インターナショナル676その2・・・撮りトラ

昨日の続き撮りトラ。Dさんが送ってくれたインターナショナルトラクターの676です。

IH676
674は見つかるんですけど、676はないなあ・・・

674なら見つかるぞ?

全体像がよくわかりませんが、674なら見つかります。

インターナショナル674 形はそっくりです。落ちちゃった目の位置がこちらのほうが下のようにも思えるし、オフセットのでかいホイールにタイヤの太さも違いますね。フェンダーはこちらのほうがしっかりしてますね。それにこれはフェンダーにライトが付いています。
インターナショナル674 形はそっくりです。落ちちゃった目の位置がこちらのほうが下のようにも思えるし、オフセットのでかいホイールにタイヤの太さも違いますね。フェンダーはこちらのほうがしっかりしてますね。それにこれはフェンダーにライトが付いています。

IH 674だったら、年式は1973年-1977年 3.9リッターディーゼル4気筒54馬力といったところなのですが・・・

更に探していると・・・あった!

海外のサイトですけどやっと見つけました IH 676に間違いありません。なぜか目の位置がオリジナルより1マス上なんですね!
海外のサイトですけどやっと見つけました IH 676に間違いありません。なぜか目の位置がオリジナルより1マス上なんですね!

コマツインターナショナル232も目の位置が真ん中だった・・・ということは、コマツインターナショナルとそうじゃないものは目の位置で区別できるかもしれない!

なんだかきっちりした日本人らしいというか、何というか・・・「なんで伏し目がちなの?」「真ん中に入れようよ」ってな感じで気持よく真ん中に入れちゃうことにしたのではないでしょうか?

それともフェンダーライトを廃止しちゃったので、その分目を上に上げたのかしら?

IH676
タイヤも細くてでっかい!
IH676
エンジンも一緒!
IH676
まさに同じショット

RED POWER MAGAZINEというKATYで調べもののお世話になったサイトにあったのですが、やっぱりそこの住人もあまり見たことがないようです。更に探すと・・・

おや??日本語じゃん!

The data plate is written in Japanese!It was produced in Moka factory of Komatsu Ltd.It is a name of the levers to be written.Draft control lever.Raise response lever.Position control lever.PTO clutch lever.
PTOクラッチレバー以外の、レイズレスポンスレバー、 ポジションコントロールレバー 、ドラフトコントロールレバー・・・見たことがありません・・・どんな働きをするものなのだろう?

あっ栃木の真岡工場!最近閉鎖になってしまったんですよね?

よく見れば6気筒?

RED POWER MAGAZINEにインターナショナルの型番は最後の数字がエンジンの気筒数を表すって書いてあるので、IH674と同じ車格(馬力やその能力など・・・)だけど6気筒エンジンを積んじゃったよ・・・ということではないでしょうか?

ということは以前のコマツインターナショナル232は2気筒ということなんだ!

そのクラスの6気筒エンジンがなかったか、4気筒で十分なのでその必要がなかったということで外国製にはそのラインナップが無いのでしょう。

ということはエンジンも日本製。そして日本製ということは、これにコメントをいただいたようにマツダや日産のエンジンが載っているということも頷けます・・・見るとディーゼルの6気筒みたいです。

日産はトラックの6気筒がありますけどちょっと馬力がでかすぎるような気がします。逆に2.8LくらいのL28Dとかいうエンジンもあったらしいですけどどっちも帯に短し襷に長しって感じですね。

マツダはよくわからないのですが、やはり6気筒のトラック用ディーゼルエンジンはあったみたいです。さて、どっちでしょ?

・・・

ここのところずっとインドア派なんです。それに加えてこうやってトラクターのサイトばかり見ていると、どんどん深みにはまって行くような気がします。「撮りトラ」なんてやってるうちに自分がもしかして「鉄ちゃん」ならぬ「トラちゃん」になってしまったかな???

「虎穴に入らずんば虎児を得ず」どんな虎児が居るのかわからないけど、ここまできたら徹底的に虎穴を捜索するしかないですよね?