見つけられる木
それは「ヤマコウバシ(山香ばし)」
とっても不思議で面白い木なんです。

落葉樹なのに枯れ葉が落ちない
雌雄異株で日本に雌株しか無いのに実がなる
その実が2年かかって発芽するんです

kobbasanさんに教わったヒントをたよりに「ヤマコウバシ」を見てきました。

ポイントは日本に雌株しか無いのに実がなるというのはともかく、落葉樹なのに枯れ葉が落ちないというなら楽勝です。冬ならハダカの木ばっかりで葉っぱの落ちない木は目立つだろう・・・ってなもんです。

そんな簡単ではなかった・・・

至る所、落ちない葉っぱだらけ・・・これは違うだろうなあ。もう3時を回るとすっかり夕方って感じで、日差しも黄色になっちゃいます。
至る所、落ちない葉っぱだらけ・・・これは違うだろうなあ。もう3時を回るとすっかり夕方って感じで、日差しも黄色になっちゃいます。

実は思ったより枯れ葉を落とさない木は多く、これなんかかなりしっかりついています。でも、細長く、葉脈も細かくたくさん付いている。違うなあ。

こんな感じです。葉っぱを落とさない落葉樹はけっこうあるのでした。
こんな感じです。葉っぱを落とさない落葉樹はけっこうあるのでした。
上のほうはすっかり葉を落としていても、下のほうはこうやって残っています。
上のほうはすっかり葉を落としていても、下のほうはこうやって残っています。

そうか!風だ

ヤマコウバシは落葉低木だそうですから、きっと葉っぱがしっかりついているのと背が低いので葉っぱが落ちにくいんです。見回してみると、枯れ枝ばかりだと思った雑木林も茶色の葉っぱを付けた木の枝があちこちにあることがわかります。

落葉樹なのに冬、葉っぱを落とさない「ヤマコウバシ」
「ヤマコウバシ」これかなあ・・・よく見ると葉の付け根に新芽がついているのがわかります。

“見えなかったものが見えた!「ヤマコウバシ」” の続きを読む