ホタルの写真に再チャレンジ

夜空みたいにたくさんホタルが瞬いている写真を撮りたくて、また見てきました。この日は風があって肌寒く、地面や木の葉の裏でわずかに瞬いているばかり。たまに飛んでも、体が軽いためでしょうか、風がふくとちゃんと吹き飛ばされていました。思ったような写真が撮れないので、ちょっとズルをしてみました。

飛んでいるホタルの目の前にカメラを置いてシャッターを切る

ホタルの軌跡
飛んでいるホタルのほんの前に「ドン」と、カメラを置き、シャッタースピード25秒でシャッターを切ってみました。ホタルはさすがに向こうへ逃げていくので、手前の大きい光が最初のほう・・・徐々に小さくなって遠ざかっていきます。
ホタルを固定カメラで撮る図
ホタルを固定カメラで撮る図 こんな感じです。

シャッタースピード30秒で追っかけてみる

なんだかこれではパッとしないので、今度はシャッタースピード30秒で飛んでいるホタルを追っかけてみました。

思ったような派手さはないけど、ホタルの光の規則的な点滅のようすがよくわかります。
思ったような派手さはないけど、ホタルの光の規則的な点滅のようすがよくわかります。太い線は発光、細いところは消灯。それが規則正しく数珠のようにつながって、糸を引いています。
同じくホタルを追っかけて撮った写真。クリックで拡大します。
同じくホタルを追っかけて撮った写真。クリックで拡大します。
ホタルの写真、こうやって撮ってます。
ホタルの写真、こうやって撮ってます。

停まっているホタルをシャッタースピード30秒で

強い光がホタルのお尻。その光が緑の葉っぱを照らして、弱く光るように写っています。
強い光がホタルのお尻。その光が緑の葉っぱを照らして、弱く光るように写っています。

花火を振り回して撮ると大して変わらない写真になってしまいました。ホタルの成虫の寿命は10日ほど・・・と、先日テレビで知りましたが、暑くて風がなくて暗い日があれば、もう一度くらいチャンスがあるかもしれません。

島地区の生き物の記事へ
島地区の生き物の記事へ

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。