メーカー「ZEN-NOH」登場!

工夫してコンテナに積み込む画像にしびれちゃいました。普通に軽トラ入れたらこんなに入りません。
工夫してコンテナに積み込む画像にしびれちゃいました。普通に軽トラ入れたらこんなに入りません。

コンテナの中身で脱線していましたが、日本でだぶついた中古トラクターの行き先の中で、アメリカ、特にその中でもクボタのOEM(Original Equipment Manufacturer)で農協のために作られた「ZEN-NOH」トラクターの話でした。今から15年くらい前の話です。遠くに行っちゃった話を戻します。

さて困った

なるべく在庫は持たず、中古トラクターを詰め込んだコンテナが海の上にある間くらいに全部売れてしまうような商売をしていた元締めですが、この突然の輸入差し止めでこれら中古トラクターを買った業者は困ってしまいました。鉄くずとしてしか売ることのできない在庫を抱えてしまったからです。

立入禁止と言われたら座って入ればいいんだ!

禁止されてないことはやってもいいこと? ものは言いようです。
禁止されてないことはやってもいいこと? ものは言いようです。

ところが、抜け目のない人はいるもので、その裁定の中はクボタの商標権を侵害したために下されていて、同じクボタでありながらOEMで農協のために生産された全農のトラクターは含まれていないことに気がついた人がいたのです。

かわいらしい「ZEN-NOH」のロゴ いかつくスクエアなトラクターとこのロゴの似合わさな具合がかえって外国の人のイメージした「禅」と「能」を連想させます。外国映画で日本が中国風に描かれているみたいです・・・
かわいらしい「ZEN-NOH」のロゴ いかつくスクエアなトラクターとこのロゴの似合わさな具合がかえって外国の人のイメージした「禅」と「能」を連想させます。外国映画で日本が中国風に描かれているみたいです・・・
「ZEN-NOH」ロゴタイプ 日本のサイトで見つけて「全農」と、日本語のステッカーも貼ってあるので、オリジナルがこうだったんですね
「ZEN-NOH」ロゴタイプ 日本のサイトで見つけて「全農」と、日本語のステッカーも貼ってあるので、オリジナルがこうだったんですね

いかついトラクターに似合わず丸くファニーな書体で「ZEN-NOH」と書いてあるクボタ製のトラクター。これはれっきとした全農ブランドのトラクターで、当時の品番の頭にあったLにZをつけてZLとしで売られていました。例えばスレートハウスにあったトラクター、L2000DTだったらZL2000DTみたいな感じにです。

スレートハウスのL2000DT 消えちゃって読めません
スレートハウスのL2000DT 消えちゃって読めません

それだけじゃただの屁理屈だから、座って入る理由を補強

運悪くというか良くというか、全農が1980年代初頭アメリカで取得していた商標権は1988年には切れてしまっていて、更新もされていませんでした。そして、その商標権を在庫を抱えた中古トラクター業者が1997年に取得してしまいました。

詳細はわかりませんが、当時のクボタトラクターはエンブレムが付いていたわけではなく、ステッカーがペロッと貼ってあっただけだったので、もしかしたらすべての在庫のトラクターに「ZEN-NOH」のステッカーを貼って売ってしまったかもしれません。

こうしてクボタの中古トラクターは、稼働時間が少なく比較的安い「ZEN-NOH」トラクターとして再び流通することになるのです。何だか話としておもしろかったので続きます。

トラクターの記事へ
トラクターの記事

管理人が見たさまざまな農業機械の記事へ
農業機械の紹介記事

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

“メーカー「ZEN-NOH」登場!” への2件の返信

    1. OPさん
      おはようございます
      ホクレン仕様ですか!
      北海道へ行けば必ずガソリンを入れるのにお世話になります
      クボタ「シナジーホープ」や三菱「大地51」
      なぜかどっちもオレンジ色?
      黄色に緑のカラーリングじゃないんですね
      残念!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。