島茅の正体を考える

「昔の島地区は茅や葦の産地だった」(詳しいいきさつはこちらを見てくださいね)という記事で、「島茅」(この字が当てられるのかどうかはわかりませんが)という茅葺き屋根の屋根材が生産されていたと書きました。そのせいかどうか、Mさんの家はついこの間まで(この「ついこの間」は、なかなかクセ者なんですが・・・)は茅葺きだったそうです。

「茅」というのが材料名で植物の名前じゃないってことは、「島茅」も商品名で植物の名前じゃないよねえ・・・
「茅」というのが材料名で植物の名前じゃないってことは、「島茅」も商品名で植物の名前じゃないよねえ・・・

環境保全会の草刈りの時にKさんが、『「島茅」って言うけど、そういう固有種があったわけじゃないよねえ』って言ってたんですけど、確かに僕もそう思います。島地区に生えている茅という意味で「島茅」で、特にそういう種類があったわけではないと思います。僕もずっと気になっていたので少し探してみることにしました。

「島茅」探しのヒントは、島茅を教えてくれ2人の話を総合して

1:直径せいぜい3ミリか4ミリで背が低め、細くてしなやかでとっても丈夫、茅葺き屋根に最適

2:ススキじゃない

3:昔はそこらにいっぱい生えてた

の3つだけです。

この話を聞かせてくれたSさんや、ついこの間まで茅葺き屋根だったMさんは「まだそこらにあるんじゃないのか」と、いいますが、どうも「見た」という話は聞かないので、もしかしたら茅を収穫する「ヤワラ」と呼ばれる場所に「わあっ」と生えていないとわからないのかもしれません。もしくはその「ヤワラ」に生えることによってその種類が「島茅」化するとか・・・

まず、カヤというものをキーボードで入力すると「茅」「萱」と出てきます。辞書で調べてみると、どちらも正解で、屋根を葺く用いる草木の総称。チガヤ・スゲ・ススキなど。・・・と、出てきます。「茅」もしくは「萱」というのは植物の名前じゃなく、商品として出荷されるか、屋根に葺かれて初めて「茅」もしくは「萱」と呼ばれるようになるようです。

また、ウィキペディアによると

茅はススキの別名であるが、チガヤなどの総称でもある。茅葺は世界各地でもっとも原初的な屋根とされ、日本でも縄文時代には茅を用いた屋根だけの住居が作られていたと考えられている。

基本的に雨漏りを防止するために急勾配の屋根にするが、使用する植物の茎などが太いと隙間が大きくなり雨漏りがしやすいため、より急勾配が要求される。通気性・断熱性に優れる、雨音が小さいなどの長所を持つが、寿命が短い・近隣で火災が生じた場合に容易に類焼してしまうといった短所を併せ持つ。

とあります。Sさんが島茅は、「直径せいぜい3ミリか4ミリで背が低め、細くてしなやかでとっても丈夫、茅葺き屋根に最適だった」と言っていたのと合致します。細いというのはいろんな勾配の屋根を葺くことができるという、自由度があるということなんですね。

チガヤ

シュッ シュッ と 柔らかそうなチガヤの穂が原っぱに出ています これは「島茅」なのでしょうか?
シュッ シュッ と 柔らかそうなチガヤの穂が原っぱに出ています これは「島茅」なのでしょうか?

もう冬ともいえますが、島地区をうろうろしているとそれらしい植物がいくつか見られます。その一つはイネ科のチガヤと思われる植物です。

チガヤの穂 このあたりでは結構おなじみですが、そんなに多くはありません。背もかなり低いです。
チガヤの穂 このあたりでは結構おなじみですが、そんなに多くはありません。背もかなり低いです。
チガヤの穂 綿飴みたいですね
チガヤの穂 綿飴みたいですね
チガヤの葉っぱは紅葉するようです。これは去年の写真。今年は暖かいせいか色が悪いです。
チガヤの葉っぱは紅葉するようです。これは去年の写真。今年は暖かいせいか色が悪いです。

葉は、草刈りをしないところでは80センチくらいになるそうですが、これで屋根を葺くのなら葉っぱではなく、茎部分だと思います。このあたりではせいぜい30センチこれで屋根が葺けますかねえ・・・茎自体はかなり細く(2ミリくらい?)細ければ細いほど屋根材としてよいのならこれは合格ですが、いかんせん長さがありません。

続きます。

水戸市大場町島地区の地理や歴史の記事をまとめてご覧になるにはこちら

島地区の植物の記事へ
島地区の植物の記事へ

いろいろ3・・・丸山製作所(ダイナミックフェア2011)

丸山製作所の機械に付いていたロゴエンブレム
丸山製作所の機械に付いていたロゴエンブレム

草刈り機は、ここへ越してきてから環境保全会でよく使うようになった機械ですが、僕のように普段ホームセンターばかり行っていると、草刈り機っていったらリョービとかマキタだったりするわけです。

でも、農家の人たちは購買チャンネルが農協だったりと違うので、所謂「プロ機」を使っているみたいで、(それはあたりまえですよね、あんなにしょっちゅう草刈りするんですから・・・)ホームセンターで売っているような機械を使っている人はみかけません。

同じ刃を使ってもウデの差歴然・・・僕の場合、いつの間にか刃ではなく、鉄の円盤になってます。
同じ刃を使ってもウデの差歴然・・・僕の場合、いつの間にか刃ではなく、鉄の円盤になってます。

もちろん、使っている機械も良いのでしょうが、腕も良くて、草刈り機の刃は僕と同じものを使っていても、チップソーの刃なんかいつまでも全部揃っていて、そのチップが全体に丸く減っているような感じです。

