平成24年度農地・保全管理支払交付金説明会に行ってきました

平日にも関わらずたくさんの人!皆様ご苦労様です
平日にも関わらずたくさんの人!皆様ご苦労様です

昨日は平成24年度農地・保全管理支払交付金説明会(長いっ)に行ってきました。たまたま予定していた仕事が早く終ったので行くことができましたが、こういうの日曜日(日曜日休みの人ばかりではないですが)とかにやってもらうと助かるし、参加できる人もより多くなると思うんですけど・・・

次第を見てビックリ!PM1:30からPM4:30まであります。ただ、共同活動しかやっていない団体はその説明が終ったら帰ってよいということでしたので、一時間ほどで帰ってきました。
次第を見てビックリ!PM1:30からPM4:30まであります。ただ、共同活動しかやっていない団体はその説明が終ったら帰ってよいということでしたので、一時間ほどで帰ってきました。

書類が簡素化されるのでは?という予想もあったが・・・

提出書類が簡素化されるのでは?という予想があったのですが、聞いた限りにおいてはどうもそれはないみたいでした。活動記録簿など、今まで提出しなくても良いとされていたものが提出されることになったのでかえって増えたのではないか?という印象です。

もともとめんどくさいので全部提出していたのでまったく今までと変わらず・・・トホホ。

ちょっと書類の体裁が変わっているだけでした。これで政権交代したらまた名前が変わったり、制度がなくなったりで混乱するのだろうか・・・まあ、全くの見ず知らずの人にスポンサードをお願いするということを考えると、事務量が減るわけないのは明白なんですけどね。

任意の組合と人格のない社団???

一つ注意喚起を促されたのは任意の組合と人格のない社団の違いを考えよということでした。なんじゃ?それ?って感じですけど、貰った資料やネットで見てみると・・・九州農政局の説明に詳しいものがありました。

以下パクリです。

任意の組合と人格のない社団

任意の組合と人格のない社団

任意の組合と人格のない社団

任意の組合と人格のない社団

う〜ん・・・これを見てみると、隣組とかが任意組合で、広く構成員を募って販売まで行うような団体は人格のない社団という感じでしょうか。人格のないというのはその団体が自立的に存在するというか、構成員が変わっても同じように存在して内容も変わっていうような・・・うまく説明できない。

とにかく大きい団体は更に成長するためにも人格のない社団となって税制上もそのような扱いを受けよ。という指示のように受け取れました。

普段知ることのなかった任意組合とか人格のない社団とかいう言葉・・・少しおりこうさんになっちゃった感じです。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

“平成24年度農地・保全管理支払交付金説明会に行ってきました” への2件の返信

  1. お疲れ様です。
    う~ん春先の概要では簡単な説明だったので肩すかしでしたね。
    カンタンになるんじゃなくて、詳細が決まらなくてカンタンな説明しか載せられなかっただけだったのでしょうか。

    何度か概要が配布されてもすぐ変更、を繰り返した揚げ句、結果元通りといった感じですかね?

    こっちでは点検などの活動記録簿は以前から提出してましたが、任意から義務に変わった感じとかですか?

    1. OPさん おはようございます

      何度か概要が配布されてもすぐ変更、を繰り返した揚げ句、結果元通りといった感じですかね?

      そうですね。僕が受けた印象はそんな感じでした
      少なくとも簡素化するというような言葉はなかったように思います
      逆に今まで提出しなくてよかった(しかし手元には残していなくてはならない)書類が
      提出するようになったものが増えたようです
      今まではどこが主体となって行っているのかよくわからなかったものが
      国、県、市・・・それぞれバラバラに分けて相手になった感じで
      そのために提出物も増えたのかもしれませんね

      やっぱりユーザーとしてはワンストップがいいなあ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。