いつもの田んぼで荒代かき2・・・シロウト向けトラクター代かき講座

切れ切れに続いている、シロウト向けトラクター代かき講座です。(というよりシロウトの農業体験なんですけど・・・)

この田んぼでは荒代かきと代かきの2回で田植えに入るのですが、(今年は荒代かきと代かきの間にもう一回はさんだみたいです)荒代かきその2です。

まっすぐ走れたと思ったら、まっすぐ走ることだけ気になって軸が曲がってしまって最後に隙間が空いちゃう尻抜け状態。ホントだったら常に平行になってるはずのシロカキの痕なんですが、それがあちこちでクロスしちゃってます!

塀に板を打ち付けるのにテキトーにやってたら、最後で思い切り斜めになっちゃうイメージですね。

板を貼るとき考えなしにやると、しわ寄せが最後にきちゃう

↑板を貼るとき考えなしにやると、しわ寄せが最後にきちゃう

まっすぐはまっすぐでも、ナナメにまっすぐではイケナイ

アニメーションにすると「わけない」感じですが、現実はキビシイ!

シロカキラインは生き別れたり・・・
シロカキラインは生き別れたり・・・
クロスしてしまったり・・・
クロスしてしまったり・・・
畔際ではグチャグチャになってしまったり・・・
畔際ではグチャグチャになってしまったり・・・

アニメーションを作っているうちに時間切れ・・・今日はここまでです。

良い子はマネをしないようにしましょう
良い子はマネをしないようにしましょう
上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

“いつもの田んぼで荒代かき2・・・シロウト向けトラクター代かき講座” への8件の返信

  1. 除草機と言っても、1条や2条を処理するヤツなら、少々曲がっていてもどうということはないんです。

    乗用の株間除草機などを使う場合は、田植機で植えた1組(4条とか6条とか8条とか)の列と、除草処理をする1組の列が一致していないとダメな上に、隣の組の端っこの条との間隔が詰まってしまうと、隣の条の苗を踏みつぶしてしまうので、直線的に等間隔で植えていないと、除草作業中のストレスが半端無く高まります。

    除草剤を使ってしまえば不要となる作業なので、除草機なんて、あんまり見かけないかも知れませんね。

    ↓こういうタイプの機械です。
    http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&v=wZxg3UJPQ7g&NR=1

    1. 愛読者さん おはようございます

      初めて見ました
      ホントにアメンボみたいです!
      それに結構速くてカッコイイ
      ゴソゴソ草が取れてますね

      確かにこれなら真っすぐなほうがやりやすいです
      それにターンしたあとの列の境目がポイントになってきますね

  2. 私なんか、代掻きどころか、田植えの時にだって良くあることです(笑)

    除草剤を使わない代わりに除草機械を入れようと思っていた田んぼで曲がっちゃうと、気持ちが萎えます。
    苗だけに。。。

    1. 愛読者さん こんにちは
      あははは「なるほど!」と膝を打っちゃいましたけど
      解説が入らないとわからないのが辛いトコですねえ・・・
      除草機械は曲がっちゃうと使いにくいのですか?

    1. OPさん こんにちは

      あまり他の田んぼでこうなっているの見たことないんですけど・・・
      優しいですねえ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。