値段は確かに高いけど、ツウな感じ・・・あくまでもイメージですけど・・・
値段は確かに高いけど、ツウな感じ・・・あくまでもイメージですけど・・・

そんな草刈りのスペシャリストが使っている、夏に行われた「ダイナミックフェァ2011」(JAグループ茨城の 農機・生産資材展示会)でみた、丸山製作所の草刈り機その他です。

うわ〜刈り払い機がたくさん! (正確に値札が読めていなかったらゴメンナサイ)左からGKB2200U ¥35,700 GKB2200L? ¥35,700 GKB2400U ¥37,800 GKB2600U ¥39,900 GKB2600L ¥38,000 GKB2400U ¥37,800 MB227VU ¥53,550 MB227VG ¥53,550 MB247VU ¥56,700 MB267VU ¥61,950 MB247VLロング ¥61,950 MB267VLロング ¥67,200 背負い式 MBS267V ¥71,925 MBS247V ¥68,775
うわ〜刈り払い機がたくさん! (正確に値札が読めていなかったらゴメンナサイ)左からGKB2200U ¥35,700 GKB2200L? ¥35,700 GKB2400U ¥37,800 GKB2600U ¥39,900 GKB2600L ¥38,000 GKB2400U ¥37,800 MB227VU ¥53,550 MB227VG ¥53,550 MB247VU ¥56,700 MB267VU ¥61,950 MB247VLロング ¥61,950 MB267VLロング ¥67,200 背負い式 MBS267V ¥71,925 MBS247V ¥68,775
BSA-500 ハイクリブーム 何だかすごい機械ですが、稲の植わった田んぼの中を走って薬液などをかける機械のようです。500リットルタンク 水冷ディーゼルエンジン 散布幅7.8M 4WD/4WS 価格¥2,877,000
BSA-500 ハイクリブーム 何だかすごい機械ですが、稲の植わった田んぼの中を走って薬液などをかける機械のようです。500リットルタンク 水冷ディーゼルエンジン 散布幅7.8M 4WD/4WS 価格¥2,877,000
BSA-650LDE ハイクリブーム ベジキング 同じく薬剤散布の機械 600(650)リットル 散布幅 9.9M〜15.9M 価格¥5,040,000
BSA-650LDE ハイクリブーム ベジキング 同じく薬剤散布の機械 600(650)リットル 散布幅 9.9M〜15.9M 価格¥5,040,000
SSA-E500DX ステレオスプレーヤー これも薬剤散布の機械 TVでリンゴ農家が使っているのを見たことあります。 価格¥2,079,000
SSA-E500DX ステレオスプレーヤー これも薬剤散布の機械 TVでリンゴ農家が使っているのを見たことあります。 価格¥2,079,000
SSA-Z600 new!新感覚ステレオスプレーヤー 自走式4輪/4輪駆動 倍速旋回 価格¥4,179,000
SSA-Z600 new!新感覚ステレオスプレーヤー 自走式4輪/4輪駆動 倍速旋回 価格¥4,179,000
マルチスプレーヤー MRS40H-151 価格¥753,900
マルチスプレーヤー MRS40H-151 価格¥753,900
MGC702R 自走草刈り機 ロータリーブレード2軸×2枚刃(Wタイプ) 価格¥257,250
MGC702R 自走草刈り機 ロータリーブレード2軸×2枚刃(Wタイプ) 価格¥257,250
自走草刈り機 MGC602R ロータリーブレード2軸×2枚刃(Wタイプ) 価格¥246,750
自走草刈り機 MGC602R ロータリーブレード2軸×2枚刃(Wタイプ) 価格¥246,750
自走草刈り機 RX-651 価格¥246,750
自走草刈り機 RX-651 価格¥246,750
自走セット動噴 MSL334-MK 価格¥210,000 奥 同じくGKSL3301 価格¥231,000
自走セット動噴 MSL334-MK 価格¥210,000 奥 同じくGKSL3301 価格¥231,000
手前 バッテリー式背負い動噴機 MSB2200TR-50 価格¥212,100 奥 コンパクトキャリー動噴 MSE-51H 価格¥149,100
手前 バッテリー式背負い動噴機 MSB2200TR-50 価格¥212,100 奥 コンパクトキャリー動噴 MSE-51H 価格¥149,100
4ch 自走ラジコン動噴 MS613R4C 価格¥938,700
4ch 自走ラジコン動噴 MS613R4C 価格¥938,700
おなじみチェンソー (正確に値札が読めていなかったらゴメンナサイ)左からMC2-256 ¥76,125 MCV3100T(10) ¥69,300 MCV3100T(12) ¥71,400 MCV3100T(C) ¥75,600 MCZ325-12 ¥65,100 MCZ355AP-14 ¥79,380 MCZ375-1 ¥110,250 MCZ425-1(18) ¥139,650 値段もいろいろ、何だかたくさん種類があるんですねえ
おなじみチェンソー (正確に値札が読めていなかったらゴメンナサイ)左からMC2-256 ¥76,125 MCV3100T(10) ¥69,300 MCV3100T(12) ¥71,400 MCV3100T(C) ¥75,600 MCZ325-12 ¥65,100 MCZ355AP-14 ¥79,380 MCZ375-1 ¥110,250 MCZ425-1(18) ¥139,650 値段もいろいろ、何だかたくさん種類があるんですねえ

ダイナミックフェア2011の記事をまとめてご覧になるにはこちら

管理人が見たさまざまな農業機械の記事へ
農業機械の紹介記事