鍛え方が違う

ジャングルだった石川川の河口付近もこんなにきれいになりました
ジャングルだった石川川の河口付近もこんなにきれいになりました

昨日は石川川河口付近の草刈と、地区内のゴミ拾い、それから花壇の植え込み、お祭りと、朝8時から夜7時過ぎまで・・・ハードな一日でした。島地区は構成人数がとても少ないので、集ることができる時にできるだけの行事を詰め込んでしまうのです。婦人会兼子供会、老人会兼農家など、一人何役もありますのでどうしてもそうなってしまいます。

平均年齢もかなり高いはずですが、こと草刈など、外の仕事に関してはいつも鍛えているので全然堪えている様子がありません。それはそれは気の遠くなるような面積で、ジャングルの中に一人草刈り機で切り込む感じです。それでもいつの間にエンジンの音が近づいてきて(草が生い茂っているので見えない)緑のトンネルは開通し、視界が開けて、いつの間にかすっかり見通しがよくなってしまいます。

僕などは朝から草刈をして、昼に終って家の回りをついでに草刈をしてすっかりクタクタで、みんなに聞いてみました。

筋肉痛とかになんないんですか?

そんなに草刈をして、筋肉痛とかにならないんですか?・・・と聞いてみました。反応は「?」です。
そんなに草刈をして、筋肉痛とかにならないんですか?・・・と聞いてみました。反応は「?」です。

「ソフトボールのほうが辛かった」その声のほうが大きかったです。やっぱり普段鍛えてるので草刈についてはどおってことないみたいです。そういえばソフトボールのあと単車を乗りに行って「単車のほうが楽だ」と思いましたもん。あ!もちろん近所の人たちを単車乗りに連れて行ってメタメタの筋肉痛にしてあげる自信はあります。

とにかくあとで詳しく書きますが、ハードな一日は終わったわけです。

閑話休題の妄想。貨幣表示を変えてみる

中途半端に終った昨日の続きです。

この提灯がいい感じ
この提灯がいい感じ

この提灯は手作りでもちろん時間もかかっています、一方工業製品は大量生産されるので値段も安くできる。

この提灯、機械で作るとこんな感じかなあ
この提灯、機械で作るとこんな感じかなあ

みんな同じように作ろうとしてはいるけど、わずかな失敗などをして少しずつ違うのが手作り。一方機械生産はほぼみんな同じ。

これでは提灯を作っている人は値段をものすごく上げてしまわないと生活ができません。そこで背景であるそれを作るのに掛かった時間を貨幣の単価を時間に変えてみる。

こんな風に貨幣単位を時間にしたらおもしろいかなあ。為替交換レートとかどうなっちゃうかなあ・・・
こんな風に貨幣単位を時間にしたらおもしろいかなあ。為替交換レートとかどうなっちゃうかなあ・・・

手間のかかっていないものが世の中を席巻してしまうのが少し恐ろしいような気がします。

今年はビワがまだ黄色くて少なかった
今年はビワがまだ黄色くて少なかった

去年は7月4日に行われたのですが、そのときはずいぶんビワがなっていました。

なぜかビワの葉にこの模様のでんでん虫がたくさん付いていました。
なぜかビワの葉にこの模様のでんでん虫がたくさん付いていました。